Posts

「レンズカテゴリー」特徴と選び方

/
サングラスにおけるレンズカテゴリーとは? サングラスのレンズカテゴリーは、レンズを透過する光の割合を段階的に分類したものです。この太陽光がレンズを透過するパーセンテージ「可視光線透過率」は、どのレンズにも設定されています。※レンズの紫外線遮断性能を表す「紫外線透過率」、UVプロテクトレベルとは異なる基準・値です。 Decathlon(デカトロン)のサングラスはもちろん、どのレンズカテゴリーでも100%UVカット仕様。安心してご使用いただけます。 カテゴリーレベルは、5段階の数字(0~4)で表されます。数字が高いほど、レンズを通過する光が弱く、太陽が放つ光の眩しさを抑えることができるでしょう。レンズカテゴリーを選ぶ際は、サングラスの着用シーンを考慮することはもちろんですが、天候も大切な要素です。   サングラスレンズカテゴリー0   レンズの色 クリア(薄い色付または色なし) 使用シーン インドアスポーツ/夜間/悪天候(雨天/曇天) 特徴 ほこり・風からのプロテクト/反射防止コーティング加工/あらゆるシーンで視界を妨げない透明レンズ" 可視光線透過率 80~100% サングラスレンズカテゴリー1   レンズの色 クリアイエローが一般的 使用シーン 悪天候/霧/薄暗い森林でのスポーツ 特徴 コントラスト調節/眩しさ軽減" 可視光線透過率 43~80% サングラスレンズカテゴリー2   使用シーン 晴れたり曇ったりと、天気が変わりやすい環境/明るすぎることも暗すぎることもない光の下 可視光線透過率 14~43% サングラスレンズカテゴリー3   最も一般的なレンズです。 レンズの色 グレーまたはブラウン 使用シーン 晴天/明るい太陽光の下でのスポーツ 特徴 低~中標高域の陽射しが強い環境で、視界を自然な色合いへと調節するカラーレンズ" 可視光線透過率 8~17% サングラスレンズカテゴリー4   レンズの色:濃いブラウンが一般的 使用シーン 太陽光が非常に強く、強烈な陽射しや反射を受ける環境 特徴 高標高域・熱帯など極度に強い太陽光の下で、コントラスト感を補強するダークブラウンのカラーレンズ 可視光線透過率 3~8% 注意 視界および色の正確性を損なうため、運転中にカテゴリー4のレンズ入サングラスを着用することは禁止されています。   ※この記事は、フランス語および英語の原文を日本語に翻訳したものです。記載の交通規則や法律など、日本とは異なる場合があります。   スポーツにも、普段使いにも。 ▼スポーツアイウェアブランド「ORAO(オラオ)」 ▼アーバンサングラスの選び方 ▼釣りにおけるサンプロテクション   Decathlon…
, ,

“WED’ZE(ウェッゼ)”がもう10年に!

/
Decathlon(デカトロン)がお届けするスキーとスノーボードのパッションブランド“Wed'ze(ウェッゼ)”が誕生して、はや10年。しかし実際のところ、みなさまは“Wed'ze(ウェッゼ)”のことをご存知でしょうか? QUECHUA(ケシュア)の妹ブランド“WED’ZE(ウェッゼ)” 2006年秋に誕生したパッションブランド“…

スノーボードのスタンス

/
「スタンスはグーフィー?それともレギュラー?」 スノーボードを始める際のお決まりの質問ですが、どうか慌てずに落ち着いて対応しましょう。 グーフィーとレギュラーの意味、そしてどのように見分ければよいのかは、今からご説明します。 「グーフィー?それともレギュラー?」 この質問の意味は? グーフィーかレギュラーか。これは、スノーボードをする際の軸足について問われているのです。右足か?左足か?それによりスノーボード板に乗った時の方向が決まります。 “レギュラー”スタンス=左足を前にして板に乗るスタイル。 “グーフィー”スタンス=右足を前にして板に乗るスタイル。 滑るにもターンテクニックを磨くにも、どちら側の足が軸足がポイントになります。 レギュラースタンスだからといって、手が左利きだとか右利きだとかという話ではありません。実際には75%のスキーヤーがレギュラースタンスです。 どのように判別するの? 判別方法その1:グライディング フローリングまたはタイルフロアでボードに乗り、どちら側の足が自然に方向をコントロールしているかを確認します。 判別方法その2:チェア 椅子に上がる時に、どちら側の足が無意識に使われているかを確認します。椅子の上に先に乗った方が、方向をコントロールする足です。 判別方法その3:スクーター キックスケーターに乗った時には、板の上に乗っているのが方向をコントロールする足です。 【まとめ】 次の場合は、グーフィー(右足が前)がメインスタンスです。 …

