db5a9040

ロードサイクリストの完全必需品

btwin221

前回:サイクル用のハイドレーションパックのお手入れと保管は?

サイクリングは良いにしても、家族の中にサイクリストがいない場合には、要るものと要らないもの、買うものと買わなくて良いものを判別することが難しいこともあるでしょう。

ウェア・ツール・電子機器など、この記事では必要なものを分類した上で、みなさまの適切なスタートのお手伝いをします。

db5a9040CLOTHES ウェア

サイクリングショーツ  click!

初めの数回なら、普段のショートパンツを履いてサイクリングに出かけることも可能です。しかし、そのうちすぐに普通のショートパンツがレギュラーサイクリングに最適なものでないことに気づくでしょう。サイクリングに対応していないウェアによる摩擦や刺激は、まもなく耐えがたいものに変わるでしょう。

サイクリングショーツの下にベースレイヤーを着用する必要性を感じていますか?サイクリングショーツの目的は、股の部分への摩擦や刺激を防ぐこと。そのため、ベースレイヤーなしでは擦り切れてしまいます。ベースレイヤーを着用することが、擦り切れないためのちょっとしたポイントです。

サングラス  click!

サングラスはただ太陽からのプロテクションだけでなく、走行中ハイスピードで顔面に直撃する蚊や虫などからも守る働きをします。色はあまり濃すぎないものを選びましょう。(光の条件で調節するフォトクロマティックレンズ(調光レンズとも呼ばれます。)なら、なお良いでしょう。)それなら、どんな天候にも対応可能です。

ヘルメット  click!

私は、ヘルメットをウェアに分類しています。ウェアはサイクリングに絶対的に不可欠な第2の肌のようなものと考えているため、この“アクセサリー”はリストの上位に置いています。特にスポーツとしてのサイクリングを追い求め続けたいのかが定かでないのなら、200ユーロ以上も値の張るブランドのヘルメットでのスタートはちょっと待ってください。

ロードサイクリングヘルメットは、30~50ユーロの価格帯で手軽に購入できます。ロードサイクリングに臨むなら、購入は必須です。一瞬のたった一度の転倒が取り返しの付かない損害を及ぼすこともあるのです。頭は取替えがききません。

グローブ  click!

快適さをもたらし転倒に備えるもうひとつの必須アクセサリーです。快適性の面では、初めの数週間にできるまめから手を守ります。サイクリングを始めたばかりの初心者の傾向として、ハンドルバーを強く握りすぎてしまいます。それがまめをつくる原因となります。

転倒時やハードなアスファルトの上で、手のひらへの負傷から守るのがグローブです。(個人的な経験から)傷めてしまうと苦痛を伴い、癒えるまでに結構な時間を要するものです。

シューズペダル  click!

初心者の快適なサイクリングにはプラットフォームペダルですが、ビンディングペダルならさらに快適で効率的なペダリングができるでしょう。パワー変換が向上することで、スピード感が増します。

しかし、転倒時に“ペダルが固定されている恐怖感”を懸念されているサイクリストもいらっしゃるのではないでしょうか。心配はありません。通常、転倒してしまった際は、簡単にペダルから足がはずれ落ちるでしょう。実際に(信号・停止標識などで)止まる前には足をペダルから離すことを考えれば、サイクリング専用シューズにセットするビンディングペダルの魅力がすぐにわかるでしょう。

img_001-2ACCESSORIES アクセサリー

リペアキット  click!

この他、サイクリングでの旅にマストなのが、ハンドポンプ(またはCO2カートリッジ)・スペアのインナーチューブ・タイヤレバーです。
しかし、これらのツールは使い方を知らなければ、役には立ちません。このキットを使ってタイヤを取りはずし、もう一度空気を入れる練習をしておきましょう。冬に車のタイヤにスノーチェーンをかけるように、道路脇でいざ実践となる前に予習しておくと良いでしょう。

フロアポンプ  click!

