Posts

「ファットバーニング」5大食品

/
日常的にワークアウト(運動)に励みながらも、やっぱり食べ物のことを考えている時間が最高に幸せ!もしかして、あなたもそのタイプでしょうか?それなら、脂肪燃焼効果の高い食品で、ボディに磨きをかけてみるのはいかがでしょうか。糖質が脂肪に変わるのを抑制し、脂肪燃焼を助ける食品といえば?みなさまもいくつかご存知でしょう。その中でも、Domyos(ドミオス)厳選の「ファットバーニング5大食品」。ご紹介します! スポーツの味方「アボカド」 アボカドは脂質が多い(100gあたり160kcal)と言われることもありますが、実際にはアスリートにとっては願ったり叶ったりの食品であると言えるでしょう。エネルギーのほとんどを占めるのが、主に一価不飽和脂肪酸(主にオレイン酸)の脂肪分。この一価不飽和脂肪酸は、心血管機能を守る役割を担います。また、エクササイズで燃えやすく、脂肪燃焼を助けます。さらに、アボカドには脳組織の動きを活性化させ、神経インパルスを筋肉へと伝えるレシチンが含まれています。スポーツの味方といわれる所以。いかにも、これで頷けますね!このレシチンは、コレステロール値上昇を抑える点でも一役買ってくれるでしょう。食物繊維が少ないため、運動前の食事にぴったり。そればかりでなく、酸化を防止するミネラル成分(カリウム・カルシウム・マグネシウム)を含むため、トレーニング後に食べるのにも理想的です。 新鮮な「サーモン」 サーモンは脂質が多いとお思いでしょう?そんなことはありません。実は、スリムに導く優れた食品なのです。生サーモン100gあたりのカロリーは、約205kcal。オメガ3(心臓を守る良質な脂肪)を豊富に含む魚の1種です。これらの栄養素は不飽和脂肪酸(もともと液体である脂肪)に含まれ、体内で燃えやすい性質を持っています。また、からだに良くない脂肪分が蓄積されるのを防ぎ、糖質に変わる過程でもより好ましい影響をもたらします。 ただし、ご注意ください。サーモンは空気に触れた状態で、長時間放置しないようにしてください。からだに有益な成分が失われてしまいます。 フレッシュレモンで風味付け。消化を促すハーブを添えて。蒸し料理?それともホイル焼き?レシピもいろいろと楽しめます。さぁ、今日はどんな献立で食卓を彩りますか? 疲労回復&デトックスに「レモン」 毒素を排出し、消化を促すパワーを持つレモン。クエン酸が体内での脂質とたんぱく質の分解を助けます。また、レモンには疲労を回復させ、からだに元気をするビタミンCがたっぷり。新陳代謝を上げる、実にすばらしい食品なのです。そうなると、レモンを摂取することで運動中だけでなく休息中にも、カロリーをより燃焼させることが可能になるというわけです。できれば朝、適温の水にレモンを絞って入れて飲むと、デトックス(解毒/浄化)に繋がるでしょう。グラス1杯に適量のレモン。これが胆汁分泌に作用し、肝臓はこれから始まる1日のうちに摂取する食べ物をより消化できるよう準備を整えます。お肉・卵・豆にもレモンを2~3滴。消化促進メニューの出来上がり!さぁ、召し上がれ。 良い「りんご」 りんごをかじって、体重減少!?食物繊維・ビタミンCが豊富で、低カロリーなりんご。食欲を抑える優良な食品で、ペクチンを多く含みます。りんご150gあたりの炭水化物含有量は、平均18~20g(およそ74~80kcal)。これらはゆっくりと徐々に体内に吸収されていきます。その結果、空腹感を自覚するまでにより長い時間がかかるでしょう。なんだかお腹いっぱい!だから、そんな気持ちになるのです。それから、りんごは皮ごと食べましょう。皮に含まれるウルソル酸は、カロリー燃焼や筋肉増強に貢献するとの研究結果も発表されています。敢えて品種を挙げるなら、グラニースミス(青りんごの1種)。糖質の少ないりんごです。 適量の「コーヒー」 別名「カフェ」。その名が示すとおり、コーヒーには脂肪燃焼を活発にするカフェインが含まれています。ブラック(砂糖・ミルクなし)で飲めば、0カロリー(ゼロカロリー/ノーカロリー/ノンカロリー/カロリーオフと表されることもあります)。今日はエスプレッソ。今の気分はアメリカン。そんな風にいつでも味わうことができるでしょう。ただし、摂りすぎは禁物です。コーヒーの摂取によりスポーツのパフォーマンスが向上し、脂肪燃焼を助けるという論文もありますが、もくれぐれも飲み過ぎにはご注意ください。1日に2杯まで!適度に楽しみましょう。   ※この記事はフランス語および英語で記載されたものを日本語に翻訳したものです。   食事/栄養に関する記事はこちらです。 ▼ビタミンC/アスコルビン酸(AA) ▼コーヒーとスポーツの相性は? ▼カロリーにまつわるお話   Decathlon…

アクアスポーツ、人気上昇中!

