Posts

「レンズカテゴリー」特徴と選び方

/
サングラスにおけるレンズカテゴリーとは? サングラスのレンズカテゴリーは、レンズを透過する光の割合を段階的に分類したものです。この太陽光がレンズを透過するパーセンテージ「可視光線透過率」は、どのレンズにも設定されています。※レンズの紫外線遮断性能を表す「紫外線透過率」、UVプロテクトレベルとは異なる基準・値です。 Decathlon(デカトロン)のサングラスはもちろん、どのレンズカテゴリーでも100%UVカット仕様。安心してご使用いただけます。 カテゴリーレベルは、5段階の数字(0~4)で表されます。数字が高いほど、レンズを通過する光が弱く、太陽が放つ光の眩しさを抑えることができるでしょう。レンズカテゴリーを選ぶ際は、サングラスの着用シーンを考慮することはもちろんですが、天候も大切な要素です。   サングラスレンズカテゴリー0   レンズの色 クリア(薄い色付または色なし) 使用シーン インドアスポーツ/夜間/悪天候(雨天/曇天) 特徴 ほこり・風からのプロテクト/反射防止コーティング加工/あらゆるシーンで視界を妨げない透明レンズ" 可視光線透過率 80~100% サングラスレンズカテゴリー1   レンズの色 クリアイエローが一般的 使用シーン 悪天候/霧/薄暗い森林でのスポーツ 特徴 コントラスト調節/眩しさ軽減" 可視光線透過率 43~80% サングラスレンズカテゴリー2   使用シーン 晴れたり曇ったりと、天気が変わりやすい環境/明るすぎることも暗すぎることもない光の下 可視光線透過率 14~43% サングラスレンズカテゴリー3   最も一般的なレンズです。 レンズの色 グレーまたはブラウン 使用シーン 晴天/明るい太陽光の下でのスポーツ 特徴 低~中標高域の陽射しが強い環境で、視界を自然な色合いへと調節するカラーレンズ" 可視光線透過率 8~17% サングラスレンズカテゴリー4   レンズの色:濃いブラウンが一般的 使用シーン 太陽光が非常に強く、強烈な陽射しや反射を受ける環境 特徴 高標高域・熱帯など極度に強い太陽光の下で、コントラスト感を補強するダークブラウンのカラーレンズ 可視光線透過率 3~8% 注意 視界および色の正確性を損なうため、運転中にカテゴリー4のレンズ入サングラスを着用することは禁止されています。   ※この記事は、フランス語および英語の原文を日本語に翻訳したものです。記載の交通規則や法律など、日本とは異なる場合があります。   スポーツにも、普段使いにも。 ▼スポーツアイウェアブランド「ORAO(オラオ)」 ▼アーバンサングラスの選び方 ▼釣りにおけるサンプロテクション   Decathlon…
,

B’TWINとFDJの共同開発ストーリー

/
時は今から5年前へと遡ります。B’TWIN(ビトウィン)が、業界で最もハードルが高いであろうサイクリスト向ウェアの開発を決意。さて、この熱き想い。どのようにして、FDJサイクリングチームと共に実現させることができたのでしょうか?経緯を振り返ります。 テクニカルなテキスタイル製品のCO-DESIGN(コデザイン/協調設計) 最先端技術を用いた製品をデザインしたいという私たちB’TWIN(ビトウィン)の切なる願いをきっかけに、レーサー(Loic…
,

プロとのコラボレーションから生まれた“ロードバイクシューズ AEROFIT 700”

/
できるだけたくさんの人々にサイクリングの楽しさを実感してもらいたい。これが私たちB’TWIN(ビトウィン)の願いです。しかし、そればかりではありません。最新技術を駆使したよりテクニカルな製品をお届けすべく、B’TWIN(ビトウィン)は日々開発に取り組んでいます。プロ仕様のシューズをお手頃な価格帯で提供することは、大きなチャレンジです。しかし、B’TWIN(ビトウィン)チームは、ブランドのテクニカルパートナーであるJean-Christophe…

サイクリスト向“花粉”注意報

/
ようやく迎えた穏やかな春!暖かさと共に舞い戻って来たのは、サイクリストをこの上なく不快にさせる、あの花粉・・・。 サイクリングは屋外で行うアクティビティ。それ故、この空中を舞うアレルゲン(花粉・汚染物質)に対して、より敏感な反応を起こしてしまいやすいのがサイクリストでしょう。さらに、自然の多い田園地方でのライディングと来るものだから・・・。しかし、ライダーを取り巻くこの走行環境に反して、驚愕の事実。スポーツに取り組まない人々に比べて、サイクリストは20回以上も呼吸が多いというのです。つまり、サイクリストは通常よりも多くアレルゲンにさらされていると考えられます。 サイクリストの約90%が自転車を走らせている場所こそが、花粉生産が盛んなカントリーサイド。これらのアレルギーは今やヨーロッパ全土に広がり、カレンダーを見ながら行動を決めるような事態にまで発展しています。インターネットではリアルタイムの情報が得られるでしょう。 花粉に立ち向かうには? アレルギーを発症してからでは、時すでに遅し。予防策として、アレルギーに関するワンアクションを追加しましょう。至ってシンプルな方法です。かかりつけの医師に相談するのみ。アレルギー専門医のもとでアレルゲンに対する過敏症の治療を行う必要があるかを診断してくれるでしょう。 しかしながら、この脱感作療法(減感作療法もしくはアレルゲン免疫療法と呼ばれることもあります。)はアレルギーがピークに達する期間のみに実施されることもあるでしょう。そのため、サイクリングシーズン到来前の冬の間に済ませておくのが理想です。 対策 …

