Posts

「レンズカテゴリー」特徴と選び方

/
サングラスにおけるレンズカテゴリーとは? サングラスのレンズカテゴリーは、レンズを透過する光の割合を段階的に分類したものです。この太陽光がレンズを透過するパーセンテージ「可視光線透過率」は、どのレンズにも設定されています。※レンズの紫外線遮断性能を表す「紫外線透過率」、UVプロテクトレベルとは異なる基準・値です。 Decathlon(デカトロン)のサングラスはもちろん、どのレンズカテゴリーでも100%UVカット仕様。安心してご使用いただけます。 カテゴリーレベルは、5段階の数字(0~4)で表されます。数字が高いほど、レンズを通過する光が弱く、太陽が放つ光の眩しさを抑えることができるでしょう。レンズカテゴリーを選ぶ際は、サングラスの着用シーンを考慮することはもちろんですが、天候も大切な要素です。   サングラスレンズカテゴリー0   レンズの色 クリア(薄い色付または色なし) 使用シーン インドアスポーツ/夜間/悪天候(雨天/曇天) 特徴 ほこり・風からのプロテクト/反射防止コーティング加工/あらゆるシーンで視界を妨げない透明レンズ" 可視光線透過率 80~100% サングラスレンズカテゴリー1   レンズの色 クリアイエローが一般的 使用シーン 悪天候/霧/薄暗い森林でのスポーツ 特徴 コントラスト調節/眩しさ軽減" 可視光線透過率 43~80% サングラスレンズカテゴリー2   使用シーン 晴れたり曇ったりと、天気が変わりやすい環境/明るすぎることも暗すぎることもない光の下 可視光線透過率 14~43% サングラスレンズカテゴリー3   最も一般的なレンズです。 レンズの色 グレーまたはブラウン 使用シーン 晴天/明るい太陽光の下でのスポーツ 特徴 低~中標高域の陽射しが強い環境で、視界を自然な色合いへと調節するカラーレンズ" 可視光線透過率 8~17% サングラスレンズカテゴリー4   レンズの色:濃いブラウンが一般的 使用シーン 太陽光が非常に強く、強烈な陽射しや反射を受ける環境 特徴 高標高域・熱帯など極度に強い太陽光の下で、コントラスト感を補強するダークブラウンのカラーレンズ 可視光線透過率 3~8% 注意 視界および色の正確性を損なうため、運転中にカテゴリー4のレンズ入サングラスを着用することは禁止されています。   ※この記事は、フランス語および英語の原文を日本語に翻訳したものです。記載の交通規則や法律など、日本とは異なる場合があります。   スポーツにも、普段使いにも。 ▼スポーツアイウェアブランド「ORAO(オラオ)」 ▼アーバンサングラスの選び方 ▼釣りにおけるサンプロテクション   Decathlon…

腕を動かすことが、アクティブウォーキングには必須

/
アクティブウォーキングで、ウォーカーを正しく前に進ませているのは脚だけではありません。腕も前へ進む動作に連動して、全身へと働きかけるのです。 腕を使ってストライドのペースを掴み、ウォーキングスピードを上げて、身体を整える方法を見つけましょう。 もっと速く歩き、筋肉の調子をより良くするために 腕を動かすことで、脚と上半身のフィジカル面に働きかけます。 メトロノームのように腕を動かすことで、アクティブウォーキングのペース・呼吸が整います。 各トレーニングセッションで腕を動かすことを実践している、長距離ウォーカーEmmanuel…

2016フィットネスウォーキングを始める納得の4つの理由

/
今年こそスポーツを!そんなよくある抱負も、目的は人それぞれ。 スリムな体型を取り戻す、メンタル面の健康を鍛える、体重を減らす、など・・・。 ノルディックウォーキングのようなフィットネスウォーキングなら、目的達成に向けてどなたにでも手が届きやすいベストスポーツでは?私たちNewfeel(ニューフィール)はそう考えています。その理由がこちらです。 その1.制約のないシンプルなスポーツだから もっとスポーツに触れながら、山に足を運んだり、限界の壁を乗り越える自分の姿を夢見るのです。 フィットネスウォーキングはどなたにとっても場所を問わずに行いやすい最も自然な運動です。抱負を現実のものに変え、体型を取り戻す道筋を見つけるのに手軽で理想的なスポーツです。 モチベーションを維持するには 抱負を実現させるには、自分自身へコミットすること。 成功へのゴールデンルールは、定期的に行うこと。 ハード過ぎる単発のプログラムを選ぶより、週単位で短めのセッションをいくつか計画する方が良いでしょう。 衝動的になったり、度が過ぎるのは危険です。 その2.多くのプラスの影響が認知されているから “ウォーキングは、健康管理や体重増加防止におすすめです。楽しいのに、穏やかで充実した暮らし(いわゆるwell-being)と健康に良い影響を与えるのは本当です。” IRBMSのCMO(チーフメディカルオフィサー)、Patrick…

