• Discover Decathlon

    フランス発, 世界最大級のスポーツストア
    全てのスポーツを一つのストアで。

  • Innovation lovers

    スポーツが好きなあなたを
    20のオリジナルブランドが応援します。

  • Check our store!

    デカトロンのオンラインストアで
    全てのスポーツ。

Decathlon(デカトロン)とは?

フランスに本社を置くDecathlon(デカトロン)は、「スポーツの楽しさと恩恵をできるだけ多くの人に届けようという共通理念のもと、高い機能と美しくシンプルなデザインを兼ね備えた製品をできるだけ低価格で皆様にお届けすること」を企業目的とし、世界26ヶ国で1,000店舗を展開しています。

20のオリジナルブランドでは70種類以上のスポーツをカバーしており、Decathlon Japan (デカトロン ジャパン)オンラインストアのオープンにあたり50種類以上のスポーツ用品をご用意いたしました。オリジナルブランドを専門で取り扱っており、「登山・ハイキング」、「ランニング」や「フィットネス」などスポーツカテゴリーから商品を探すことができます。

おすすめ商品

Quechua (ケシュア) ポップアップテント 2 Seconds FRESH
 
設営と折りたたみが手早く簡単

¥8,690

Artengo (アルテンゴ) イージー セット 3m バドミントン ネット
 
ネット 1 枚、ラケット 2 本、シャトル 2 個がすべてセットになっています
¥4,690
Newfeel (ニューフィール) Essential 35L スーツケース
 
週末旅行や短期旅行の荷物の持ち運びに最適です
¥5,490
ORAO (オラオ) サイクリング & ランニングサングラス レンズ交換可
 
熱心なサイクリスト向け。全天候型。レンズ交換可。UV100% カット
¥4,290

デカトロンブログ

6b7c005afad84a18aae074180c43d5b2_1
,

岩盤浴ヨガを始める - 「DISCOVER, EXPERIENCE」

/
「岩盤浴ヨガを始める!」 そう決意を固めてから、なんだかんだで2ヶ月が過ぎようとしていますが、本格的なヨガは未体験ながら、自宅でのストレッチに毎朝毎晩、勤しんでいます。 Domyosブログを参考に、DomyosTシャツを着用※。 Domyos漬けの優雅で華麗なストレッチタイム! Tシャツはストアの説明書き通り、伸縮性があって肌触りが柔らかくて、着心地よし。さすがジャージ素材。 個人的には、生地が少し厚めなところと、丈が長めなので思いっきり身体を伸ばせるところが、とても気に入っています。 お洗濯が大好きな私ですが、がんがん洗っても、今のところ大きな劣化は見られません。 肝心のストレッチの効果はというと・・・・。継続は力なり? お見せできないのが残念ですが、それなりの変化が起こっている!! と、強く信じています。 透き通るような青い海の上でボートに浮かばれながら。 船を模したホテルの屋上でインフィニティプールを前に、朝日を浴びながら。 鳥のさえずりが聞こえてきそうな緑に囲まれた静かなコテージで。 最終目標は、自然と現代的な美しさが織り成す絶景と共にヨガを楽しみたいと思っています。 ホットヨガスタジオに通うまでは、しばらくおうちヨガやフィットネスを開拓してみようかな。 今、惹かれているのは、バランスボールやフラフープ。みなさんのおすすめは何ですか? ----- ▼こちらの記事で紹介した製品(DomyosTシャツ)の詳細はこちら Domyos(ドミオス)…
essential_step_domyos_by_decathlon_8310671_1704251
,