サイクリスト向ヘアアレンジ

/
風にそよぐ長い髪。なんと爽やかな気分でしょう。しかし!目にかかるその髪。サイクリングとなると、そうも言ってはいられません。髪は後ろに結ぶ!これが基本です。 ポニーテール シンプルイズベスト。もちろんそうですが、アレンジで変化を楽しむのもよいですね。 長髪の男性ライダーに唯一おすすめのスタイルが、ローポニーテール。Peter…

初めての自転車通勤に備えて

/
自転車通勤をすることになった?それは、すばらしい決断をされましたね。それなら、せっかくの決心が残念な結果に終わってしまわないよう、自転車の整備&装備をしっかりと!しかし、初めての自転車通勤に際しての適切な準備とは?それは、これから見ていきましょう。 通勤にふさわしい、メンテナンスの行き届いた自転車を 初めての自転車通勤。どんな自転車に乗ればよいのやら・・・。お困りではありませんか?タウンバイクに、ハイブリッドなクロスバイク。それから、MTB(マウンテンバイク)やロードバイク。そのうえ、エレクトリックバイク(電動自転車)まで?あなたが初めて体験する自転車通勤で失敗しないためには、都会の街中を走るのに適した自転車を選びましょう。例えば、MTBの仕様(ワイドなタイヤに大きなラグ)は、森林でのライディングに対応したものです。用途にそぐわない通勤シーンでは、ライダーをイライラさせたり、うんざんりさせることがあるかもしれません。 自転車を簡単に点検しておくことも、大変重要です。特に最後に乗ってから長い歳月が経過している場合には、最初にブレーキとギアが正常に働くことを確認しましょう。そして、タイヤ圧や空気が抜けていないことも確認しておきましょう。最後はライトの点検を。雨降りや夜間の運転時には、おおいに役立つことでしょう。 もうすでに数キロこいで進んだというのに、ここでメカニカルトラブルに見舞われるなんて! そんな惨事を回避するためにも、これらのシンプルな基本チェックを済ませておきましょう。 自転車通勤に活躍するサイクリング用品は? 自転車の点検完了。それなら、次は自転車周辺アイテムにも目を向けてみましょう。スペアパーツにリペアキットやミニポンプ。PCや業務関連の書類も・・・。これらすべてを一体どのように携行するおつもりでしょうか? バックパックという手段もあるでしょう。ただし、背中がびしょ濡れになるという難題が残されたまま。そこで、選択肢をもうひとつ。持ち物を自転車に取り付けて運搬してはいかがでしょうか。自転車にセットが可能なパニエラックやパニエバッグを活用するのです。適切な状態で運ぶことができるため、重量のバランスが保たれるでしょう。自転車をこぐ動きの妨げにもなりません。そして、汗まみれの背中ともお別れです! 自転車通勤をサポートする装いは? アーバンサイクリングウェアに身を包んで、自宅から勤務先まで。 ウォータープルーフ仕様・防寒対策・通気性に優れたタイプなど、各特長を備えたモデルを選びましょう。自転車に乗る前には天候をチェック。もしも雨が降りそうなら、ウォータープルーフウェアで装備。そうすれば、ずぶ濡れにならずに職場に辿り着けるでしょう。 安全な自転車通勤のためには、ヘルメットを着用しましょう。 ルートの準備は前もって! 初の自転車通勤を無理なく合理的に。ご自身の身体能力や体調に見合ったルートを設定しましょう。職場と自宅の距離が遠く離れている?それなら、ある地点までは車か公共交通機関を利用し、自転車の出番は途中から。自転車通勤にも徐々に慣れていけるでしょう。 ルート選択も、重要度が高い項目です。距離だけでなく、傾斜や利用予定の道がどのような道なのか(交通量が多いか少ないか?サイクル道か?など)も視野に入れましょう。効率的に安全に楽しみながら。この3つの要件を満たす通勤経路を検討しましょう。 余裕を持って出発し、快適にゆったりと。常に早めの出勤で、仕事に取り掛かる前には、コーヒーを1杯!仕事場へ向かう道中には、行く手を阻む想定外の出来事に出くわすかもしれません。いくつもの交差点や信号、歩行者の多いエリア。それらのせいで不覚にも遅刻という危険性も否めません。 サイクリングの際は、十分に水分を摂るように心がけましょう。たとえ喉の渇きを自覚していなくても、水分補給を。自転車に乗る距離は、ほんの数マイル。それでも、ウォーターボトルを持って出かけましょう。 もう1点、忠告を。自転車を運転する際は、道路交通法に従って細心の注意を払ってください。言うまでもありませんが、交通渋滞をすり抜けたいがために、歩道に上がってしまおうなんていう誘惑になど負けてはいけません。つい魔が差してしまいそうな状況?しかし、それは法律で禁止されている危険を伴う行為ですから! 勤務先に到着後、自転車をどこにとめておく? 職場に着いた。さぁ、その後どこに駐輪しておくのかも考えなければなりません。盗難のリスクを最小限にとどめることができる安全なエリアもしくはプライベートスペースなどの保管場所は見当がついているでしょうか?なければ、自転車ロックできちんと施錠。がっかりなサプライズを免れましょう。 常時、プランB(代替案)の準備を! 最後にもうひとつ。初めての自転車通勤で無事に帰宅するためには、いつでも第2案を準備しておきましょう。 初めての試み、自転車通勤。計画通りには、事が運ばないかもしれません。機械的な問題が発生することもあるでしょう。通勤の道中にちょっとした体調の乱れ(ひざ・ふくらはぎの痛みなど)を感じることもあるでしょう。これらの事態に備えて、いつもプランB(代替案)を用意しておきましょう。近辺で利用可能な公共交通機関は?同僚との相乗りはできるものか?要チェックです。 速くて環境にやさしく、健康面でも好条件が整ったサイクリング。交通渋滞をよそ目に、仕事場までの小旅行を楽しめるなんて、すてきではありませんか?だからこそ、初めての自転車通勤に備えた準備をしっかりと。あなたの初めての自転車通勤が、万事うまくいきますように! ※道路交通法など、最新のルールに従ってください。 …
,

