Posts

decathlon-creation

デカトロンのカレンジシューズの製品開発の風景

少し肌寒い日も増えてきましたが、運動の秋にちなみスポーツを楽しまれている方もたくさんおられるのではないでしょうか。

デカトロンは”スポーツの楽しさと恩恵を全ての人に”をミッションとし、日々製品の開発に力を注いでいます。

デカトロンでは、そんな製品の開発の様子もお客様に知っていただけるよう、動画を作成して配信しています。Youtubeや各ブランドのグローバルサイトでご覧いただくことはできるのですが、ナレーションに日本語がないのが問題でした。。。

日本公式オンラインストアのオープンのために、日本語化を進めています。今日は、そのサンプル動画をアップしたいと思います。

ランニングブランド 「Kalenji(カレンジ)」のシューズの開発の模様です。
デカトロンでは、お客様のお声やフィールドでのテストなど、実際のスポーツシーンから得られることを大切に考え、製品を開発しています。

この取り組み方はKalenji(カレンジ)に限らず、全てのデカトロンブランドに共通しています。

このようなデカトロンの取り組みを発信することで、少しでも多くの日本のお客様がデカトロン製品を通じてスポーツに触れるきっかけになっていきたいと考えています。

Follow us デカトロン と カレンジのFacebookで。

Quechua 2 seconds

ケシュアの”2 Seconds”、10年目に突入、そしてさらに進化中!

この夏、ケシュアを代表する製品の一つが10周年を迎えました。しかし、これに留まらず、ケシュアはさらに進化した”2 Seconds”をリリースします。

ハッピーバースデー、“2 Seconds”!

休みの季節には、あちこちで”2 Seconds”を見かけることでしょう。この”2 Seconds”シリーズが、今年10周年を迎えたことはご存知でしょうか? これを記念して、”2 Seconds” の発案から製品誕生至るまでの歴史を振り返る特別なウェブサイトを作りました。”2 Seconds”にちなんで、2秒のビデオメッセージを作ることができるアプリをご用意しましたので、ぜひ、皆さんの”2 Seconds”への想いをシェアしてください。

飛び出すテント

2003年、「魔法のように”ポン”と出てくるテントがあればなぁ。」と言ったお客様がいました。そんなものは夢の世界の話だと思う人もいることでしょう。しかし、ケシュアのプロダクト・エンジニアは夢を現実にしようと思いました。そして2年後、”2 Seconds”は店頭に並びました。”2 Seconds”は瞬く間に大ヒット商品となり、その後もカラーバリエーション、ベンチレーション、簡単に折りたためる構造、カスタマイズ等、様々な変化を遂げました。「私達の商品開発はユーザーの視点で、多岐にわたって行われています。だから、常に新鮮な驚きを持ってお客様に受け入れられてきたのです。」とプロダクト・マネージャーは語ります。「”2 Seconds”は誕生してから何度も生まれ変わっています。この商品は、いかに一つのアイデアが様々なアイデアを生むかということを物語っているのです。」

Quechua-tente-10ans-2seconds6

新型 “2 Seconds” – “Fresh & Black”

製品の最終モデルとして、2016年には “2 Seconds Fresh & Black”をリリースします。”Fresh”はテントの中にこもる暖かい空気を緩和する技術、そして”Black”はテントの中を今より90%も暗くする技術なので、さらに涼しい気温の中で、朝もゆっくり寝ていることができるのです。「私達が行ったテストの結果は良好です。ケシュアの製品全てに言えることですが、この製品の開発も、「テントで寝ている時に、朝日で起こされたくない。」という1人のお客様の声からスタートしました。ここでもまた、デカトロンの製品開発によって、誰かの夢が現実になったのです!

Tribord Easybreathの一番最初のデザイン画

デカトロンのデザイン

創造性の推進とイノベーション。

私たちは、お客様が求める製品をデザインします。デカトロンの製品開発は、プロジェクトグループが一丸となって取り組み、直営店やオンラインショップのお客様の動向や実際の声から生まれます。お客様の貴重なご意見が私たちの新しいプロジェクトに役立っています。

Tribord Easybreathの一番最初のデザイン画

Tribord Easybreathの一番最初のデザイン画

ユーザーの意見を反映し、デカトロンの研究開発データやエンジニアの技術を生かし、デザイナーはプロダクトマネージャーのもとでチームの意見をまとめながらプロジェクトを具体化させていきます。その後、試作品によって使い心地や機能を確認し、グラフィック画像や実物大のモデルなどを用いて製品化の判断をします。

この確認作業と改良のプロセスは製品製造時のチェックまで続けられます。150名のデザイナーは、プロジェクトの計画、プロセスや工具についてのコミュニケーションの「Hub」によって作業を管理しています。ユーザーを中心とした独創的なアプローチによってデカトロンは他には無いスポーツ用品を作ることができるのです。

※Oxylane(オキシレン)はDecathlon(デカトロン)グループの旧名称です。

Oxylane_Innovation_Awards_2014

デカトロンの製品開発

デカトロンにとって製品開発はプロジェクトの柱です。

製品開発には2つの大きな目標があります。

1) スマート・イノベーション”と称し、何よりもまずお客様にとってスポーツがより身近なものになるように努めています。お客様の中にこそアイデアの本質があると考え、使い心地のよい製品作りを目指しています。

デカトロンの能力開発センターでは、実際にスポーツをする人を観察したり、意見を聞くことで、販売員、プロダクトマネージャー、デザイナーやエンジニアたちが未来の製品を思い浮かべます。それらはすべて製品をより使い心地良く、快適で楽しみに溢れたものにするためにあります。

「2seconds tent」がその良い例です。Quechua(ケシュア)はシンプルで、誰でもあっという間にテントを設営できるという、キャンプを楽しむ人たちの夢を叶えた商品で、マウンテンスポーツ用品に革命を起こしました。そして、その勢いは今も続いています。

2) また、私たちは高価で洗練されたトップクラスの製品だけではなく、全てのカテゴリーの製品開発に努めています。なぜなら、私たちは質が良く値段も手頃な世界で最もお買い得な製品を開発し、世界中の多くの人々に私たちの製品を提供することを目標としているからです。

Tribord_Easybreath_OIA_2014

Tribord Easybreath mask – 2013年イノベーション・アワードで1位に輝きました。

私たちは、デカトロンで開発された技術についてデカトロン・イノベーション・アワードで紹介しています。イノベーション・アワードは毎年行われ、デカトロンのスタッフが、原動力である開発への情熱を体感することができるユニークな機会であり、デカトロン直営店やオンラインで販売されることになる斬新で機能的な新製品を見ることができる特別なイベントなのです。