/
今、熱い注目を集めているアクアスポーツ。 楽しく効果的な旬のフィットネススポーツを、Nabaiji(ナバイジ)がご紹介します。 アクアサイクリング おそらく最も話題を呼んでいるのが、このアクアサイクリング。 その概要がこちら。 プール底に設置されたハイドロバイク。水中でペダルをこいで、有酸素運動を行います。ライダーは従来のサイクリングのようにこぐだけ。水抵抗のおかげで、脚にかかる負荷が低減されます。1セッションの燃焼カロリーは、およそ300~500kcal。下半身・お尻・大腿部に働きかけます。水の浮力を利用し、セルライトを撃退。たるんだ太ももを鍛えます。 アクアジョギング プールに浸かった状態でのグループラン。水中ジョギングと呼ばれることもあります。 ウェイト付のベルトやベストを着用し、数メートルのウォーミングアップからスタート。より速く、より遅く。テンポに変化をつけながら、45分間行います。このエクササイズでは、さまざまな角度から身体にプラスの影響を与えます。水圧を受けて、心拍数は上昇。血液をよりスムーズに心臓へと送り出します。地上でのジョギングほどの苦しさを伴わず、柔軟性・体力・持久力の向上に繋がります。 アクアヨガ ご存知のヨガ。いつもと違うのは、水中で行うこと! プールシューズ(アクアシューズ)とスイムウェアを身にまとい、さらなる心地よさを求め、プールの中へ。あらゆるストレスを吹き飛ばしてくれることでしょう。また、妊婦のエクササイズとしても良いとされています。水泳が苦手でも大丈夫。経験を積んだヨギ(ヨガをするひと)でなくてもご安心を!水圧の力を借りて身体を痛めるリスクなく、筋肉をしっかりと鍛えることができるでしょう。わずかな努力で、理想の体形へと近づけます。 アクアボクシング ボディコンバットのプールバージョン。 空手・キックボクシング・ボクシングなどの格闘技や武道から取り入れた動きをミックスし、水の中で45分間行います。有酸素運動である他、水によるマッサージ効果にも期待ができます。 アクアフィットネス 身体を整え、よりダイナミックに。 少なくとも週に2~3回のペースで半年間は続けましょう。プールヌードルやボールもしくは、太ももに挟むプルブイやキックボード(ビート板)を活用すれば、エクササイズがより充実するでしょう。   Decathlon…

バランス感覚を鍛えるコツとエクササイズ

/
ひょっとして、転んだりよろめいたりしがちではありませんか? そんなあなたにお届けすべき記事がこちら。 シンプルだけど効果的なエクササイズで機敏さとバランス感覚を身につける術を、スポーツコーチEvaが伝授します。 バランス感覚を鍛えるべき理由 身体のいくつかのセンサーがバランスを保つのに関与しています。 …

