写真
Loading
商品の詳細: c00126688

G-View 600 Asia S3

カラー :
サイズ :
サイズを選んでください

在庫状況 在庫切れ

¥8,690 (税込)
お近くのデカトロンストアの在庫を確認
在庫状況はリアルタイム表示ではございません。
実際の店頭の在庫状況とは異なる場合がございます。

店舗によって取扱商品が異なる場合や、店頭の販売価格がウェブサイトの価格と異なる場合があります。

商品について

ハードな球面レンズが視界の歪みを最小限に抑えます。曇り防止機能付で、最適な視界を確保。

特徴

  1. サンプロテクション
    サンプロテクション
    100%UVカット、晴れの日や曇りの日に最適なブラウンレンズ。
  2. 曇り防止機能
    曇り防止機能
    曇り止め加工とダブル換気レンズ。
  3. 視野角
    視野角
    球面レンズで広い水平垂直視野。
  4. 快適性
    快適性
    人間工学に基づいた2つの硬さのフォームで快適な装着。
  5. 安定性
    安定性
    シリコン製の滑り止めラインが2本入った幅40mmのゴムバンド。
  6. アジャスタブル
    アジャスタブル
    2つのバックルでストラップの長さを調節
  7. 可視性
    可視性
    晴れの日や曇りの日に良好な視界を確保するブラウンレンズ。

詳細

  • ANTI-FOGGING : OPTIMAL

特徴

  1. 100%UVカット
    紫外線は目に有害です。ゴーグルはすべてEN174規格に適合し、紫外線を100%カットします。スキーゴーグルは最高の防具です。目を完全に覆って、反射した光を含む紫外線をカットします。
  2. 最適な曇り止め
    最適な曇り止め加工が施されたデュアルレンズ、ゴーグル内側の曇り止めとフレームの換気口など、 WED'ZE(ウェッゼ)のトップ製品です。ゴーグル内の通気性を確保するため、換気口が塞がらないように(例えばネックウォーマーなどで)ご注意ください。
  3. 換気型デュアルレンズ
    デュアルスクリーンのゴーグルで曇りを抑えます。2枚のレンズの間に閉じ込められた空気が断熱材の役割を果たします。温度差が少なく、ゴーグル内が曇りにくくなります。曇り止め加工と換気口でゴーグル内の通気性が向上されます。
  4. 球面レンズ
    球面レンズで広い水平垂直視野を確保。歪みも軽減されます。外側レンズは衝撃に強いポリカーボネート製、内側レンズはプロピオン酸セルロース製。
  5. ストラップ
    ナイロン、ポリエステル、ゴムを使用した伸縮性バンド(幅40mm)。すべり止めのシリコン製ストラップ付。
  6. マルチレイヤ―加工を施したカラーレンズ
    ゴーグル外側のカラーフラッシュコーティングで目に届く光の量を減らすことで、眩しさを和らげて明るい環境でのクリアな視界を確保。
  7. EN174規格
    EN174規格は、スキーやスノーボードなど雪山で行うスポーツの際に目を保護するゴーグルに適用される欧州基準です。
  8. 曇りにくくするためのポイント
    湿気が曇りの原因です。そのため、濡れたヘルメットや帽子の上からスキーゴーグルを付けるなど、フォームに水分が浸み込みやすくなる着用を避けてください。雪に顔を埋めるのも、ゴーグルが曇る原因になります。次の日もいい状態でスキーを楽しむために、ゴーグルは夜の間に十分乾かしてください。

仕様・取り扱い方法

  1. 素材
    シャーシ : 100.0% 熱可塑性ポリウレタン(TPU) レンズ : 60.0% ポリカーボネート(PC), レンズ : 40.0% セルロース エラスティックバンド : 36.0% ゴム, エラスティックバンド : 33.0% ナイロン(PA), エラスティックバンド : 31.0% ポリエステル(PES) フォーム : 100.0% ポリウレタン(PU)
  2. 保管
    使用後はWed'Ze(ウェッゼ)のケースに入れて保管してください。
  3. 開発について
    Wed'Ze(ウェッゼ)の製品はすべて、スキーやスノーボードのあらゆるコンディション(降雪、寒さなど)を想定した、実際の使用環境に合わせてテスト済みです。デザインチーム、プロダクトマネジャー、エンジニア、デザイナーは、実際の使用環境での使用目的に適した丈夫な製品づくりを心がけています。

製品レビュー

0 / 5
0 件のレビュー
0 人のユーザーがこの製品をおすすめしています
レビューを書く
レビューはまだありません。

Notification

We have more items in real store. Please click below to explore yourself
CMS lab page