Posts

97d4cac359aa4422bb50cab6bef6c9ac

ビギナーガイド:シュラフ

ビギナーガイド:シュラフ

ビギナーガイド:シュラフ

シュラフの長さは身長に合わせて選びましょう。

キャンプをこれから始めようと初めてシュラフを買ったときのこと。何を探せばよいのかまったく検討もつかず、単純に自分が買える一番コンパクトなシュラフを選んだのです。

コンパクトサイズはいくつかの場所を巡るのに便利ではあったものの、暖かい気候で使用するデザインでした。ひどく寒く、快適とは程遠い夜を過ごしました。この経験が後のシュラフ選びの教訓となりました。 Read more

5932458a65404829abcc70b418821c26

選ぶべきシュラフ(寝袋)- 春のハイキングガイド(第5回)

quechua_conseils_camping-bivouac_09_quel-couchage-choisir

「春眠暁を覚えず」ということわざがあるように、春の眠りはとても心地よいもの。

キャンプ・ハイキングでは、普段の喧騒から離れ、大自然の中でゆっくり、気持よく眠るのが楽しみという方も多いのではないでしょうか。

今日は、睡眠のパートナー「シュラフ」の選び方に関するTipsです。
> 前回:第4回 2 Seconds テント、撤収があっという間に!
> 関連記事:第2回 ポンプ式エアーマットレスの上手な使い方

選ぶべきシュラフ(寝袋)

キャンプ場か野営地の設営シーンから、内蔵マットレスの有無まで。壮大なアウトドアで快適な夜を迎えるため用意された無数の選択肢。

“睡眠”関連製品プロダクトマネージャー、Pierreのアドバイスをご紹介します。

登山に適したシュラフ

当然のことながら、リュックサックでの持ち運びが手軽にできるよう、軽量かつコンパクトなモデルを選びましょう。

登山で使用するためのシュラフには、寒さから頭部をしっかりと保護するフードが付いています。

マミー型シュラフなら、身体にぴったりと密着。従来のレクタンギュラー型と比べて、暖めなければならない空気量が少ない分、より暖かさが増す構造になっています。

DECATHLON(デカトロン)で製造している登山用シュラフには、マルチファイバーポリエステルなどの高性能テクノロジー素材を採用した裏地や、暖かさを保つダックフェザーなどの天然素材が取り入れられています。

マットレスを付属したオールインワンタイプのシュラフも存在します。

Sleepin’Bed 」と名づけられたQuechua(ケシュア)のこのシュラフ。

極めて軽量なだけでなく、省スペースである点もうれしい特徴です。

シュラフとマットレスは別々に取り外して、リュックサックへの収納が可能。

2つに分かれた“マットレス+伸縮性のあるキルト袋”は、就寝前にもう一度セットすれば、また元の暖かなベッド付シュラフへと生まれ変わります。

野営地に適した登山用シュラフの快適温度は、15℃から-5℃の範囲内です。

キャンプに適したシュラフ

キャンプ場で使用するシュラフなら、長距離に及んであちこちに持ち運ぶ必要がないため、軽量感やコンパクトさはなおさら優先項目からはずれます。

DECATHLON(デカトロン)では、裏地にボリュームたっぷりのファイバーを採用。

これにより、心地よさが格段と増しました。形状は、自由に動きやすいレクタンギュラー型がおすすめです。

登山向モデルに並んで、“キャンプ用のオールインワン”タイプも開発しました。

これらも同じくQuechua(ケシュア)の「Sleepin’Bed」シリーズから。

別売のインフレータブル式マットレスにぴったり合うキルティングカバーとピローカバーに、人体工学に基づいてデザインされた枕がセットになっています。

追求したのは、心地よさ。隣で眠る誰かの存在に気を揉まず、ベッドの中で動けるダブルマットレスと併せて、快適な睡眠をお約束します。

キャンプ用シュラフの快適温度は、夏場なら15℃からの設定です。

最後にシュラフ選びの重要ポイントをおさらいしましょう。

用途・場所・季節。これらの条件によって、最適なモデルは異なります。

この上ない心地よさに包まれながら、ぐっすりと眠りにつき、体力を回復。

それは、目覚めの後に待っているアウトドア活動を引き続き思いきり楽しむための源とも言えるでしょう。

この記事の原文(英語)はQuechua(ケシュア)のブランドサイトで読むことができます。
—–

—–
▼その他のスポーツに関する記事
[月曜]フィットネスのプチマガ(春号)
[火曜]スポーツウォーキングのススメ
[水曜]自転車の道具箱
[土日]ランニングを始めよう!

—–
▼デカトロンの最新情報を発信中!
Facebook公式アカウント

sleeping-gear-couple

寒さ知らずのシュラフ(寝袋)泊、5つの対策

ヨーロッパの基準をもとに設計され、“快適な“温度を提供するQuechua(ケシュア)のシュラフ(寝袋)。とはいえ、寒さの感じ方はひとそれぞれで、天候の影響も否めません。今回は、寒さ知らずで山でのシュラフ(寝袋)泊を楽しむための5つの対策をご紹介します。

1.適切なサイズのシュラフ(寝袋)を選ぶ。

用途に応じた快適温度はもちろんですが、適切なサイズをお選びいただくことも大切です。シュラフ(寝袋)が大きすぎると、内部に冷気の層が生じ、寒さを感じてしまいます。反対に、シュラフ(寝袋)が小さすぎる場合にも、十分に包み込まれなかったり、内部が窮屈になり、寒さを感じる可能性があります。つまり、シュラフ(寝袋)の暖かさが使用環境に対応していないことで、寒さを引き起こすリスクがあるのです。

2.フードとシュラフ(寝袋)のトップの開き具合を適切に調整する。

熱を逃がしてしまう経路の約30%は頭部からです。そこで重要なのは、顔だけが外にでる程度にフードのひもをしっかりと締めることです。

3.キャンプ用マット登山用マットを使用する。

キャンプ地の冷気や湿気を遮断します。

4.バランスのとれた保温ベースレイヤーを着用する。

ベースレイヤーにはメリノウール素材を着用することをお勧めします。暖かく、身体にフィットし、適切に汗を放出してくれます。さらに、メリノウールには、防臭機能も備わっています。

5.シルク製シュラフに投資する。

1日のハイキングを終え、より暖かく、この上なくソフトな肌触りに包まれる心地よさを体感すれば、後悔はないでしょう。

少しだけ特別対策をプラス!
もし、シュラフ(寝袋)の適正温度が外気温よりも高いなら、グローブや帽子を着用することで、さらに2~3℃暖かく過ごせるでしょう。ハンドウォーマーやレッグウォーマーも同様に役立ちます。(取扱説明書に従ってください。)

キャンプとパックパッキングの必須ギアはこちらから。

camping-1

キャンプ・バックパッキングの必需品

キャンプ・バックパッキングへお出かけ前のご準備に。Decathlon(デカトロン)の「キャンプ・バックパッキング必需品リスト」のチェックはもうお済みでしょうか。キャンプ場でのステイと、ワイルドキャンプのバックパッキング。それぞれのシーンで活躍するギア探しをお手伝いします。 Read more