ハンドポンプは、緊急時にすばらしい役目を果たしますが、限界があります。適切な圧力ですばやくタイヤに空気を入れることのできる、より効率的なフロアポンプの持参を検討しましょう。

ポンプは、英式/仏式バルブと互換性のあるタイプを選びましょう。マウンテンバイク用タイヤにもロード用タイヤにも、空気を充填することができます。

db5a8547ELECTRONICS 電子機器

モバイルフォン・携帯電話

困った事態(ひどいパンク・チェーンの故障など)が発生した際に、外部と連絡を取るための手段として初心者に役立つ携行品です。
道に設置されている電話ボックスは、次第になくなりつつあります。あまり当てにはしないようにしましょう。

サイクロメーター

ベーシックなサイクロメーターを購入すれば、距離やスピードに関する進捗を確認することができるでしょう。心拍数モニター付モデルは、始めたばかりのサイクリストには必ずしも必要ありせん。しかし、レギュラーエクササイズとしてサイクリングを続ける予定なら、おすすめします。

◎B’twin(ビトウィン)の自転車、サイクル用品>>

◎サイクル用サングラス>>

◎B’twin(ビトウィン)の自転車アクセサリー・備品>>

◎B’twin(ビトウィン)に関する過去記事>>

ビトウィン、自転車、MTB、ロード

記事内容の提供
by デカトロンの自転車ブランド部門 ー B’twin(ビトウィン)

▼デカトロンの最新情報を発信中!
Facebook公式アカウント
・Instagram: decathlon_japan

Btwin-Bag

サイクル用のハイドレーションパックのお手入れと保管は?

btwin220

前回:サイクリストへ贈る「リカバリー」の話

ハイドレーションパックは実用性が高く、マウンテンバイクツーリング時の水分補給に欠かせないもの。そうはいっても、お手入れにはちょっと手を焼いてしまうことも。使おうと思ったのに、ハイドレーションパックにかびが生えていた!汚れていた!そうなってしまうと、もう最悪・・・・。今回はきれいに長く使うためのお手入れのコツをご紹介します。

Btwin-BagMTBの命綱、ハイドレーションパック

サイクリング用ハイドレーションパックは、マウンテンバイクを楽しむライダーの水分補給を助けるもの。クロスカントリー、ファミリーバイクライド、仲間とのエンドューロ(長距離耐久レース)。どの種目においても活躍します。

口元に置いておけるハンディチューブなら手間取らず、運動中に簡単に水分を摂ることができます。より頻繁に水を飲むことができる実用的なアクセサリーです。

しかし、すぐに不快臭がしたり、水やエナジードリンクがやや食欲を減退させるような味に変わるかもしれません。自転車用ウォーターボトルのように、ハイドレーションパックを良い状態で長く使い続けるには、ちょっと特別なお手入れをする必要があります。

Btwin-Hydrationサイクリングの度にハイドレーションパックを洗って乾かす!

衛生的に保ってカビの発生を防ぎ、エナジードリンクの味や臭いを取り去るために不可欠なポイントです。ライドに果敢に挑戦した後は、そんな気力がないこともあるでしょう。しかし、これがハイドレーションパックを良い状態に維持するための唯一の方法なのです。

ハイドレーションパックをお使いになったことがあるライダーなら、その洗浄がそう簡単でないことをおそらくご存知でしょう。細い注ぎ口から中までスポンジを通すのは至難の業。ましてや中を乾かそうなんて、これまた難しい。

それが、DIYテクニックを使えば、これらの問題も克服できるのです。
・スティックにペーパータオルを巻きつけ、中が乾燥するまでスライドさせる。
・漂白剤を数滴加えた後よくすすぎ、カビの発生やバクテリアの増殖を防ぐ。
・殺菌のため、ハイドレーションパックを冷凍庫に入れて乾燥させる。

冷凍庫に十分なスペースがあることを確認しておきましょう。サイクリングの前に取り出すこともお忘れなく!

Btwin-Hydration Bagハイドレーションパック専用お手入れキット!

もっとも簡単で、もっとも効率的にハイドレーションパックのメンテナンスをするには、専用お手入れキットを使うこと。

これらのお手入れキットには、袋やチューブの中まで届くいくつかのサイズの洗浄用ブラシがセットされています。壁にかけたまま乾燥させるこのできるハンガーもついています。ハイドレーションパックにエナジードリンクを入れた場合は、液体洗剤と洗浄用ブラシで洗いましょう。内部の水気がなくなるまで、ハンガーにかけて乾燥させます。

きれいになったハイドレーションパックを保管する場所は?

