big_8e5c070d4e1f44e5b4cb1df3f0597ab0

Quechua(ケシュア)と富士山登山! 第2話 – 「DISCOVER, EXPERIENCE」

image011

「ハイキング ダウンジャケットForclaz 900」レビュー

テスト環境:富士山5合目吉田

8月27日。

どんよりとした雲空の下、雨が降るのだろうか?と微かな心配が頭をかすめながら、5合目を出発したのが19時半。7合目に到着する頃には雨がぱらつき、気温が一気に下がり始めていました。

22時56分、8合目。降り止まぬ雨に下がり続ける気温。ここで暖かいウェアへと着替えました。小雨に見舞われながらも、1時34 分には8.5合目へと辿り着きます。この地点では、空は一転して晴れ渡り、そのままさらに上を目指して進みました。

3時間ほど登り続けて、時刻は4時04 分。ついに、富士山頂の土を踏むその瞬間。そこで私を待っていたのは、凍えるような寒さでした。

下山では、太陽の存在をそばに感じることができたものの、7合目まで降りてくる途中には、数回のスコールを体験しました。

9月3日。

この日もまた、5合目から出発。軽い雨が降っていました。澄みきった青空と景色への期待は見事に裏切られ、20時09 分、40kmの風とどしゃぶりの雨に遭遇します。

時おりのぞく晴れ間も束の間。悪天候は続き、7合目を過ぎてからはずっと、私は雨と風と行動を共にすることになります。8合目に着いたのが2時。状況が状況なため、仲間と相談した結果、5合目へと引き返すことに。

そして、6時半。無事に5合目に辿り着きました。

レビュー:

ダウン75% 、フェザー25%のコンパクトな「ハイキング ダウンジャケットForclaz 900 」。

くるくると小さく丸めると、26Lのバックパックの中へすっきりと収めることができました。

裏地にやや光沢感のあるポリエステル素材が使われていることもあり、滑りよくさっと脱ぎ着ができました。内ポケットはついていません。所持品携行に使えるのは、外側の3か所のポケットです。

取り外し可能なフードにもダウンとフェザーが入っています。頭部にそうようにぴったりとカバーします。

「 Forclaz 900」の使用最適温度は、-25℃から-20℃までに設定されています。このジャケットを着て初めて富士山頂を目指した時は、“着るタイミングが早すぎる”というミスから、8.5合目あたりまで滝のような汗をかきっぱなし、という事態を招いてしまいました。

8.5 合目以降は、強まる風と共に気温も急降下。ここからがいよいよ、このジャケットの腕の見せ所。しっかりと本領を発揮してくれました。

初登頂では、写真のように雨がパラパラと降っていました。

自然の小雨程度なら、文句なしのウォーターレジスタント仕様です。頂上に到達する頃には、ドライな状態を取り戻していました。

2度目の登山では、雨の強さがはるかに増し、このジャケットでこのレベルの雨や風に耐えられるのだろうかという不安が頭をよぎりました。しかし、そのウォーターレジスタントの性能は期待値を上回りました。

びっくりしたことに、降ったり止んだりの雨の中、4時間が経過した頃になって初めて、ジャケットに水が浸み込み始めました。Decathlon(デカトロン)では、このジャケットの防水・耐水性能に関して、ウォータープルーフではなく、ウォーターレジスタントとうたっています。そのため、これは想像もしなかった結果でした。

私と、2回目の登頂で案内を務めた登山仲間です。ご覧のように、もう濡れていますね。

多くのハイカー、特にガイドの頭を悩ませるひとつが、トランシーバーや携帯電話などの取り出しやすさです。
Forclaz 900 には外側にポケットが3つのみ。収納スペースという意味では、物足りなさを感じる場合もあるかもしれません。

そこで、私にとってのメリットを敢えてお伝えするなら、ポケットが個別にわかれていることです。ポケットの中を引っ掻き回さなくても、探したいものがすぐに見つけられますからね。

このジャケットを実際に着てみると、今までの他のウェア以上にぴたっとしているという印象を受けました。それ自体には何ら問題はありませんが、富士山のような環境でのハイクでは、重ね着は鉄則です。

このジャケットの下にさらに薄手のジャケット、その下に厚手シャツ。私はこのジャケットを重ね着の一番上に着ましたが、少し想定外でした。寒い天候の時に、アウターシェルとしてこのジャケットを着用する場合には、ワンサイズ大きめをおすすめします。

なによりも、このジャケットの暖かさは感動ものです。富士山頂で日の出を待つ時間は、最も過酷な時間。真夜中、標高3700mの地。じっと動かず、時に風に吹かれながら過ごす時間。初回ハイクでは雨に打たれてしまったにもかかわらず、身体の芯まで温まっているようでした。

ずっと降り続く雨の日の登山、このジャケットだけをアウターとして準備されるつもりなら、それはおすすめしません。あくまでもウォーターレジスタント仕様です。ジャケットの詰め物がすぐに濡れてしまいます。 そうなると、冷たさを感じさせてしまう原因になりますからね。