ビーチでできる4つのエクササイズ

/
ついに休暇が目前に! ずっと気にはなりながらも、おろそかになっていたことへの没頭タイム。 夢のボディに向けて、どんな計画をお考えですか? 休暇を活用して、Domyos(ドミオス)でスタイルケアを! ビーチや水中でできる4つのエクササイズプログラムをお届けします。 エクササイズ1:水際ウォーキング 実践 右脚で大きなストライド(大きめの歩幅での歩行)。足を地面につける際にひざを曲げます。 緩やかに左のかかとを上げ、胸をまっすぐに張りましょう。 左も同じように繰り返します。 プラスの影響 このエクササイズでは、大腿四頭筋と水の抵抗を活用します。砂の上でのウォーキングは安定感に欠けるため、深層筋を呼び覚まします。 セット数 すねの真ん中あたりまで水に浸かり、30分間歩くのが理想です。   エクササイズ2:臀筋強化 実践 うつ伏せになり、額に手を添えます。 つま先がフロアに向くように脚を伸ばします。脚をわずかに上げます。 臀筋に力を入れ、ひざを上げて太ももを下に敷いたタオルから離します。脚を持ち上げ、やや開きます。 そして元に戻します。つま先はフロアを向いているようにしましょう。 プラスの影響 このエクササイズでは、主に大臀筋とハムストリングを活用します。 セット数 約20回を3セット行うのが理想です。   エクササイズ3:腹筋強化 実践 頭と脊椎は一直線になるようにうつ伏せになり、額に手を添えます。 脚とお腹に力を入れ、上体を上げます。ヒップの位置は動かさないようにします。 5を数えてから、バランスを崩さないように身体をフロアに戻します。この動きは小さく行いましょう。 プラスの影響 このエクササイズでは主に腹筋、特に内腹斜筋と外腹斜筋を活用します。 セット数 約20回を3セット行うのが理想です。   エクササイズ4:上半身の調整 実践 肩の高さまで水に浸かります。腕を横に伸ばして親指を上げます。 腕を前に、そして後ろに動かします。 足がまっすぐにつけ、視線は前へ向けましょう。 プラスの影響 このシンプルなエクササイズは、背中・胸囲・腕の筋肉と肩に働きかけます。 セット数 約20回を3セット行うのが理想です。   この記事の原文(英語)     簡単なものから、難易度の高いものまで。いつでもどこでもシンプルにできるものから、フィットネスアクセサリーを用いたものまで。さまざまなエクササイズをご紹介しています。 ▼4つのエクササイズで整った体型をキープ ▼お手軽エクササイズでぽっちゃりを撃退! ▼ぺたんこお腹で夏を迎えよう! ▼休暇前の体形を取り戻せ! ▼Domyos(ドミオス)エクササイズビデオ:ヨガマット ▼Domyos(ドミオス)エクササイズビデオ:ジムボールベース   Decathlon…

“ステップ”レッスン体験

/
人気の有酸素運動のひとつ、ステップ。 高さを変えることのできるステップを使い、一緒に振り付けの演出も。豊富なバリエーションのエクササイズができるのです。 選ばれるワケを挙げれば、尽きません! 事実、楽しみながら身体と造形美の両面において、プラスの影響が得られるのです。カロリーを燃やし、全身の筋肉を鍛え上げ、呼吸機能を向上。姿勢補正や、筋肉運動の協調性の強化にも期待できます。 ステップがもたらすプラスの影響について語れば、まだまだ長くなってしまうでしょう。まずは行動。みなさんにかわって、試しにステップレッスンを受講して来ました。 ファイブ、シックス、セブン、エイト! BGMで雰囲気づくり まぎれもなく老若男女を惹きつけるフィットネスレッスン、ステップ。 始めるにあたって必要なものは、ウォーターボトル。そして、目的やフィットネスに合わせて昇降できるステップのみ。 下半身をスリムにしたい場合には、ステップの使用は控えめに。反対に筋肉を強化したいなら、ステップをやや高めに調節しましょう。 個人的に、ステップは常に置きっ放し。いつでも始められる準備をしておくのです。 コーチが到着すれば、気持ちのスイッチの切り替えひとつで始められるように。整った身体や筋肉美に向けて毎日何レッスンあるかなんて、気にしない。 そう! それこそがモチベーション。 それが目的です。 コーチが放つエネルギーは、始める前からすでにスタジオ中に漂っています。流れる音楽に乱されることなく、その空間はまるでお気に入りのダンスフロアかのように・・・・。 レッツゴー! まずはウォーミングアップから どのクラスにおいても、ウォーミングアップは正しく始めるために必須です。筋肉を目覚めさせるため、5分間の基本ステップを行います。 基本ウォーキング、ひざを上げてのウォーキング、そしてタップアップ。 これらこそが心で学ぶ、ザ・ステップ。 さぁ、みなさんも一緒に。音楽スタート! コレオグラフィー(振り付け)の女王へ もちろん、初めは基本から。コレオグラフィー(振り付け)は少しずつ覚えましょう。 基本ステップに“より難易度の高い”ステップを交えていくのです。 異なる動きを繋ぎ合わせて、“ブロック”をつくりましょう。 他のステップに心変わりするまで、繰り返し何度も何度も行います。マンボ・ツイスト・ターン・シャッセ。ここまでくれば、もうお手のもの。 別々のステップの“ブロック”を組み合わせます。 3つ合わせれば、同じ動きの繰り返しで終わることもないでしょう。 流れるミュージックもさらに激しく・・・。 ボリュームアップ!スピードアップ! 気づけばいつのまにかステップの虜に。ステップマスターへ。きっと、そんな醍醐味を味わってもらえるでしょう。 終盤を迎えて レッスンも終盤まで来ると、みんな動きのAからZまですべてを吸収。シンクロに落ち着きます。 BGMが最高潮に達したときには、あたかもTV番組でダンスパフォーマンス大賞を受賞したかのような感覚に陥ります。 誰もが最高の輝きを見せる瞬間です。 もっと知りたい! ワクワクしたあなた、今が初め時かもしれません。 身体がNOサインを出しているなら、エネルギー不足の証拠。ストレッチに時間をあてましょう。 初めにふくらはぎ、そしてお尻や太もも。最後に背中です。どれも拍手喝采に値するステッパーの味方です。 ステップレッスンには疲労困ぱい気味。赤信号点滅状態になったのも確かです。 しかし、肌が覚えているリズムの感覚。 なんと頬にまで及んだ思いもよらなかった全身の筋肉運動。 もうすっかりステップのファンになってしまいました。次のレッスンが待ち遠しい。 このまま続けてみようと思っています。 この記事の原文(英語)   自宅でできるものから、プログラム参加型まで。さぁ、どのエクササイズを楽しみますか? ▼おすすめのフィットネススタイル【女性編】 ▼フィットネスダンスに夢中になってみない? ▼ジムボールに座る、5大メリット ▼室内トレーニングを楽しむ6つの方法 ▼アクアスポーツ、人気上昇中! ▼ストレスの管理     Decathlon…