正しい保管場所を選びましょう。
高温や湿気の高い場所は避けてください。くどいようですが、完全に乾かしてから保管すること。これが重要なポイントです。

ハイドレーションパックのお手入れ不足なんかで、レースやゴール達成など、チャンスを逃さないで!洗浄・乾燥にその都度ちょっと時間を割いて、あなたのハイドレーションパックを衛生的に保ちましょう。

 

◎B’twin(ビトウィン)の自転車、サイクル用品はこちら

◎B’twin(ビトウィン)の自転車アクセサリー・備品

◎B’twin(ビトウィン)に関する過去記事

ビトウィン、自転車、MTB、ロード

記事内容の提供
by デカトロンの自転車ブランド部門 ー B’twin(ビトウィン)

▼デカトロンの最新情報を発信中!
Facebook公式アカウント
・Instagram: decathlon_japan

 

 

自転車、給水、補給、リカバリー、サイクリング、サイクル

サイクリストへ贈る「リカバリー」の話

サイクリング、サイクリスト、リカバリー

> 前回:「自分にぴったりの自転車を見つけよう」

ロードバイクでのロングライドやマウンテンバイクでのレースなど、ハードなトレーニングセッションの後は、リカバリーに目を向けましょう。

いくつかのエクササイズを自然の流れで習慣的に行うことは、サイクリングの時間と並んで重要なこと。

今回はリカバリー方法について、見ていきましょう。

 自転車、給水、補給、リカバリー、サイクリング、サイクル 食べ物と水:何がなんでもマスト

エクササイズの強度やどれくらい振りのエクササイズか、また天候や摂取した水分量によってもそのレベルは異なりますが、身体は脱水状態に陥ります。

エクササイズ中に失われた水分やミネラルを補うため、トレーニングセッションやレース前後や最中に飲み物を口にすることは、実に重要なこと。

ミネラルウォーターやスカッシュもしくは、長時間かけて少しずつ口に含むことができるアイソトニック飲料を選びましょう。トレーニングセッションやレース開始後2時間は、グルコースを補給するため、糖分を含む飲み物やスポーツドリンクを摂り入れましょう。

筋肉繊維を作り上げるためには、たんぱく質を。特にハードなエクササイズの後には忘れないようにしましょう。好みにもよりますが、食品サプリメントよりは、野菜や動物性たんぱく質。シリアルバー・ジンジャーブレッド・ドライフルーツ・レンズ豆を含む豆類・肉などを、サイクリング後により入れると良いでしょう。

自転車、給水、補給、リカバリー、サイクリング、サイクル、ペダルアクティブリカバリー:ペダルをこいで、毒素を排出

ダッシュのままトレーニングセッションを終わらせないことも実際には大切なこと。快活に脚を動かしながらも力を入れすぎない程度のリラックスしたサイクリングで、ラスト20分を締めくくりましょう。血の巡りが良くなるでしょう。

毒素を流し出すためのリカバリーセッションは翌朝に予定します。最大心拍数の60%を保てる穏やかなペースで、30分間~1時間行いましょう。

自転車、給水、補給、リカバリー、サイクリング、サイクル、ペダル筋肉のリラックス:ストレッチ、マッサージ、休息!

ストレッチはトレーニングやレース後の血行を促進し、血液からの毒素の排出を助けます。

マッサージやセルフマッサージは、体内・筋肉繊維内に生じた不要物・毒素を流しだす働きがあるため、継続されることをおすすめします。

次のポイントも忘れないでください。リカバリーには休息の時間も必要です。

トレーニングセッションが軽いものであるから、そんなにハードなものでないからという理由は関係ありません。リカバリータイムを放棄しないこと!リカバリーはトレーニングプログラムにおいて重要な位置づけにあるのです。

ハードな運動やレース中、身体や筋肉や多くのストレスに晒されています。レースの後の日常ルーティンを計画しておけば、はやい回復に繋がります。食べ物・水分・流れに任せたパッシブリカバリー・自ら積極的に行うアクティブリカバリー、すべてが回復へ向けた全プロセスに作用します。