アクティブウォーキングのすすめ

/
ウォーキングはもっとも手軽で、日常に溶け込んだ自然なもの。ウォーキングを楽しみながら、もっと健康体になりませんか。 ウォーキングのプラスの影響を享受する方法がここにあります。 スポーツウォーキングとは? ウォーキングのプラスの影響を享受できる簡単な方法が、アクティブウォーキング。スリムダウンやリラックスを促す点で、すばらしい役割を果たします。 そんなことはない、ハードな運動だけが体型を取り戻す手段だ、と思われる方もいらっしゃることでしょう。実はそうでもないのです。 歩くのを時速5kmのペースに速めるだけで(通常の歩幅よりも少し速い程度)、アクティブウォーキングが日常の一部に。 その具体的な方法はこちらです。 ペースを速めて足を回転 アクティブウォーキングでカロリーを燃焼し、リラックスするためには、正しい方法でのウォーキングを行う必要があります。日常にスポーツとして運動を取り入れるチャンスが、毎日の生活に転がっています。 ウォーキングの際に足の中央部分を地面につけるという悪習慣がよく見受けられます。足を構成するのは、26本の骨・16箇所の関節・107本の靭帯。これらは、かかとからつま先へと足全体を回転させ、スムーズで流れるような動きで歩くのに理想の構造になっています。 ウォーキングをより充実させるために、次の3つの動きを取り入れて、適切なストライドへ。 …

4つのフィットネスウォーキング対策で、とびきりの夏を。

/
天候と休暇に恵まれた夏。フィットネスウォーキングのプラスの影響を楽しめる絶好の環境を携えた季節がやって来ました。この夏、運動をもう一度始めよう。 そう心に決めたみなさま。フィットネスウォーキングで夏を最大限に楽しむための準備はお済みでしょうか? 適切な時間帯に。 正午から3時。太陽が最も高くなる時間帯のウォーキングは避けましょう。多量の汗も減量には大きな影響を及ぼしません。 発汗すると、身体は体内の温度を調節しようと水分を放出します。失われるのは脂肪ではないのです。高気温のもとでは、脱水を引き起こすリスクがあります。 朝か午後遅くなど、気温が快適に感じられる時間帯にトレーニングを行う方が良いでしょう。 夜遅くのトレーニングについて、スポーツ医Charles…

座りっぱなしの危険性

/
24時間の中で、座って過ごす時間が大半を占める。これは心臓にとって、望ましくない状況です。 デスクワークが主体となったライフスタイルが及ぼす悪影響。ウォーキングは、そのリスクを手軽になおかつ効果的に払拭し、健康へと導きます。 座ってばかりの生活。知らぬところに、思わぬリスクが潜んでいます。 1日中、身体を動かさず、座っていることの多い日々。最小限に身体を動かし、日常生活でエネルギーの消耗しているつもりでも、実はずっと休憩しているのと大差はありません。 毎日には、もっとアクティブな刺激が必要です。 中でもデスクワークでの仕事での座りっぱなしは、心臓に大きな悪影響を及ぼします。 長時間に渡って座り続けることは、高血圧・喫煙・糖尿病に続き、循環器疾患を悪化させる、第4の危険因子とされています。 ただし、これは予防が可能です。例えば、いつでも取り組めるウォーキング。定期的にフィットネスウォーキングやノルディックウォーキングを実践すれば、今よりももっとアクティブな生活が実現するでしょう。 ウォーキングは、私たち人間にとってはことさら特別なものではなく、ごく自然なアクティビティでしょう。そして、心臓病患者をサポートする、手軽で効率的なスポーツでもあるのです。 もっとアクティブな生活に導く、3つの実践項目 1.長時間、座り続けないこと 1時間ほど座り続けると、心臓への血流量は減少します。座った時間に比例し、血流はさらに悪くなっていきます。 オフィスでの座りっぱなしには、対策を講じましょう。立ち上がったり、少しでも動くように意識すること。ウォーキングならではのプラスの影響が期待できます。 …
,

