• Discover Decathlon

    フランス発, 世界最大級のスポーツストア
    全てのスポーツを一つのストアで。

  • Innovation lovers

    スポーツが好きなあなたを
    20のオリジナルブランドが応援します。

  • Check our store!

    デカトロンのオンラインストアで
    全てのスポーツ。

Decathlon(デカトロン)とは?

フランスに本社を置くDecathlon(デカトロン)は、「スポーツの楽しさと恩恵をできるだけ多くの人に届けようという共通理念のもと、高い機能と美しくシンプルなデザインを兼ね備えた製品をできるだけ低価格で皆様にお届けすること」を企業目的とし、世界26ヶ国で1,000店舗を展開しています。

20のオリジナルブランドでは70種類以上のスポーツをカバーしており、Decathlon Japan (デカトロン ジャパン)オンラインストアのオープンにあたり50種類以上のスポーツ用品をご用意いたしました。オリジナルブランドを専門で取り扱っており、「登山・ハイキング」、「ランニング」や「フィットネス」などスポーツカテゴリーから商品を探すことができます。

おすすめ商品

Quechua (ケシュア) ポップアップテント 2 Seconds FRESH
 
設営と折りたたみが手早く簡単

¥8,690

Artengo (アルテンゴ) イージー セット 3m バドミントン ネット
 
ネット 1 枚、ラケット 2 本、シャトル 2 個がすべてセットになっています
¥4,690
Newfeel (ニューフィール) Essential 35L スーツケース
 
週末旅行や短期旅行の荷物の持ち運びに最適です
¥5,490
ORAO (オラオ) サイクリング & ランニングサングラス レンズ交換可
 
熱心なサイクリスト向け。全天候型。レンズ交換可。UV100% カット
¥4,290

デカトロンブログ

877217a78044487bbb35b49a6820dccc
, , ,

ブーツのウォータープルーフ性能を維持する方法 – Happy hiking!(第12回)

/
> 前回: 第11回 正しくハイキングシューズを履くコツ、ひもを結ぶコツ ブーツのウォータープルーフ性能を維持する方法 ブーツの水密性を保証しているのは、ウォータープルーフ加工や通気性の良いメンブレン(被膜)などブーツ自体のデザインによるものか、ウォータープルーフレザーのような構成からなるものです。 ウォータープルーフブーツがいささか扱いにくいものだとしても、防滴加工により水を弾く性能を向上させることができます。いわゆる“防水”スプレーをシュっと吹きかけるのです。 ブーツ生地に水分が浸み込むのを防止。水の吸湿を抑え、その効果をより長く保ちます。 レザーブーツなら、ウォータープルーフのクリームを使って、フットウェアが濡れないよう、そして雨染みができないように対策しましょう。 ----- ◎この記事の原文(英語) ◎前回:…
pixl_d_009
,

体重を正しく量る – フィットネスのプチマガ(夏号:第12号/全12号)

/
> 前回: 第11号 ダイエットにNo.1のスポーツは? 体重を正しく量る さあ、恐怖の瞬間です。 体重計に乗って、自分を計量してみましょう! 増える体重、積み重なる重み。 いつも同じことの繰り返しで、成果はあるのでしょうか。慌てることなく、正しく体重を量るには次のことに注意してみましょう。 たびたび量る。ただし量りすぎないように。 1日に何度も体重を量ることが本当に意味のあることなのでしょうか?答えはノーです。 運動、食事、感情、さらにはホルモンサイクルに応じて、体重は変化します。つまり、あまりにも頻繁に体重を量ることは無意味なのです。適切な時間を見つけましょう。 週に1回、同じ曜日の同じ時間に量ります。それが単に体重を知りたいだけでも、ダイエットプランによるものだとしても。 正しい時間に量る 基本ルール:朝、飲食せずに空腹のまま裸で計量します。計量前にトイレに行くことを忘れずに。 正しいポジションで量る 体重計に静かに乗ったら、両側の足を平らにしましょう。 両足に均等に体重をかけます。計量中はまっすぐ立ちましょう。操作ボタンを見たりして、胸を前下方に下げないでください。数値が変わってしまうかもしれません。 同じ設定にする 体重計の種類によって様々な設定ができる場合があります。 表示される情報が正確でないと、意味がありません。必ず同じ状態で使用するようにしましょう。一度正しく設定されたのなら、決して変えないように! ポイント 健康的でバランスの取れた食事の減量効果はゆっくり・・・でも持続性があることを忘れずに! リバウンドしない、あなたの努力が成果となって現れるまで辛抱強く頑張りましょう。 ----- ◎この記事の原文(英語) ◎前号:…
336feba318d9461d88eb8932bd39f33e
,