リカバリーライドと年間充電期間

リカバリーのタイミングは、何もエクササイズ後だけとは限りません。4~5週ごとに開催される主要イベントがない各シーズン節目には、生理学的リカバリー期間を設けましょう。

例えば、トレーニング期間の最後に「絶対に自転車に乗らないリカバリーウィーク」を設定します。総リカバリー量が不十分な場合、ロングランにおいてライダーにダメージを与えてしまいます。より良いコンディションのもとで新しいフェーズでのトレーニングを行えば、もっと速度を上げて前進することができるでしょう。

年間での充電期間もリカバリーに欠かせないもの。長距離セッションの後は、心身を休ませましょう。また新たにスタートを切るためのシーズンオフは3週間程度見積もりましょう。

リカバリー不足を自覚するには?

主なものとして挙げられるのが、朝なのにレース中のような速い脈拍・続く倦怠感・睡眠障害・日中も眠くて仕方がない、などの症状です。

これらの症状が現われたら、解決策はゆっくりと身体を休ませるのみ!トレーニングを再開する場合も、ゆっくりと始めましょう。

自転車で効率的に前に進むには、身体を動かすトレーニングが必要不可欠ですが、リカバリーもまたこのトレーニングの一環としてなくてはならない要素です。リカバリーのコツさえ掴んでうまく活用できれば、もっともっと前へ、上へ飛躍できることでしょう。さぁ、あなたならこのリカバリーをどう考えますか?

◎B’twin(ビトウィン)の自転車、サイクル用品はこちら

◎B’twin(ビトウィン)に関する過去記事

ビトウィン、自転車、MTB、ロード
記事内容の提供
by デカトロンの自転車ブランド部門 ー B’twin(ビトウィン)

▼デカトロンの最新情報を発信中!

Facebook公式アカウント
・Instagram: decathlon_japan

photo-article-3-nl-mars-2

経験の浅いアーバンサイクリストにありがちなミスTOP10 – 自転車の道具箱(第4話)

photo-article-3-nl-mars

子供のころから馴染みがあり、大人になっても、そしてさらに歳を重ねても、ずっと側にある自転車。そんな1番身近で、強い味方である自転車をより楽しむためのTipsをDecathlon(デカトロン)の自転車ブランド「B’twin(ビトウィン)」のブランドサイトからご紹介します。

第4回目は「経験の浅いアーバンサイクリストにありがちなミスTOP10」というお話です。
> 第3回 室内トレーニングを楽しむ6つの方法

※本記事は、B’twin(ビトウィン)のブランドサイトで掲載した当時の記事を日本語に翻訳したものです。
日本国内及び現行の法律等への適応について保障するものではございません。

経験の浅いアーバンサイクリストにありがちなミスTOP10

「ミスから学ぶ。」

自転車に関しても、この常套手段を活用し、知識を習得することが可能です。

今回の記事では、ユーザーの教訓となるであろう、多くのアーバンサイクリストが間違いやすい共通事例を主に取り上げました。

題して「経験の浅いアーバンサイクリストにありがちなミスTOP10」。ご覧ください。

歩道でのサイクリング

photo-article-3-nl-mars-2衝突を避け、他の利用者とトラブルを起こさずにサイクリングを行なうために、車道または自転車専用レーン以外の歩道での走行はやめましょう。

※一部、極端に狭い道路などでは、歩行者の妨げにならないよう歩道での通行が認められている場合もあります。

自転車ロック・鍵の持ち出し忘れ

自転車の鍵を持たずに玄関をでてしまい、目的地に辿り着いたところでようやく、鍵がないとはっと気づく。どなたにも思い当たる節がある失敗ではないでしょうか。

対策として、ロックはサイクリング時に邪魔にならない場所を選んで、自転車に付けておきましょう。鍵は、自宅の鍵と一緒にキーリングに付けておくと良いでしょう。

冬の厚着

冬になると、風邪をひいてはなるまいと、ついたくさん着込んでしまうもの。その暖かな装いは、サイクリングが始まると一変し、暑過ぎる着ぐるみのように。身体を動かすスポーツであるということを念頭に、サイクリングに適した衣類を選びましょう。

