• Discover Decathlon

    フランス発, 世界最大級のスポーツストア
    全てのスポーツを一つのストアで。

  • Innovation lovers

    スポーツが好きなあなたを
    20のオリジナルブランドが応援します。

  • Check our store!

    デカトロンのオンラインストアで
    全てのスポーツ。

Decathlon(デカトロン)とは?

フランスに本社を置くDecathlon(デカトロン)は、「スポーツの楽しさと恩恵をできるだけ多くの人に届けようという共通理念のもと、高い機能と美しくシンプルなデザインを兼ね備えた製品をできるだけ低価格で皆様にお届けすること」を企業目的とし、世界26ヶ国で1,000店舗を展開しています。

20のオリジナルブランドでは70種類以上のスポーツをカバーしており、Decathlon Japan (デカトロン ジャパン)オンラインストアのオープンにあたり50種類以上のスポーツ用品をご用意いたしました。オリジナルブランドを専門で取り扱っており、「登山・ハイキング」、「ランニング」や「フィットネス」などスポーツカテゴリーから商品を探すことができます。

おすすめ商品

Quechua (ケシュア) ポップアップテント 2 Seconds FRESH
 
設営と折りたたみが手早く簡単

¥8,690

Artengo (アルテンゴ) イージー セット 3m バドミントン ネット
 
ネット 1 枚、ラケット 2 本、シャトル 2 個がすべてセットになっています
¥4,690
Newfeel (ニューフィール) Essential 35L スーツケース
 
週末旅行や短期旅行の荷物の持ち運びに最適です
¥5,490
ORAO (オラオ) サイクリング & ランニングサングラス レンズ交換可
 
熱心なサイクリスト向け。全天候型。レンズ交換可。UV100% カット
¥4,290

デカトロンブログ

theme_02
,

ウィンタースポーツウェアの選び方 – 「THE DESIRE TO ENJOY SNOW SPORTS」

/
ウィンタースポーツウェアの選び方 いまや世代を問わず、あらゆる層に人気のウィンタースポーツ。山間部の天候にしっかりと対応したウェアを選んで、雪山の魅力を存分に楽しみませんか。 撥水・透湿・保温など、いくつもの機能を備えた新しいハイテク素材が、寒さ・雪からプロテクト。もちろん、着心地の良さとスタイリッシュなデザイン性も兼ね備えています。Novadry/Gore-Tex/Thinsulateなど、スノースポーツ愛好家思いの新テクノロジーが多数採用されています。 ウィンタースポーツウェアの着こなし術 寒さ・水分・転倒からのプロテクト ムレ防止の保温アンダーレイヤー フリースウールの保温レイヤー 透湿・防水レイヤー 3枚重ね着(3層構造) 暖かさと快適さを両立する定番の「3枚重ね着」。 密着アンダーレイヤー第2の肌 肌に直接触れるアンダーレイヤー。その目的は、汗を外に逃がして速乾、快適でドライな着心地をキープすること。そのためには、水分を吸収できるようゆったりめではなく、身体にしっかりとフィットするサイズを着用します。 長袖または半袖、タートルネックまたは襟なしなど、選択肢も充実。アウターボトムスの下に着用するなら、体型になじむ綿やシルク素材のレギンスをおすすめします。 遮断レイヤー 暖かな空気で身体を包み込み、外気を遮断するようデザインされています。生地の厚みは、天候次第。ウール・中綿・フリース・ソフトシェルなど、種類も豊富なアンダージャケットです。 保護レイヤー 密着レイヤーに遮断レイヤー、そして最後は撥水加工が施されたこの保護レイヤーで、どんな天候からもプロテクト。寒さ・風・雪対策には、フード付ジャケットやアノラックが理想的です。 冷気を内部に取り込まないようデザイン細部にまでこだわり、袖口とスノースカートに伸縮性を備えています。(一部モデル除く。) ボトムスには、転倒時でも雪が侵入しないスキースーツ、実用性の高いパンツが用意されています。 雪のスロープを楽しむには、その他アクセサリーのご準備もお忘れなく! グローブやミトン、帽子やバンド、イヤープロテクター(耳あて)。 そして、ブーツと呼んでしまいたいほどに大きくて暖かなフットウェア(スキーソックス)をプラスし、フル装備で出かけましょう。 WED’ZE(ウェッゼ)のポイントアドバイス ウェア素材の透湿性は、g/sqm/24hで表されます。適度な放湿性が認められる目安値は、8,000g/sqm/24h以上です。 ウォータープルーフの試験基準には、「mmSchmerber」が用いられています。その数値が10,000mm以上であれば、ずっとドライな状態をキープ。 1日中ずっとスノーパウダーの上にいるフリーライダーには、20,000mm以上をおすすめします。 ----- ◎デカトロンの記事 [キャンプ・ハイキング] Happy…
big_8e5c070d4e1f44e5b4cb1df3f0597ab0
, ,