プラス:

  • 暖かさと、乾燥した寒い環境での耐風性。
  • 軽量でハイキングバックパックに手軽に入れておける点。
  • ウォーターレジスタントの性能が期待値を超えていた点。

マイナス:

  • ポケットのスペースが限られている点。
  • 想像以上にフィット感があるので、アウターシェルとして着用予定の場合は、ワンサイズ大きめを着用する点。

追記(2016/12/02): 本記事内の「Forclaz 900」は2015年モデルのため販売終了いたしました。同様のモデルとして現在は「TOPWARM」を取り扱っております。
Quechua (ケシュア) ハイキング ダウンジャケットTOPWARM

 

—–
◎デカトロンの連載記事
[キャンプ・ハイキング] Happy hiking!
[ランニング] Enjoy Your Run!
[フィットネス] フィットネスのプチマガ
[ウォーキング] WAKE YOUR WALK!
—–
◎デカトロンの最新情報を発信中!
899dbeb2814e407a846a65ed22cfe34a

バランス感覚を鍛えるコツとエクササイズ – フィットネスのプチマガ

domyos201

バランス感覚を鍛えるコツとエクササイズ

ひょっとして、転んだりよろめいたりしがちではありませんか?
そんなあなたにお届けすべき記事がこちら。

シンプルだけど効果的なエクササイズで機敏さとバランス感覚を身につける術を、スポーツコーチEvaが伝授します。

バランス感覚を鍛えるべき理由

身体のいくつかのセンサーがバランスを保つのに関与しています。

  • 視角
  • 内耳
  • 筋肉内および関節内にあるセンサー

これらセンサーを活用して、身体は各部位の存在位置を正確に把握します。これが固有受容感覚といわれているものです。

この固有受容感覚のおかげで、立って歩いて、そして走ることもできるのです。この能力を鍛えることで、身体から脳へと伝達される情報のスピードと質を向上させることができます。

これはスポーツと日常生活のどちらにも貢献します。また、バランス感覚を磨くことで、捻挫や転倒、その他のケガを予防することもできるでしょう。

まずはバランス感覚のテストから!

バランス感覚を次のテストでチェックしてみましょう。

  1. 片足でまっすぐに立ち、そのままの姿勢をキープします。
  2. 両目を開けた状態から、両目を閉じます。

ここで20秒バランスを保っていられないようならば、これから鍛えなくてはなりません。

達成に向けての役立つコツをご紹介します。

バランス感覚を鍛えるための役立つエクササイズ

姿勢を安定させるためには、ダイナミックにバランス感覚を鍛えましょう。そのために、ランジや片脚で立つといった筋肉のより深くまで響くアシンメトリックなエクササイズを選びましょう。

バランス感覚を鍛えるのに適切なフィットネスアクセサリー

いくつかのフィットネスアクセサリーは、バランス感覚を発達させる目的で不安定な姿勢を強いる場合があります。フィットボール・DST・バランスディスク・バランスボード。

週に3回(もしくは1日置きで)、朝にエクササイズを行うことで、急激な成長がみられるでしょう。始めるにあたって、アクセサリーの使い方を紹介したDomyos(ドミオス)Eコーチによるフリーのエクササイズビデオをご覧ください。

片側ずつ行うエクササイズの場合、リカバリータイムを設ける必要はありません。一方、同時に両足を使い、両足で立って行うエクササイズの場合は、30秒間のリカバリータイムを取るか、他のエクササイズに切り替えましょう。

フィットボール

ジムボールは、バランス感覚を磨くのに実にすばらしい方法です。
なんといっても、姿勢を整えて集中力を高めてくれるのです。

そして、より強くより柔軟な身体をつくります。

DST

DSTは、上半身と体幹の両方を強化するのに理想的なツールです。

サスペンドストラップを使っている間、常にバランスは不安定な状態になります。加えて、エクササイズをこなすのに求められる運動では、姿勢を保とうと常に安定感をコントロールしなければなりません。

これを成し遂げるには、身体を一体にして、ディープコアな部分の体幹を使います。これにより、筋肉バランスがより鍛えられ、より動きやすい身体とより強い関節へと導きます。

バランスディスク

固有受容感覚とバランスを向上させるよう専用設計されたのがバランスディスクです。(足と手を両方を使うことで)足首と手首の関節が強化され、筋肉のより深くまで働きかけます。

バランスボード

このアクセサリーは、バランス感覚の改善と関節の安定感を増すのに役立ちます。

使い方のひとつとして、ボードの端に手をつき、腕立て伏せをします。この運動が上半身の体幹にしっかりと働きかけます。肩不安定性や痛みのある方にとって、優れたエクササイズです。

さまざまなエクササイズに加えて、トレーニングの中でジャンプを取り入れることをおすすめします。

両足または片足で立つだけでなく、前後、そして左右にジャンプしましょう。

体幹を鍛える上で、動きの不安定さに打ち勝つ力を養えるでしょう。
◎この記事の原文(英語)

—–
◎今後の更新予定はこちら
フィットネスのプチマガ特設ページ

—–
◎デカトロンの連載記事
[キャンプ・ハイキング] Happy hiking!
[ランニング] Enjoy Your Run!
[ウォーキング] WAKE YOUR WALK!

