Posts

「レンズカテゴリー」特徴と選び方

/
サングラスにおけるレンズカテゴリーとは? サングラスのレンズカテゴリーは、レンズを透過する光の割合を段階的に分類したものです。この太陽光がレンズを透過するパーセンテージ「可視光線透過率」は、どのレンズにも設定されています。※レンズの紫外線遮断性能を表す「紫外線透過率」、UVプロテクトレベルとは異なる基準・値です。 Decathlon(デカトロン)のサングラスはもちろん、どのレンズカテゴリーでも100%UVカット仕様。安心してご使用いただけます。 カテゴリーレベルは、5段階の数字(0~4)で表されます。数字が高いほど、レンズを通過する光が弱く、太陽が放つ光の眩しさを抑えることができるでしょう。レンズカテゴリーを選ぶ際は、サングラスの着用シーンを考慮することはもちろんですが、天候も大切な要素です。   サングラスレンズカテゴリー0   レンズの色 クリア(薄い色付または色なし) 使用シーン インドアスポーツ/夜間/悪天候(雨天/曇天) 特徴 ほこり・風からのプロテクト/反射防止コーティング加工/あらゆるシーンで視界を妨げない透明レンズ" 可視光線透過率 80~100% サングラスレンズカテゴリー1   レンズの色 クリアイエローが一般的 使用シーン 悪天候/霧/薄暗い森林でのスポーツ 特徴 コントラスト調節/眩しさ軽減" 可視光線透過率 43~80% サングラスレンズカテゴリー2   使用シーン 晴れたり曇ったりと、天気が変わりやすい環境/明るすぎることも暗すぎることもない光の下 可視光線透過率 14~43% サングラスレンズカテゴリー3   最も一般的なレンズです。 レンズの色 グレーまたはブラウン 使用シーン 晴天/明るい太陽光の下でのスポーツ 特徴 低~中標高域の陽射しが強い環境で、視界を自然な色合いへと調節するカラーレンズ" 可視光線透過率 8~17% サングラスレンズカテゴリー4   レンズの色:濃いブラウンが一般的 使用シーン 太陽光が非常に強く、強烈な陽射しや反射を受ける環境 特徴 高標高域・熱帯など極度に強い太陽光の下で、コントラスト感を補強するダークブラウンのカラーレンズ 可視光線透過率 3~8% 注意 視界および色の正確性を損なうため、運転中にカテゴリー4のレンズ入サングラスを着用することは禁止されています。   ※この記事は、フランス語および英語の原文を日本語に翻訳したものです。記載の交通規則や法律など、日本とは異なる場合があります。   スポーツにも、普段使いにも。 ▼スポーツアイウェアブランド「ORAO(オラオ)」 ▼アーバンサングラスの選び方 ▼釣りにおけるサンプロテクション   Decathlon…

アーバンサングラスの選び方

/
普段使いのサングラスに優位な特長は? サングラスをはずしたり、後ろにかけてみたり。置きっぱなしにしたり、ケースを忘れてしまったり・・・。このように日常的に繰り返される行いは、サングラスを傷めてしまう原因にもなり得ます。だからこそ、顔にかけていない間も収納&持ち運びが容易にできる、丈夫で何よりもコンパクトなサングラスが欠かせません。 コンパクト設計のサングラスなら、あなたのお出かけ先にどんな時でも携帯してスタンバイ。太陽が現われるやいなや、サングラスの出番の登場です。いつでも取り出して使える状態にしておくには、コンパクサイズのサングラスを選びましょう。 加えて、より高い快適さを得るためには、顔にかけている時のサポート力にも注目しましょう。 日々の生活の中でずり落ちてしまわないよう、ノーズとアーム部分にはソフト素材を採用したモデルがおすすめです。 共に毎日を送るサングラス。わずらわしい存在であってはいけません。軽さを追求した素材でできた軽量タイプを選びましょう。 ORAO(オラオ)では、軽量設計の極薄型、そしてレジスタント仕様のサングラスをご用意しています。 何気なくポケットに忍ばせておけるサングラス。ORAO(オラオ)で出会ってみませんか? パーフェクトなレンズ選び レンズ選びも必要不可欠です。何よりも大切なのは、太陽の紫外線(UV)を遮るサングラスを選ぶこと。ORAO(オラオ)のサングラスは、100%UVカット。 さらにORAO(オラオ)では、光の反射による眩しさを回避するポラライズド(偏光)レンズも展開しています。特にデイリーユースや運転を目的としたモデルでは、目の疲れを軽減すると同時に快適性と視覚的な正確性を向上させました。 あなたの日常を彩るベストサングラス。ORAO(オラオ)で出会ってみませんか?   スポーツにも、普段使いにも。 ▼スポーツアイウェアブランド「ORAO(オラオ)」     Decathlon…

