Posts

「レンズカテゴリー」特徴と選び方

/
サングラスにおけるレンズカテゴリーとは? サングラスのレンズカテゴリーは、レンズを透過する光の割合を段階的に分類したものです。この太陽光がレンズを透過するパーセンテージ「可視光線透過率」は、どのレンズにも設定されています。※レンズの紫外線遮断性能を表す「紫外線透過率」、UVプロテクトレベルとは異なる基準・値です。 Decathlon(デカトロン)のサングラスはもちろん、どのレンズカテゴリーでも100%UVカット仕様。安心してご使用いただけます。 カテゴリーレベルは、5段階の数字(0~4)で表されます。数字が高いほど、レンズを通過する光が弱く、太陽が放つ光の眩しさを抑えることができるでしょう。レンズカテゴリーを選ぶ際は、サングラスの着用シーンを考慮することはもちろんですが、天候も大切な要素です。   サングラスレンズカテゴリー0   レンズの色 クリア(薄い色付または色なし) 使用シーン インドアスポーツ/夜間/悪天候(雨天/曇天) 特徴 ほこり・風からのプロテクト/反射防止コーティング加工/あらゆるシーンで視界を妨げない透明レンズ" 可視光線透過率 80~100% サングラスレンズカテゴリー1   レンズの色 クリアイエローが一般的 使用シーン 悪天候/霧/薄暗い森林でのスポーツ 特徴 コントラスト調節/眩しさ軽減" 可視光線透過率 43~80% サングラスレンズカテゴリー2   使用シーン 晴れたり曇ったりと、天気が変わりやすい環境/明るすぎることも暗すぎることもない光の下 可視光線透過率 14~43% サングラスレンズカテゴリー3   最も一般的なレンズです。 レンズの色 グレーまたはブラウン 使用シーン 晴天/明るい太陽光の下でのスポーツ 特徴 低~中標高域の陽射しが強い環境で、視界を自然な色合いへと調節するカラーレンズ" 可視光線透過率 8~17% サングラスレンズカテゴリー4   レンズの色:濃いブラウンが一般的 使用シーン 太陽光が非常に強く、強烈な陽射しや反射を受ける環境 特徴 高標高域・熱帯など極度に強い太陽光の下で、コントラスト感を補強するダークブラウンのカラーレンズ 可視光線透過率 3~8% 注意 視界および色の正確性を損なうため、運転中にカテゴリー4のレンズ入サングラスを着用することは禁止されています。   ※この記事は、フランス語および英語の原文を日本語に翻訳したものです。記載の交通規則や法律など、日本とは異なる場合があります。   スポーツにも、普段使いにも。 ▼スポーツアイウェアブランド「ORAO(オラオ)」 ▼アーバンサングラスの選び方 ▼釣りにおけるサンプロテクション   Decathlon…

ブラジリアンヒップ

/
かわいくて、丸くて、きゅっと引き締まっていて、上向きで、ちゃんと筋肉がついていて、ぴたっとしたタイトなボトムスもセクシーなドレスも着こなせる、ヒップ。私たちがほしいのは、そんなお尻。…

アクアスポーツ、人気上昇中!

/
今、熱い注目を集めているアクアスポーツ。 楽しく効果的な旬のフィットネススポーツを、Nabaiji(ナバイジ)がご紹介します。 アクアサイクリング おそらく最も話題を呼んでいるのが、このアクアサイクリング。 その概要がこちら。 プール底に設置されたハイドロバイク。水中でペダルをこいで、有酸素運動を行います。ライダーは従来のサイクリングのようにこぐだけ。水抵抗のおかげで、脚にかかる負荷が低減されます。1セッションの燃焼カロリーは、およそ300~500kcal。下半身・お尻・大腿部に働きかけます。水の浮力を利用し、セルライトを撃退。たるんだ太ももを鍛えます。 アクアジョギング プールに浸かった状態でのグループラン。水中ジョギングと呼ばれることもあります。 ウェイト付のベルトやベストを着用し、数メートルのウォーミングアップからスタート。より速く、より遅く。テンポに変化をつけながら、45分間行います。このエクササイズでは、さまざまな角度から身体にプラスの影響を与えます。水圧を受けて、心拍数は上昇。血液をよりスムーズに心臓へと送り出します。地上でのジョギングほどの苦しさを伴わず、柔軟性・体力・持久力の向上に繋がります。 アクアヨガ ご存知のヨガ。いつもと違うのは、水中で行うこと! プールシューズ(アクアシューズ)とスイムウェアを身にまとい、さらなる心地よさを求め、プールの中へ。あらゆるストレスを吹き飛ばしてくれることでしょう。また、妊婦のエクササイズとしても良いとされています。水泳が苦手でも大丈夫。経験を積んだヨギ(ヨガをするひと)でなくてもご安心を!水圧の力を借りて身体を痛めるリスクなく、筋肉をしっかりと鍛えることができるでしょう。わずかな努力で、理想の体形へと近づけます。 アクアボクシング ボディコンバットのプールバージョン。 空手・キックボクシング・ボクシングなどの格闘技や武道から取り入れた動きをミックスし、水の中で45分間行います。有酸素運動である他、水によるマッサージ効果にも期待ができます。 アクアフィットネス 身体を整え、よりダイナミックに。 少なくとも週に2~3回のペースで半年間は続けましょう。プールヌードルやボールもしくは、太ももに挟むプルブイやキックボード(ビート板)を活用すれば、エクササイズがより充実するでしょう。   Decathlon…

Portfolio Items