体重を正しく量る

/
体重計の上に恐るおそる足をのばし、自分の「重み」を量るあの瞬間。 なんともいえぬ、緊張が走るあの瞬間。増えていく体重、積み重なっていく重み。 いつも同じことを繰り返してはいるけれど、それもいかがなものでしょうか。これからは、慌てずに正しく体重を量るように、ちょっと視点を変えてみましょう。 頻繁に量る。ただし量りすぎは禁物。 1日に何度も体重を量ることは、本当に意味のあることなのでしょうか?答えはノーです。 運動・食事・感情・ホルモンサイクルに連動して、体重は増えたり減ったりするものです。つまり、何度も何度も体重を量っても、あまり意味のあることだとはいえません。体重を量るのに適したタイミングを見計らいましょう。 なんとなく体重が気になるだけだから。ダイエットプランに合わせて。理由はともかく、週に1回、決まった曜日の決まった時間に量るようにします。 適切な時間に量る 基本ルール 朝の目覚めと同時に、空腹のまま&裸のまま計量します。朝食や飲み物を口にする前です。体重計に上がるまでに、トイレは済ませておきましょう。 適切な位置・姿勢で量る ゆっくり、そしてそっと体重計に乗り、両足裏を体重計にぴったりつけます。 体重は両足に均等にかけます。計量中はまっすぐ立ちましょう。目盛を確認しようとするあまり、前かがみにならないように注意しましょう。計測値に影響を及ぼす可能性があります。 いつも同じ環境で量る バスルームに置いている体重計と、他の場所に置いている体重計では、計測環境が変わってきます。 表示される情報が正しくないのなら、せっかく体重の動きを追っていても信頼できる結果とはいえないでしょう。体重計はいつも同じ場所で、同じものを使いましょう。一度決めた置き場所があるのなら、あちこちに動かさないこと! ポイント ヘルシーでバランスの取れた食事の減量効果は、ゆっくりに感じられるかもしれません。しかし、持続性があることを、覚えておきましょう。 リバウンド知らずで、努力は成果となって現れます。忍耐強く頑張りましょう。   気になる栄養のお話 ▼ビタミンC/アスコルビン酸(AA) 身も心もすっきりと! ▼ストレスの管理   Decathlon…

正しい足の動きで1時間ノンストップウォーキング

/
新たにスポーツを始めたい。また久しぶりにスポーツをしよう。そうお考えのみなさまに朗報です。 フィットネスウォーキングで以前のような健康的な体型を取り戻せることはご存知でしょうか? スタートにぴったりなのが、1時間ノンストップでのウォーキング。たったの8週間で達成するためのノウハウを、フィットネス&レースウォーキングのコーチJeanick…

