Posts

「レンズカテゴリー」特徴と選び方

/
サングラスにおけるレンズカテゴリーとは? サングラスのレンズカテゴリーは、レンズを透過する光の割合を段階的に分類したものです。この太陽光がレンズを透過するパーセンテージ「可視光線透過率」は、どのレンズにも設定されています。※レンズの紫外線遮断性能を表す「紫外線透過率」、UVプロテクトレベルとは異なる基準・値です。 Decathlon(デカトロン)のサングラスはもちろん、どのレンズカテゴリーでも100%UVカット仕様。安心してご使用いただけます。 カテゴリーレベルは、5段階の数字(0~4)で表されます。数字が高いほど、レンズを通過する光が弱く、太陽が放つ光の眩しさを抑えることができるでしょう。レンズカテゴリーを選ぶ際は、サングラスの着用シーンを考慮することはもちろんですが、天候も大切な要素です。   サングラスレンズカテゴリー0   レンズの色 クリア(薄い色付または色なし) 使用シーン インドアスポーツ/夜間/悪天候(雨天/曇天) 特徴 ほこり・風からのプロテクト/反射防止コーティング加工/あらゆるシーンで視界を妨げない透明レンズ" 可視光線透過率 80~100% サングラスレンズカテゴリー1   レンズの色 クリアイエローが一般的 使用シーン 悪天候/霧/薄暗い森林でのスポーツ 特徴 コントラスト調節/眩しさ軽減" 可視光線透過率 43~80% サングラスレンズカテゴリー2   使用シーン 晴れたり曇ったりと、天気が変わりやすい環境/明るすぎることも暗すぎることもない光の下 可視光線透過率 14~43% サングラスレンズカテゴリー3   最も一般的なレンズです。 レンズの色 グレーまたはブラウン 使用シーン 晴天/明るい太陽光の下でのスポーツ 特徴 低~中標高域の陽射しが強い環境で、視界を自然な色合いへと調節するカラーレンズ" 可視光線透過率 8~17% サングラスレンズカテゴリー4   レンズの色:濃いブラウンが一般的 使用シーン 太陽光が非常に強く、強烈な陽射しや反射を受ける環境 特徴 高標高域・熱帯など極度に強い太陽光の下で、コントラスト感を補強するダークブラウンのカラーレンズ 可視光線透過率 3~8% 注意 視界および色の正確性を損なうため、運転中にカテゴリー4のレンズ入サングラスを着用することは禁止されています。   ※この記事は、フランス語および英語の原文を日本語に翻訳したものです。記載の交通規則や法律など、日本とは異なる場合があります。   スポーツにも、普段使いにも。 ▼スポーツアイウェアブランド「ORAO(オラオ)」 ▼アーバンサングラスの選び方 ▼釣りにおけるサンプロテクション   Decathlon…
,

About Oxelo

/
   Story 「Oxelo(オクセロ)」の由来 パッションブランド「Oxelo(オクセロ)」の名は、チームが使用していた【酸素自転車(フランス語:Oxygène+velo=Oxelo)工場】と名づけられたあるリストに由来しています。 音の響きが心地よく、頭文字のアルファベット「O」は、まるで丸いホイールを表現しているかのよう。まさに製品のイメージにぴったりでした。 このような背景のもと、2005年「Oxelo(オクセロ)」を冠するパッションブランドが誕生しました。 History Oxelo(オクセロ)の歩み 1992 “アメリカンスポーツ”ローラースポーツの登場。 (4輪ローラースケート) 1996 ローラースポーツが大流行。インラインスケートのブーム後、ローラースポーツチームがDecathlon(デカトロン)自転車部門に統合される。 2005 Decathlon(デカトロン)自転車部門から独立。「Oxelo(オクセロ)」チームとして歩みだす。 2008 パッションブランド「Oxelo(オクセロ)」初の製品誕生。   Theory Oxelo(オクセロ)の理念 Decathlon(デカトロン)がお届けするキックボード・キックスケーター、インラインスケート、スケートボードのパッションブランド“Oxelo(オクセロ)”。 Oxelo(オクセロ)は2008年、Decathlon(デカトロン)のローラースポーツ部門に誕生しました。そして瞬く間に、インラインスケート、キックスケーター、スケートボードまでをカバーするパッションブランドへと発展しました。Oxelo(オクセロ)が目指すのは、アーバンローラースポーツ、"ソフトモビリティ"…
, ,

DISCOVER TOWN 9, EXPERIENCE TOWN 9

/
キックスケーターで颯爽と走るライダーの姿。 海外では頻繁に見かけますが日本ではまだそんなに目にする機会はないかもしれません。 今回、Oxelo熟練スタッフ手ほどきのもと、超初心者スタッフがTOWN9のライディングに初挑戦! 大阪城まで行ってきました。 初めて恐るおそる乗ってみましたが、ハンドルブレーキの安心感とサスペンションのサポートでスムーズに乗りこなせました! 移動の速さもさることながら、爽快感からいつもの景色もなんだか違って見えました。 少し脚が疲れるかもと心配もしましたが、筋肉痛もなし! 2回目はチームメンバーのバースデーケーキを買いに近くのレストランまで。 さすがのサスペンションもケーキにはかないませんでしたが、こっそり席を外したまま本人に気づかれずに戻ってくることができました! 次は海が見えるエリアまで足を延ばしてみたい! まだまだいろんな楽しみ方が待っていそうです。 みなさんなら、どんな楽しみ方をしますか? Translator,…

Portfolio Items