ロードサイクリストの完全必需品

/
サイクリングは良しとして、家族の中にサイクリストがいない場合に手こずってしまうのが、要るものと要らないもの、買うものと買わなくて良いものの判別ではないでしょうか。 ウェア・ツール・電子機器など、この記事では必要なものを分類した上で、ライダーのみなさまの適切なスタートのお手伝いをします。 CLOTHES ウェア サイクリングショーツ 初めの数回なら、普段のショートパンツを履いてサイクリングに出かけることも可能です。しかし、そのうちすぐに普通のショートパンツがレギュラーサイクリングに最適なものでないことに気づくでしょう。サイクリングに対応していないウェアによる摩擦や刺激は、まもなく耐えがたいものに変わるでしょう。 サイクリングショーツの下にベースレイヤーを着用する必要性を感じていますか?サイクリングショーツの目的は、股の部分への摩擦や刺激を防ぐこと。そのため、ベースレイヤーなしでは擦り切れてしまいます。ベースレイヤーを着用することが、擦り切れないためのちょっとしたポイントです。 サングラス サングラスはただ太陽からのプロテクションだけでなく、走行中ハイスピードで顔面に直撃する蚊や虫などからも守る働きをします。色はあまり濃すぎないものを選びましょう。(光の条件で調節するフォトクロマティックレンズ(調光レンズとも呼ばれます。)なら、なお良いでしょう。)それなら、どんな天候にも対応可能です。 ヘルメット 私は、ヘルメットをウェアに分類しています。ウェアはサイクリングに絶対的に不可欠な第2の肌のようなものと考えているため、この“アクセサリー”はリストの上位に置いています。特にスポーツとしてのサイクリングを追い求め続けたいのかが定かでないのなら、200ユーロ以上も値の張るブランドのヘルメットでのスタートはちょっと待ってください。 ロードサイクリングヘルメットは、30~50ユーロの価格帯で手軽に購入できます。ロードサイクリングに臨むなら、購入は必須です。一瞬のたった一度の転倒が取り返しの付かない損害を及ぼすこともあるのです。頭は取替えがききません。 グローブ 快適さをもたらし転倒に備えるもうひとつの必須アクセサリーです。快適性の面では、初めの数週間にできるまめから手を守ります。サイクリングを始めたばかりの初心者の傾向として、ハンドルバーを強く握りすぎてしまいます。それがまめをつくる原因となります。 転倒時やハードなアスファルトの上で、手のひらへの負傷から守るのがグローブです。(個人的な経験から)傷めてしまうと苦痛を伴い、癒えるまでに結構な時間を要するものです。 シューズとペダル 初心者の快適なサイクリングにはプラットフォームペダルですが、ビンディングペダルならさらに快適で効率的なペダリングができるでしょう。パワー変換が向上することで、スピード感が増します。 しかし、転倒時に“ペダルが固定されている恐怖感”を懸念されているサイクリストもいらっしゃるのではないでしょうか。心配はありません。通常、転倒してしまった際は、簡単にペダルから足がはずれ落ちるでしょう。実際に(信号・停止標識などで)止まる前には足をペダルから離すことを考えれば、サイクリング専用シューズにセットするビンディングペダルの魅力がすぐにわかるでしょう。 ACCESSORIES アクセサリー リペアキット この他、サイクリングでの旅にマストなのが、ハンドポンプ(またはCO2カートリッジ)・スペアのインナーチューブ・タイヤレバーです。 しかし、これらのツールは使い方を知らなければ、役には立ちません。このキットを使ってタイヤを取りはずし、もう一度空気を入れる練習をしておきましょう。冬に車のタイヤにスノーチェーンをかけるように、道路脇でいざ実践となる前に予習しておくと良いでしょう。 フロアポンプ ハンドポンプは、緊急時にすばらしい役目を果たしますが、限界があります。適切な圧力ですばやくタイヤに空気を入れることのできる、より効率的なフロアポンプの持参を検討しましょう。 ポンプは、英式/仏式バルブと互換性のあるタイプを選びましょう。マウンテンバイク用タイヤにもロード用タイヤにも、空気を充填することができます。 ELECTRONICS 電子機器 モバイルフォン・携帯電話 困った事態(ひどいパンク・チェーンの故障など)が発生した際に、外部と連絡を取るための手段として初心者に役立つ携行品です。 道に設置されている電話ボックスは、次第になくなりつつあります。あまり当てにはしないようにしましょう。 サイクロメーター ベーシックなサイクロメーターを購入すれば、距離やスピードに関する進捗を確認することができるでしょう。心拍数モニター付モデルは、始めたばかりのサイクリストには必ずしも必要ありせん。しかし、レギュラーエクササイズとしてサイクリングを続ける予定なら、おすすめします。 ※この記事は、原文を日本語に翻訳したものです。掲載されている製品の仕様および価格などは、地域や時期によって異なる場合があります。   サイクリストなら知っておきたい、とっておきの情報を集めました。 ▼サイクリングで使われる筋肉 ▼ハイドレーションパックのお手入れと保管 ▼サイクリストへ贈る「リカバリー」の話 ▼基礎持久力トレーニング ▼雨のサイクリング装備 ▼経験の浅いサイクリストにありがちなミスTOP10   Decathlon…
,

スポーツアイウェアブランド「ORAO(オラオ)」

/
繊細で精密な かけがえのない ”Eye” 100%UVカット + 優れた耐衝撃性を実現 スポーツアクティビティの最中、目は多くの刺激にさらされます。 ORAO(オラオ)は太陽・風・雨など、あらゆる外的要因から目を保護する高機能サングラスを設計・製造し、お届けします。 世界中のどこでもスポーツが楽しめる、それがORAOのアイウェア。

Portfolio Items