サイクリングの途中で暑くなってきたと感じたら、少し自転車を止めて、ジャケットもしくはジャンパーを脱ぎましょう。汗まみれで目的地に到着。そんな悪夢を防げます。

自転車修理キットの携行

photo-article-3-nl-mars-3道中で何か不具合が起こった時に必要になるかもしれない。そう考えて、携帯する修理キットは必要ありません。

とはいえ、何の準備もないままに出かけて、街中で故障してしまったら、もはや楽しむどころではありません。

自宅を出発してからずいぶんと距離があり、自転車修理店も見つからなければ、なおさら途方に暮れるしかありません。

そこで、修理キットに代わるのが、新品のインナーチューブ・タイヤレバー2本・ミニタイヤポンプ(空気入れ)。バッグに常備しておけば、道路脇でインナーチューブを交換するだけで、またサイクリングが継続できるでしょう。

そうはいっても、器用なタイプではないし、インナーチューブの交換はあまり現実的でないとお考えのサイクリストもいらしゃるかもしれません。

やむを得ない場合は、次の中からより可能な方法を選択しましょう。

  • 自転車を自宅まで押して帰る。
  • 近くの自転車修理店を探す。
  • 公共交通機関を利用する。

暑い日のロングライドでの水分不足

サイクリング中の水分補給。それは、何もツール・ド・フランス(Tour de France )に出場するようなサイクリストやアスリートなど、特定の選手だけの特別な行為ではありません。たった数㎞の距離をサイクリングするだけ。それでも、水分補給をしっかりと行いましょう。

街中でのサイクリングでも、自転車にウォーターボトル用ケージを付属したり、バッグの中にウォーターボトルを忍ばせるなど、脱水対策を行いましょう。

雨対策のし忘れ

晴れた朝、自転車に乗り職場へ。それが、帰りには一転。レンコートを持ち合わせていなかったばかりに、雨に打たれながら岐路に着く。これもサイクリストによくある通勤の風景かもしれません。

与えられた選択肢は2つ。
雨を気にせず、帰宅後に待っている温かいお風呂を思い浮かべながら自宅へ向かう。
もしくは、自転車は職場に残し、公共交通機関を利用して帰る。このうちのどちらかでしょう。

自転車でショッピングに来ていることの失念

自転車で買い物に出かけた際、ショッピングに夢中になるあまりに、自転車で帰宅しなければならないことを忘れないようにしましょう。

自転車のかごを空けておくようにするか、ショッピング用バッグを用意しましょう。

道路標識の無視

サイクリングでは、他の利用者と同様に、道路標識に従わなければなりません。

許可されている乗り物の種類・交通ルール・駐車場など、道路でサイクリングを行なうにあたって、最新の道路交通法を入手し、それらを守りましょう。

権利と義務についてもよく理解しておきましょう。

暗い場所でのライトの無点灯

普段の行ないが習慣をつくります。明るい街中では、ライトの存在自体が頭の中から消えてしまっていることもあるかもしれません。

暗がりでは、常時ライトを点灯させましょう。自転車に乗るサイクリストを安全に守る、重要な習慣です。

ヘルメットなしでのサイクリング

サイクリング時のヘルメット着用は義務付けられてはいませんが、着用することをおすすめします。

ヘルメットなんて、競技に参加するサイクリストやスタントライダーだけが被るものでは?
その認識は、正しいものではありません。

DECATHLON(デカトロン)からのアドバイス:
事故を未然に防ぐため、ヘルメットを着用しましょう。一度着用に慣れてしまえば、毎回被ることが習慣化されるでしょう。

「経験の浅いアーバンサイクリストにありがちなミスTOP10」。裏を返せば、「B’TWIN によるタウンサイクルのための黄金ルール10」とも言うべき手引きです。

これらに目を通し、より責任感のある安全な、いちサイクリストとして(まだこれからというユーザーが前提です。)、サイクリングライフをもっと楽しみましょう。

※道路交通法など、最新のルールに従ってください。
※自転車の公共交通機関への持ち込みをする場合は、各交通機関の定めに従ってください。
※本記事は、B’twin(ビトウィン)のブランドサイトで掲載した当時の記事を日本語に翻訳したものです。
日本国内及び現行の法律等への適応について保障するものではございません。

この記事の原文(英語)はB’twin(ビトウィン)のブランドサイトで読むことができます。