ショッピングカート

自宅でヨガ HOW TO ?

自宅でヨガ  HOW TO ?
自宅でヨガを行うには?
 
厚さの合った"マット"が一つあれば始められる!ヨガの数あるいいところの内の一つです!
ヨガを始めたい!でも、レッスンに加入する決心がついてない方。外出が懸念される今ヨガのクラスに行けていない方。アットホームヨガを始めましょう!このページでは、知っておくと自宅でも正しく充実したヨガの時間が過ごせるヒントを載せています。
 
Blog by Decathlo Fitness.
 
デカトロンオンラインではヨガ商品はすべて注文してから約2日以内に届きます。
(配送スピードには場所、大きい商品など一部例外あり 詳しくはhttps://www.decathlon.co.jp/pages/cs-help#haisou_1)

* ホームヨガ *


リサーチ!
ヨガ初心者である場合、まずはどんなヨガがあるのか、どのスタイルが一番楽しそうで、興味を持てたかをリサーチしましょう。(ソフトヨガとダイナミックヨガの違いを前回のブログ ”ヨガとは” にて説明していますので、ご覧ください)。
 
ヨガのウェアを選んでおきたい場合も、ソフトヨガ、ダイナミックヨガとタイプ合ったウェアがありますので、ブログ”ヨガウェアの選び方”もご覧くださいませ。
 
 
場所!
ヨガの理想的な環境は、十分なスペースがあり、風や、新しい空気が入ってくる場所ですが、落ち着ける空間がヨガにとってはとても良く、キャンドルなどで雰囲気を出してリラックスを促すのもおすすめ。
一番は、バランスを崩した時に危ない、尖ったものなどが自分の周りにないことです。
まずはウォームアップ!
いろんなポーズにチャレンジしたい、特に柔軟性やレベルが上がっていくと、レッスンのはじめから難易度の高いポーズに挑戦したくなるでしょう。しかし他のスポーツ同じように、ウォームアップはヨガにとっても大事なステップです。まずはスローな動き、太陽礼拝、猫/牛のポーズを心を込めて行えば、その後のポージングも行いやすくなっているでしょう。
 
呼吸!
ヨガ中は深く長く息を吸いこむことを心がけましょう。一つの姿勢を決めるまでに一つの呼吸が終わるのがベストなポージングがヨガにはたくさんあります。楽そうかなーと思うかもしれませんが、これは実はとても集中のいることなのです。そしてもし息が上がっていると感じたときは、もうちょっとゆっくり動き、ゆっくり呼吸をしましょうという、体からのサインだと思ってください。集中しコントロールされた呼吸をし、体からありがとう!のサインを感じましょう!
 
クールダウン!
はじめにウォームアップしたように、終わりにクールダウンをしましょう。ゆっくり、後ろにそるポーズなどは自然に体をクールダウンさせるのに効果的です。最後の死体のポーズになった時には、頭と体をもと日々の状態に戻そうとすることを自然とできているはずです。
頻繁にやりましょう!
一日の内で一つ、できそうな可能性の高い時間帯を、ヨガのために作りましょう。15-20分でも決めてやることで、毎日続けやすくなり、結果も早く感じられます。
例えば、毎週違うポーズにチャレンジし、一週間続けて完成度を上げていこうと決めれば、あなたの成長にもモチベーションにも良いはずです。
 
邪魔する余計なものを排除!
携帯電話、パソコン、テレビなどを切りましょう。難しいのはわかります。しかし、最高のヨガの時間には必要ですよ。気が散らないゾーンに入りその時その時を感じることで得られるヨガの心への利点を大事にしましょう。集中をヨガのポーズだけに注ぐことは、エクササイズ自体の体への効果と、怪我の防止にもいいですよ。
 
小さなことから!
インスタ投稿で友人たちにわかりやすいポージングを決めて見せるのは楽しいですが、初心者であれば、基本を学ぶことが最も時間の有効的な使い方です。まずは太陽礼拝のポーズを数回することから始めれば、より難易度の高い姿勢への準備運動をし、後ろにそる姿勢のときは、十分に気をつけて、必要に応じてより楽な姿勢にもどって行い、少しずつ着実に成長していきましょう。
 
空腹で!
自宅ヨガへの提案も一休憩しましょう。当たり前でシンプルな理由ですが、満腹で始めると、吐き気がするかもしれません!他の運動に比べて、いつでもできそうなヨガですが、最適な時間は食後の2-3時間後なのは他のスポーツと変わりません。
エキキスパートから学ぶ!
ヨガのクラスがヨガを習うのに良いのは言うまでもありませんが、定期的に少し間参加することで、ヨガに対する新しいアイデアや、エキスパートからの重要な訂正や意見をもらうことができます。しかしながら、家から離れる必要は必ずしもあるわけではありません。ちょっとリサーチをすることで、自分の思ってた以上に濃い内容で、自分の好みに合い、楽しく習えるヨガレッスンのDVDや、オンラインのクラスは十分に出てくるはずですよ。

スポーツアドバイス