“ステップ”レッスン体験 - フィットネスのプチマガ

/
“ステップ”レッスン体験 人気の有酸素運動のひとつ、ステップ。 高さを変えることのできるステップを使い、一緒に振り付けの演出も。豊富なバリエーションのエクササイズができるのです。 選ばれるワケを挙げれば、尽きません! 事実、楽しみながら身体と造形美の両面において、プラスの影響が得られるのです。カロリーを燃やし、全身の筋肉を鍛え上げ、呼吸機能を向上。姿勢補正や、筋肉運動の協調性の強化にも期待できます。 ステップによるプラスの影響について語れば、まだまだ長くなってしまうでしょう。まずは行動。みなさんにかわって、試しにステップレッスンを受講して来ました。 ファイブ、シックス、セブン、エイト! BGMで雰囲気づくり まぎれもなく老若男女を惹きつけるフィットネスレッスン、ステップ。 始めるにあたって必要なものは、ウォーターボトル。そして、目的やフィットネスに合わせて昇降できるステップのみ。 下半身をスリムにしたい場合には、ステップの使用は控えめに。反対に筋肉を強化したいなら、ステップをやや高めに調節しましょう。 個人的に、ステップは常に置きっ放し。いつでも始められる準備をしておくのです。 コーチが到着すれば、気持ちのスイッチの切り替えひとつで始められるように。整った身体や筋肉美に向けて毎日何レッスンあるかなんて、気にしない。 そう! それこそがモチベーション。 それが目的です。 コーチが放つエネルギーは、始める前からすでにスタジオ中に漂っています。流れる音楽に乱されることなく、そこがまるでお気に入りのダンスフロアかのように・・・・。 レッツゴー! まずはウォーミングアップから どのクラスにおいても、ウォーミングアップは正しく始めるために必須です。筋肉を目覚めさせるため、5分間の基本ステップを行います。 基本ウォーキング、ひざを上げてのウォーキング、そしてタップアップ。 これらこそが心で学ぶ、ザ・ステップ。 さぁ、みなさんも一緒に。音楽スタート! 振り付けの女王へ もちろん、初めは基本から。振り付けは少しずつ覚えましょう。 基本ステップに“より難易度の高い”ステップを交えていくのです。 異なる動きを繋ぎ合わせて、“ブロック”をつくりましょう。 他のステップに心変わりするまで、繰り返し何度も何度も行います。マンボ・ツイスト・ターン・シャッセ。ここまでくれば、もうお手のもの。 別々のステップの“ブロック”を組み合わせます。 3つ合わせれば、同じ動きの繰り返しで終わることもないでしょう。 流れるミュージックもさらに激しく・・・。 ボリュームアップ!スピードアップ! 気づけばいつのまにかステップの虜に。ステップマスターへ。きっと、そんな醍醐味を味わってもらえるでしょう。 終盤を迎えて レッスンも終盤まで来ると、みんな動きのAからZまですべてを吸収。シンクロに落ち着きます。 BGMが最高潮に達したときには、あたかもTV番組でダンスパフォーマンス大賞を受賞したかのような感覚に陥ります。 誰もが最高の輝きを見せる瞬間です。 もっと知りたい! ワクワクしたあなた、今が初め時かもしれません。 身体がNOサインを出しているなら、エネルギー不足の証拠。ストレッチに時間をあてましょう。 初めにふくらはぎ、そしてお尻や太もも。最後に背中です。どれも拍手喝采に値するステッパーの味方です。 ステップレッスンには疲労困ぱい気味。確かに赤信号点滅状態にはなりました。 しかし、肌が覚えているリズムの感覚。 なんと頬にまで及んだ思いもよらなかった全身の筋肉運動。 もうすっかりステップのファンになってしまいました。次のレッスンが待ち遠しい。 このまま続けてみようと思っています。 ----- ◎この記事の原文(英語) ◎フィットネスに関する過去記事 ◎Domyos(ドミオス)のフィットネス用品のご購入はこちら ----- ◎デカトロンの連載記事 [キャンプ・ハイキング] Happy…
f940f0df9d2349099d89cf3a85ba2fb8
,

アクティブウォーキングのすすめ - WAKE YOUR WALK!

/
アクティブウォーキングのすすめ ウォーキングはもっとも手軽で、日常に溶け込んだ自然なもの。ウォーキングを楽しみながら、もっと健康体になりませんか。 ウォーキングのプラスの影響を享受する方法がここにあります。 スポーツウォーキングとは? ウォーキングのプラスの影響を享受できる簡単な方法が、アクティブウォーキング。スリムダウンやリラックスを促す点で、すばらしい役割を果たします。 そんなことはない、ハードな運動だけが体型を取り戻す手段だ。と思われる方もいらっしゃることでしょう。実はそうでもないのです。 歩くのを時速5kmのペースに速めるだけで(通常の歩幅よりも少し速い程度)、アクティブウォーキングが日常の一部に。 その具体的な方法はこちらです。 ペースを速めて足を回転 アクティブウォーキングでカロリーを燃焼し、リラックスするためには、正しい方法でのウォーキングを行う必要があります。日常にスポーツとして運動を取り入れるチャンスが、毎日の生活に転がっています。 ウォーキングの際に足の中央部分を地面につけるという悪習慣がよく見受けられます。足を構成するのは、26本の骨・16箇所の関節・107本の靭帯。これらは、かかとからつま先へと足全体を回転させ、スムーズで流れるような動きで歩くのに理想の構造になっています。 ウォーキングをより充実させるために、次の3つの動きを取り入れて、適切なストライドへ。 まずはかかとを地面につける。 それから足全体を前に回転させる。 そして最後につま先で蹴る。 これで柔軟性が身につき、時間がなくてもより質の高いウォーキングが実現できます。 腕を使って磨きをかける うまく歩くには腕を使うこと。元気良く歩きながら、腕を振りましょう。 肩を後ろにリラックスした状態で、自然に腕を振ります。この動きはバランスを保つのを助けるだけでなく、上半身の筋肉と身体のサイドにある斜筋に働きかけます。 まっすぐ立つことも忘れずに。アクティブウォーキングは全身を活用し、つま先から頭のてっぺんまで、持久力を養います。 ポイント: 適切な足の動きで歩く時間を設け、フィットネスのゴールについては考えないようにしましょう。 ただモチベーションを保てるようウォーキングを楽しみましょう。 行き詰ったら、ケガをせずにずっと行えるこの持久性スポーツのプラスの影響について、振り返りましょう。 ----- ◎この記事の原文(英語) ◎スポーツウォーキングに関する過去記事 ◎Newfeel(ニューフィール)…
Recent
Comments
Tags

メールでのお問い合わせ