熱中症予防 – Enjoy Your Run ! (第8回/全8回)

/
> 前回: 第7回 何時に走ると合理的? 熱中症予防 熱中症とは? 熱中症は、身体が体温を下げられなくなったときに発症します。熱中症の危険度は猛暑、強い日差し、風と湿度により上昇します。 ランニング時に身体の温度が高くなりすぎると、その熱が原因で、激しいめまいを引き起こし、失神する場合があります。 熱中症の初期症状は、次のとおりです。 疲労、めまい、吐き気、頭痛 顔が赤みをおびる、もしくは青白くなる 肌がとても暖かくなり、乾燥する 激しい震えと発汗 そして、強烈な喉の渇き、危険でおかしな走り方。ふらついたり、過敏になったり、精神的・肉体的に不安定になって落ち着かなくなる場合があります。 手当てを受けてクールダウンできなければ、深刻な病気、最悪の場合には死に至ることがあります。 気をつけなければいけないことは、発作による断続的な失神は深刻な脱水症状のサインであり、中枢神経系の働きに影響を与えうるということです。 熱中症の原因は? 人間の身体は異常な熱さになると、汗を使って温度を下げようとします。 夏季の運動ではさらに、暖かい空気に包まれて、普段発散されるべきエネルギーと熱を生み出します。暖かく、湿度の高い条件下では、汗も蒸発せず、さらなる発汗が状況を悪くします。そのため、汗が毛穴に留まって身体が熱くなるのです。 熱中症を防ぐための最善の方法 1.…
d3bdc5d0e2bb477284f27c76a22c479b
, , ,

正しくハイキングシューズを履くコツ、ひもを結ぶコツ – Happy hiking!(第11回)

/
前回: 第10回 ハイキングシューズのお手入れ方法 正しくハイキングシューズを履くコツ、ひもを結ぶコツ 山での快適性と安全性の確保のためには、正しい状態でハイキングシューズを履き、ひもを結ぶコツを知っておくことが大切です。 ただ良いシューズを履いていれば万事OKというものではありません。履き加減やひもの結び方が正しく調節されていることを必ず確認しましょう。 道中でもハイキングシューズを正しい状態のまま保ち、ハイキングを楽しむためのコツを今から伝授します。 1.まずは靴にしっかりとかかとを収める。 靴に足を滑り込ませたら、軽く2~3回かかとを地面にトントンとあてます。そうすることで、靴にしっかりとかかとが収まります。 2.靴ひもで足の甲部分のきつさを調節する。 靴ひもを調節し、柔軟な履き心地を保ちつつ、足がしっかりと収まるようにします。 あまりきつくしすぎると、足への血流を止めてしまうおそれがあります。靴の中でも足部分に快適さを感じられるように調節しましょう。 3.足の甲部分のひもを結ぶ。 足の甲部分でひもを結びます。脛骨をやさしく前後に動かし、靴の柔軟性を確認しながら、きつさ・快適さが程良いバランスになるようにします。 4.足首の上側のきつさを調節する。 足の甲のひも通しと同じく一般的な方法でひもを交差させます。 重要ポイント: 足首の上側のひもは、上から下方向へと通します。下から上にはしないこと! これがほどけにくくするテクニックです。 5.最後はリボン結びをします。 初めは古典的なリボン結びをします。 ここからがポイント。左右の輪を引っ張る前に片方の輪を結び目に通しましょう。 これがほどけにくくする結び方です。ご心配なく。ハイクが終われば、簡単に元通りにほどけます。 下り坂に差し掛かる前には靴ひもの状態の再確認を。サポート力を高めるためには、少しきつめに締めておくことをおすすめします。 ----- ◎この記事の原文(英語) ◎次回:…
Recent
Comments
Tags

メールでのお問い合わせ