Quechua(ケシュア)と富士山登山! 第2話 – 「DISCOVER, EXPERIENCE」

/
「ハイキング ダウンジャケットForclaz 900」レビュー テスト環境:富士山5合目吉田 8月27日。 どんよりとした雲空の下、雨が降るのだろうか?と微かな心配が頭をかすめながら、5合目を出発したのが19時半。7合目に到着する頃には雨がぱらつき、気温が一気に下がり始めていました。 22時56分、8合目。降り止まぬ雨に下がり続ける気温。ここで暖かいウェアへと着替えました。小雨に見舞われながらも、1時34…
899dbeb2814e407a846a65ed22cfe34a
,

バランス感覚を鍛えるコツとエクササイズ - フィットネスのプチマガ

/
バランス感覚を鍛えるコツとエクササイズ ひょっとして、転んだりよろめいたりしがちではありませんか? そんなあなたにお届けすべき記事がこちら。 シンプルだけど効果的なエクササイズで機敏さとバランス感覚を身につける術を、スポーツコーチEvaが伝授します。 バランス感覚を鍛えるべき理由 身体のいくつかのセンサーがバランスを保つのに関与しています。 視角 内耳 筋肉内および関節内にあるセンサー これらセンサーを活用して、身体は各部位の存在位置を正確に把握します。これが固有受容感覚といわれているものです。 この固有受容感覚のおかげで、立って歩いて、そして走ることもできるのです。この能力を鍛えることで、身体から脳へと伝達される情報のスピードと質を向上させることができます。 これはスポーツと日常生活のどちらにも貢献します。また、バランス感覚を磨くことで、捻挫や転倒、その他のケガを予防することもできるでしょう。 まずはバランス感覚のテストから! バランス感覚を次のテストでチェックしてみましょう。 片足でまっすぐに立ち、そのままの姿勢をキープします。 両目を開けた状態から、両目を閉じます。 ここで20秒バランスを保っていられないようならば、これから鍛えなくてはなりません。 達成に向けての役立つコツをご紹介します。 バランス感覚を鍛えるための役立つエクササイズ 姿勢を安定させるためには、ダイナミックにバランス感覚を鍛えましょう。そのために、ランジや片脚で立つといった筋肉のより深くまで響くアシンメトリックなエクササイズを選びましょう。 バランス感覚を鍛えるのに適切なフィットネスアクセサリー いくつかのフィットネスアクセサリーは、バランス感覚を発達させる目的で不安定な姿勢を強いる場合があります。フィットボール・DST・バランスディスク・バランスボード。 週に3回(もしくは1日置きで)、朝にエクササイズを行うことで、急激な成長がみられるでしょう。始めるにあたって、アクセサリーの使い方を紹介したDomyos(ドミオス)Eコーチによるフリーのエクササイズビデオをご覧ください。 片側ずつ行うエクササイズの場合、リカバリータイムを設ける必要はありません。一方、同時に両足を使い、両足で立って行うエクササイズの場合は、30秒間のリカバリータイムを取るか、他のエクササイズに切り替えましょう。 フィットボール ジムボールは、バランス感覚を磨くのに実にすばらしい方法です。 なんといっても、姿勢を整えて集中力を高めてくれるのです。 そして、より強くより柔軟な身体をつくります。 DST DSTは、上半身と体幹の両方を強化するのに理想的なツールです。 サスペンドストラップを使っている間、常にバランスは不安定な状態になります。加えて、エクササイズをこなすのに求められる運動では、姿勢を保とうと常に安定感をコントロールしなければなりません。 これを成し遂げるには、身体を一体にして、ディープコアな部分の体幹を使います。これにより、筋肉バランスがより鍛えられ、より動きやすい身体とより強い関節へと導きます。 バランスディスク 固有受容感覚とバランスを向上させるよう専用設計されたのがバランスディスクです。(足と手を両方を使うことで)足首と手首の関節が強化され、筋肉のより深くまで働きかけます。 バランスボード このアクセサリーは、バランス感覚の改善と関節の安定感を増すのに役立ちます。 使い方のひとつとして、ボードの端に手をつき、腕立て伏せをします。この運動が上半身の体幹にしっかりと働きかけます。肩不安定性や痛みのある方にとって、優れたエクササイズです。 さまざまなエクササイズに加えて、トレーニングの中でジャンプを取り入れることをおすすめします。 両足または片足で立つだけでなく、前後、そして左右にジャンプしましょう。 体幹を鍛える上で、動きの不安定さに打ち勝つ力を養えるでしょう。 ◎この記事の原文(英語) ----- ◎今後の更新予定はこちら ・フィットネスのプチマガ特設ページ ----- ◎デカトロンの連載記事 [キャンプ・ハイキング] Happy…
Recent
Comments
Tags

メールでのお問い合わせ