ウォーキングブランド「Newfeel(ニューフィール)」

/
スポーツウォーキングとは? 持久力を高める身近なスポーツ。それが、スポーツウォーキングです。 “スポーツウォーキング”(パワーウォーキングまたはスピードウォーキングとも呼ばれています。)とは、日常生活で歩くよりもやや速いスピードでのウォーキングを、スポーツとして行なうものです。ほぼ全身の筋肉を活用し、心肺機能の活性化・持久力の向上に繋げます。普段の歩行との違いは、スピードを意識したウォーキングである点です。 また、山でのハイキングと異なり、平地の都市環境でも行えるのがこのスポーツの特徴です。近くの公園、河川敷、堤防やスタジアム、ランニングマシーンなど、日常にありふれた空間が、スポーツグラウンドと化すのです。 個々の目的により多少の幅はありますが、時間/頻度/スピードは、30分~数時間/週に数回/時速5~10㎞が目安です。 2タイプのスポーツウォーキング 【タイプ1】身体を動かし、体型維持 外の新鮮な空気を吸いながら、身体と健康に目を向ける。 ここに目的があるウォーカーなら、夜や週末、爽やかな外気に触れながら体型維持を目標にした、ゆったりとしたスピードでのロングウォーキングがぴったりでしょう。 【タイプ2】レースへの参加 スポーツを通して、自己の可能性をより高める。 カロリー燃焼・筋肉強化など身体への影響ばかりでなく、自己の潜在的な可能性を呼び起こし、達成感や自尊心を心で感じるには、スピードをつけたウォーキングを基本とすると良いでしょう。 スポーツウォーキングのおすすめ理由 スポーツウォーキングの素晴らしい点はなんといっても、いつでもどこでもできること。さらに、高価で特別なギアも要らないこと。ウォーキングシューズを履いて、スタートを踏み出すのみ。 「身体と健康」の観点からも、フィットネスウォーキングは全身のさまざまな筋肉に働きかける有効な運動方法といえるでしょう。ランニングやサイクリングなどのスポーツと同様に、糖尿病や心疾患の防止・カロリーの燃焼に貢献します。 スポーツ全般の中でも、メリットが多く、弊害が少ない。負担も少なく、ハードルも低い。など、どなたでも気軽にチャレンジしやすい条件が揃っています。身体や関節に負荷をかけ過ぎず、ケガのリスクも低いスポーツのひとつではないでしょうか。 平均時速6.5㎞でのウォーキングを1時間。この時の燃焼カロリーは約300calです。さらにウォーキングスピードを時速8㎞まで速めると、1時間あたり約380カロリーを燃やすことも可能でしょう。これは、同じスピードでのランニング、またはジムで行う1時間のスピード感のあるダンス、エアロビクスレッスンでの消費カロリー量に相当します。 スポーツウォーキングの原理とシューズ選び スポーツウォーキングでは、足は3段階の異なる動きをしています。毎日の歩行との決定的な違いは、ウォーキングの力強さです。歩幅を大きく、かつ素早く。これを意識しながら歩きます。ウォーキングを実践する上でまず必要なのが、地面がかかとに与える衝撃を吸収するクッションです。 次に足の動き方・力の加わり方を見てみると、スピードの影響で足が後方に引っ張られるようなわずかな力がかかることがわかります。そして、足が自然に接地した状態からはかかと‐つま先の順に地面から離れます。再び地面を蹴る際には、かかとからつま先全体にかけて斜めの動きが加わります。これらの一連の動きをカバーするには、ウォーキングシューズのソール全体の安定性が必要です。これはランニングのようなスポーツとはまた違った、スポーツウォーキング特有の原理です。 Newfeel(ニューフィール)は、このスポーツウォーキングの原理を踏まえ、さらに活かすべく、日夜研究開発に取り組んでいます。ユーザーの願いを革新的かつ技術力のある製品として具現化し、パフォーマンス向上を応援する形で多くの感動や喜びをお届けする。そんな情熱に溢れたウォーキングブランド、Newfeel(ニューフィール)のメンズ、レディースの充実したラインナップから、お気に入りの1足が見つかりますように。       Decathlon…