セルライトを撃退せよ

/
太もも・お尻・お腹に現われたセルライト。どのように立ち向かえばよいのやら。 途方に暮れるあなたに、よりなめらかなお肌へと導く効果的な方法を伝授しましょう。 セルライトについて おそらく女性10人中9人に共通するセルライト。医師の言葉を借りれば、自然に発生する生理現象であるといわれています。 皮膚が伸びる際にくぼみが生まれます。セルライトは、皮下にある脂肪組織(蓄積された体脂肪)の構造変化により起こります。これらの“見苦しい”でこぼこが現われやすいのが、お尻や太ももの後ろ側。 セルライトの度合いには個人差があり、先天性遺伝・後天性生活習慣・血行不良・栄養失調・体重オーバーなどさまざまな要因が関係しています。 セルライト撃退法 セルライトをなくす魔法のような解決策はないとはいえ、その憎き見た目を改善する方法は存在します。それがこちら! 定期的な運動 もはや秘策ではありませんが、セルライトを予防したいのならスポーツは必須。 定期的な運動(1日に30分以上)に取り組めば、より健康的でバランスのとれた生活に繋がるでしょう。 おすすめは、蓄積したエネルギーを活用し、脂肪細胞を取り去る持久性スポーツ。脚の血流を促すのなら、自転車やスピンクラス、トレッドミル(傾斜あり)でのファストウォーキングやステッパーにトライしましょう。 水分 セルライトとの闘いにおける脅威の武器、水。 その理由は? 身体の毒素を除去し、組織を流し出し、むくみへの対抗を手伝います。毎日1.5~2ℓを目安に飲むと良いでしょう。変化が欲しい場合には、脂肪の吸収を抑えてカロリーを燃焼させるお茶や利尿作用またはスリム効果のある飲み物を取り入れましょう。 バランスの取れた食事 何としてもヨーヨーダイエット(リバウンド)は避けなければいけません! 体重を安定させ、セルライトの悪しき見た目をなんとかするには、加工糖・加工食品・軽食を制限するか完全に断ちましょう。 そのかわりに、ビタミンやミネラルが豊富な鮮度の高い季節ものの食品を選びましょう。フルーツ(オレンジ・りんご・ベリーなど)・新鮮な野菜(セロリ・ズッキーニ・にんじん・ブロッコリーなど)・豆類(レンズ豆・エンドウ豆を含む)を食事療法の新メニューに加えます。多くの食材から必要な栄養素をバランス良く得るために、可能な限り選択の幅を広げておきましょう。 たんぱく質をしっかり摂るには、肉類(ターキー・チキンなど)・魚介類・海藻類卵類を食べましょう。 効果的なスリミングクリーム バランスの取れた食事と定期的な運動に加えて、セルライトとの闘いにおいて強い味方となるのが、スリミングクリーム(ボディマッサージクリーム)。毒素を排出し、血液循環を活性化。リンパの流れをよくします。 クリームを使って、セルライトのついた部位をマッサージ。週に3回以上を目安に足から脚へ、そのままウェストに向かってマッサージしましょう。 良好な血行 静脈が弱ると、セルライトを引き起こしやすくなります。これに対抗するにはどのような方法があるでしょうか? スポーツに取り組むこと・締めつけ感の強い衣服を着用しないこと・太陽に当たるのを制限すること・過度に熱いお風呂やシャワーを控えること。これなら、いかかでしょうか。 シャワーの後、セルライトが気になる部分に冷たい水をかけること。そう簡単ではないかもしれませんが、効果あり! セルライト撃退の味方、ベストフィットネス用品 ステッパー セルライトに立ち向かうための最強アイテム、ステッパー! 対象部位は脚とお尻。おまけに持久力を向上させ、減量に繋げてくれる優れものです。ステッパーで引き締め、均整のとれた体型を目指しましょう。 どんなものかピンとこないという方へ。小さな踏み台に立ち、階段を上るのと同様の動きを再現するものです。小型サイズで省スペース。自宅でのフィットネスにぴったりの器具です。 DOMYOS(ドミオス)スリミングエクササイズ ステッパーを使って脂肪に真っ向から立ち向かい、セルライトを撃退するなら、1日に22分間のご使用をご提案します。 スキッピングロープ(なわとび) セルライトに効果的なスキッピングロープ(なわとび)。そのすばらしさがどんなものか見当もつかないという方へ。スキッピングロープは持久力を向上させ、心機能を強化してくれるアイテムです。全身の体型を整え、バランスや調子を改善。美しい姿勢をつくります。 DOMYOS(ドミオス)スリミングエクササイズ 2分間を3セット、週に3回に行いましょう。各セットの間には、10秒間のリカバリータイムを設けましょう。 まだまだ苦にならないという場合には、ジムウェイトを足首に追加してもっと上の結果を目指すのも良いでしょう。 セルライト攻撃部隊に、新たな仲間が加わりました。 【スポーツ】+【栄養】+【水分】を引き連れて、いざ出陣! この記事の原文(英語)   いつまでも美しく、いつまでも健康的に。運動・食事・ストレス対策など、ヘルシー美をキープするための秘策はここにもあります。 ▼ビタミンC/アスコルビン酸(AA) ▼身体に効く熱 ▼フェイシャルヨガでお肌を若々しく! ▼美しいボディを手に入れませんか? ▼おすすめのフィットネススタイル【女性編】 ▼ストレスの管理 ▼ジムボールに座る、5大メリット   Decathlon…