B’TWIN(ビトウィン)が、サイクリングチーム「THE FRANÇAISE DES JEUX (フランス宝くじ公社)」のパートナーに。

/
FDJチームのパートナーとして、B’TWIN(ビトウィン)のウェアが今後2年間、プロのサイクリングサーキットを走ります。 ※この記事は2012年12月に掲載されたオリジナル版(英文)を日本語に翻訳したものです。 自転車レース伝説の地…

アクアスポーツ、人気上昇中!

/
今、熱い注目を集めているアクアスポーツ。 楽しく効果的な旬のフィットネススポーツを、Nabaiji(ナバイジ)がご紹介します。 アクアサイクリング おそらく最も話題を呼んでいるのが、このアクアサイクリング。 その概要がこちら。 プール底に設置されたハイドロバイク。水中でペダルをこいで、有酸素運動を行います。ライダーは従来のサイクリングのようにこぐだけ。水抵抗のおかげで、脚にかかる負荷が低減されます。1セッションの燃焼カロリーは、およそ300~500kcal。下半身・お尻・大腿部に働きかけます。水の浮力を利用し、セルライトを撃退。たるんだ太ももを鍛えます。 アクアジョギング プールに浸かった状態でのグループラン。水中ジョギングと呼ばれることもあります。 ウェイト付のベルトやベストを着用し、数メートルのウォーミングアップからスタート。より速く、より遅く。テンポに変化をつけながら、45分間行います。このエクササイズでは、さまざまな角度から身体にプラスの影響を与えます。水圧を受けて、心拍数は上昇。血液をよりスムーズに心臓へと送り出します。地上でのジョギングほどの苦しさを伴わず、柔軟性・体力・持久力の向上に繋がります。 アクアヨガ ご存知のヨガ。いつもと違うのは、水中で行うこと! プールシューズ(アクアシューズ)とスイムウェアを身にまとい、さらなる心地よさを求め、プールの中へ。あらゆるストレスを吹き飛ばしてくれることでしょう。また、妊婦のエクササイズとしても良いとされています。水泳が苦手でも大丈夫。経験を積んだヨギ(ヨガをするひと)でなくてもご安心を!水圧の力を借りて身体を痛めるリスクなく、筋肉をしっかりと鍛えることができるでしょう。わずかな努力で、理想の体形へと近づけます。 アクアボクシング ボディコンバットのプールバージョン。 空手・キックボクシング・ボクシングなどの格闘技や武道から取り入れた動きをミックスし、水の中で45分間行います。有酸素運動である他、水によるマッサージ効果にも期待ができます。 アクアフィットネス 身体を整え、よりダイナミックに。 少なくとも週に2~3回のペースで半年間は続けましょう。プールヌードルやボールもしくは、太ももに挟むプルブイやキックボード(ビート板)を活用すれば、エクササイズがより充実するでしょう。   Decathlon…