クイズ!「私のスキーレベルは?」

/
どのくらいスキーができるのか尋ねられたとき、何と答えてよいのやらわかならない。それならクイズでレベル診断をしてみませんか。早速クイズスタート! 「スロープでの私」いちばんピンとくるのはどれ? …
,

雪山で目を守る対策「ゴーグル」

/
顔を覆うスキーゴーグルがお気に召さない? 雪山で目を守ってくれる大切な存在なのに…。 なぜ? どのように? 雪山で太陽から目を守らなければならないのか? 太陽を浴びると、肌は熱を増すことでその有害さを知らせようとします。しかし、目で確認することができず、目に痛みを感じることもないのが紫外線です。よくあるのが、痛みが生じたときにはすでに手遅れになっているケース。 標高+雪=目が危ない! 雪山での「標高+雪」という組み合わせが、紫外線の影響をより一層危険なものへと増長させます。海抜から1,000m上昇するごとに、紫外線の割合は10%増していきます。高いところに行けば行くほど、多くの紫外線にさらされるというわけです。 例えば、海抜高度2,500mで休暇を過ごした場合、普段よりも25%も多く紫外線を浴びることになります。 雪が紫外線の85%を反射する。 だから、たとえ傘の陰に隠れていても、曇りの日でも、目は紫外線の有害な影響を受けてしまうのです。太陽の反射対策には、スキーゴーグルがベスト。通常のサングラスと異なり、顔とゴーグルが密着するので、紫外線が入り込む隙を作りません。 そして、スキーを楽しんだ証、日焼けのあとを残してくれるのです! 雪山では紫外線から目を守らなければ、目の痛みを感じたり、老化を早める可能性も否めません。 そもそもスキーゴーグルの着用をファッションだと考えていたのなら? これからは、嫌がらず着用してください。 そして、ご自身を大切にしてください。 最近では、スキーゴーグルもウェアと一緒にコーディネートの幅を広げることができるようになりました。ファッション性の高いアクセサリーとして入手できます。 適切なゴーグルを選ぶ。 ・お子さまを快適に守るには、ゴーグルは必須です。 ・アクティビティの内容や場所、特に光の照度に合わせたプロテクション機能選びましょう。スキーゴーグルは、全カテゴリー100%UVカットです。 カテゴリー カテゴリーはSPF(サンプロテクションファクター/紫外線防御指数)を表します。 …

デカトロン チームアクティビティ レポート

/
デカトロンジャパンチーム全員でスノーシューイングに挑戦してきました! 装備を整えて、いざ出発! 雪が少ないかも・・・と少し心配していましたが、数日前の雪がまだしっかり積もってくれていました。 山を登るにつれて積雪の深さも深くなり、サクッサクッと足を踏み入れる感覚が新鮮でした。 汗をかく前にこまめに服装を調整しながら山頂付近を目指します。 道中では木々の生態や、動物たちの活動跡などを辿って自然に触れることもできます。 途中、少し開けた場所でランチタイム。 みんなで雪を踏み固めて“椅子”を作成し、積雪の段差は自然のテーブルに早代わり。ガイドさんが用意してくれるほっかほかのスープとランチに癒されました。 帰りもアクティブに下山! 所々、おしりソリを使い、滑って下山します。 心地いい風、跳ね上がる雪のしぶきが少し疲れた身体をリフレッシュしてくれます。 冬ならではの雪山アクティビティを満喫できました! 未体験の方は一度チャレンジしてみてはいかがですか? 今回は、京都北部の美山町にある「田歌舎」さんが主催するツアーに参加させて頂きました。 みなさんどうもありがとうございました! スノーシューイングを楽しむなら、Quechua(ケシュア)…
, , ,

MOUNTAIN STORE(マウンテンストア)

/
世界各地のQuechua(ケシュア)チームメンバーが集結するグローバルミーティング。年2回以上開催されるそのミーティングでは、Decathlon(デカトロン)ストアの来シーズンに向けたモデル選定が行なわれます。今回その舞台となったのが、“MOUNTAIN…

Portfolio Items