—–
◎デカトロンの最新情報はここでGET!
Facebook公式アカウント
デカトロンニュースレター

e03e81c334d4453e95ae0a30ac3d76cd

チャンピオンが語る「マラソン」- Enjoy Your Run!

kalenji178

チャンピオンが語る「マラソン」

2013年のフルマラソンでフランス人ランナーNO.1に輝いたBenjamin Malaty、コルシカマラソン(Corsica marathon)における記録保持者Julien Bartoli, 国際マラソンのコーチを務めるPhilippe Propage。

「大きな違いを生み出す、ちょっとした秘訣」を、彼ら3人が語ります。

Benjamin Malaty 【マラソンタイム 2:12:00】

マラソンでは、42kmの距離とつま先に接触する際にかかる衝撃を考慮して、ハーフサイズ大きめのシューズを着用します。

各給水スポットでは、喉が乾いていなくても水分を補給しておかなくてはなりません。喉の渇きを感じてからでは遅いでしょう。

筋疲労を生じるレース中には、水分が失われます。5kmごとに少しずつ150~200ml飲むのが理想です。走っている間、飲み物をおともに。落としてしまわないように。もちろん「飲む」のは、水ですからね。

ご自身で設定した納得のいくペースで走りましょう。スタートからの数キロをうまく乗り切ることが目的です。スタートがダウンヒルの場合、ここで全力を出し切ってしまわないように気をつけましょう。前に続く道のりはまだまだ長いのです。ゆっくりとスタートを切ることで、最後の数キロがよりコントロールしやすくなるはずです。

ラップタイム(1kmごと)を均一にしましょう。前半でペースが乱れると、ゴール目前で致命的な状況を生み出します。

Enjoy your marathon!

JULIEN BARTOLI 【マラソンタイム 2:22:40】

大会前夜

緊張しないように、少なくともレース前日の夜を楽しみましょう。マラソンのスタート地点へ向かうまで、大会会場の雰囲気に包まれる時間を味わうチャンスです。

レース前日には走らないようにしています。気を引き締め、全力でレースに向かうためです。

天候を確認して持ち物を用意しましょう。万が一の変化に備えたギアも準備しておきます。GPS時計もフル充電しておきます。

大会当日

レース当日は、身体が慣れるように早起きをします。

いつもの朝食をとってください。Aptonia(アプトニア)のスーパーケーキ、チョコレートプロテインバー、ウルトラバー、バターとジャムののったパン、チョコレートミルクやハーブティーがマイスタイルです。

朝ごはんのあとは、束の間のリラックスタイム。新聞に目を通し、スポーツ欄をチェック!緊張を解きほぐすため、早めにレース会場に向かいながら朝食をしっかりと消化させましょう。

レースで着るウェアが外気温に合っているかを確認し、出発地点に移動します。

普段どおりのウォーミングアップをします。(私の場合は、20分間の軽いジョギングとさらに軽めのストレッチ。それから準備体操を行い、大会用ウェアに着替える前にダッシュ。)

さぁ、これで準備OK!

Enjoy your run!

PHILIPPE PROPAGE 【インターナショナルコーチ】

アドバイス

洗濯済で着用したことのある(シューズならなおさら)ウェアを身に着けましょう。

ゴミ袋(頭から被れるあなの空いているもの)とボトルをレースが始まるまでキープしておきましょう。大規模なマラソン大会では、スタートまでの待ち時間が長いこともあります。

レースの出だしから、トレーニングで決めたペースを保ちましょう。初めの数キロでスピードを出して“先頭集団”に入ろうとはしないようにしましょう。

スタンド(5kmごとに設置されています。)ではしっかりと燃料補給。なにもいらないと感じていても、補っておきましょう。

数分にもなってあとで響くので、補給時間は数秒にとどめる方が良いでしょう。

念のため、いつもゼリーを用意しておきましょう。レース終盤でエネルギーを補給したいとき、奇跡の打開策となることもあるでしょう。

レースの最後にやって来る苦悩に備えて心の準備をしておきましょう。最後の10kmは苦しいけれど、それを知っていることで、幾分が楽になれることもあるでしょう。

Enjoy your run!

この記事の原文(英語)

—–
◎今後の更新予定はこちら
Enjoy Your Run特設ページ

—–
◎その他のスポーツに関する記事
[フィットネス] フィットネスのプチマガ
[ウォーキング] WAKE YOUR WALK!
[キャンプ・ハイキング] Happy hiking!

—–
◎デカトロンの最新情報を発信中!
Facebook公式アカウント
デカトロンニュースレター