スポーツをもっと手軽に! 「お買い得」コーナーのご紹介 – デカトロンからのお知らせ

/
【ご案内:「お買い得」コーナー】 「前からの気になってたあのスポーツを気軽に試してみたい。」 「日々のコストはできるだけ抑えたい。」 みなさんスポーツに対する感心はとても高くても、なかなか実際に楽しむとこまで至らないことって多いのではないでしょうか? もちろん、スケジュールの都合や体調も大きな要因ですよね。 それに加えて! 必要な装備を揃えるのが手間だったり経済的負担が大きいというのも大きな要因になっていませんか? シューズが10,000円、Tシャツとパンツがそれぞれ5,000円、できればそれぞれ着替えも欲しいし…。 また、今度にしよう…。 私(担当:内田)も、幾度となく経験してきた光景です。 ですが! デカトロンならそんな心配は不要! デカトロンは、そういったご負担を少しでも減らし、誰でも手軽にスポーツを楽しめるようにすることをポリシーとしています。 さらにさらに、「お買い得」コーナーを設けており、通常でもお買い得な価格をさらにプライスダウンしてご提供しております! 旧モデルや生産終了品がメインのため、在庫限りで販売終了となってしまいますが、もちろん品質には問題ありません。 売り切れる前に、ぜひ一度「お買い得」コーナーにお越しください! ◎売り切れ御免!…

減量【男性編】

/
近頃では、体型に気をしているのはもはや女性だけではありません。男性たちも体重を気にかけ、ダイエットに関心を抱くようになっています。 その主たる理由?なんといっても、見た目でしょう! 男性の目指すところは、スマートにかっこよく見えること。 男性諸君! 少し体重を落としてかっこよく、それでいてずっと健康体でいたいとお望みなら、これからするお話にちょっと目を通してみませんか。 身体構造の違い 男性は女性よりも筋肉量が多いと言われています。具体的には、女性よりも7~8kgは筋肉の重さがあるのです。 平均として、休息状態の筋肉は1kgあたり18カロリーを1日に燃焼します。ポイントとなるのが、男性は女性よりもカロリー燃焼量が多いため、女性よりも体重を減らしやすい点です。 そして、女性よりも間食が少ないこと。 不公平なようですが、これが事実なのです! さらに、男性は上半身(腹部・顎・首)の体重が重いのです。男性の場合、ウェストサイズが37~40インチとなると、体重オーバーが考えられます。もしそれよりサイズが大きいというのなら、ダイエットを始めなくてはならない肥満の領域に達しています。 女性と同様に重要な点は、心身ともに最善の状態でいられるようバランスの良い食事を心がけること。定期的なエクササイズを行いながら、摂取カロリーを減らすことが目標です。 男性はジャンクフードを好みがちなため、そう簡単にはいかないかもしれませんが、きっとできるはずです! 健康的に食す バランスの良い食事を摂るには、複合糖質(穀類・いも類など)と植物性脂肪、たんぱく質と野菜、穀類と豆類(レンズ豆・ドライえんどう豆・そら豆・大豆など)または穀類と脂肪分の少ないたんぱく質(卵・脂肪分の少ないハムなど)を選びましょう。 男性の場合、栄養に偏りがでてしまうので、野菜食やスープダイエットはやめておきましょう。次に、食べる時間に合わせて食事内容のバランスを取ります。 きちんとした朝食 1日を清々しくスタート、そして体型維持に向けて、まずはきちんとした朝食を摂るようにしましょう。この時間はなくてはならないひと時です。 例えば、パンにバターをのせて、砂糖なしの温かい飲み物、100%フルーツジュースに乳製品なら、すばらしいメニューです。 ストイックなダイエットには、豆乳・シリアル・蜂蜜・低脂肪の乳製品・卵を選びましょう。 バランスの取れた昼食 ランチタイムにお腹がグーグー鳴ったとしても、その衝動を抑え、バランスのよい昼食を摂りましょう。 マヨネーズぬきのサンドウィッチ、脂肪分の少ないお肉と全粒粉パン。お肉と一緒に野菜、ヨーグルトと水というメニューでも良いでしょう。 料理をする時間があるなら、重いメニューは控えましょう。蒸したり、炒めたり、もしくはアルミホイルに包んでオーブン焼きで調理。 どうしてもソースが欲しいのなら、軽めのものを選びましょう。脂肪分0のチーズにチャイブもしくはレモンがおすすめです。 軽めの夕食 夕食タイムが抑制を失う瞬間であってはいけません。晩御飯は、軽めにしましょう。 寝ている間の脂肪蓄積を阻止! 魚やナッツ(クルミ・アーモンド)とお茶をいただきましょう。 料理の腕前に自信がない場合は、シンプルで手軽で軽い食事を準備するのも良いでしょう。新鮮なトマトピューレを使ったパスタにパルメザンチーズをひとふり。気に入れば、週に3回というのも悪くはないでしょう。 エクササイズ 口がすっぱくなるほど繰り返しますが、体重を減らす最良の方法はエクササイズです! お腹がぽっこり、ぜい肉がつきはじめているのなら、エクササイズがてきめんです! 腹部を鍛えるエクササイズで、すっきりとしたお腹を実現しましょう。 持久性スポーツは効率的な減量への最善策です。ランニング・サイクリング・スイミング・ウォーキングから、お好きなものをチョイス! ボディビルディングはやめておきましょう。脂肪が筋肉へと生まれ変わってしまいます。筋肉は脂肪よりも重いため、これでは一向に体重が減りません! 成功のカギを握るのは、週に2~3時間以上の定期的なエクササイズです。 成功を約束するのは、ひたむきな努力です! 衝動を抑止 ダイエット中のみなさまのモットーは“我慢”。一筋縄ではいかなくても、体重を少し減らすには対価が必要です。フラストレーション解き放つ意味でもエクササイズは素晴らしい方法です。衝動を抑えるためのコツをご紹介します。 食事の合間に空腹感を感じたり、間食の習慣がある場合には、フルーツやシリアルバーもしくはハムのようなたんぱく質を選びましょう。 外へ飲みに出かける場合、できるだけアルコールを控えましょう。かにスティックやニンジンのピーナツ添えを選びます。 パンとチーズの摂取量を減らしましょう。1日に1食に止めます。 週3回以上は焼き魚(ホイル包み)を食べましょう。ダイエットにも健康にも願ったりかなったりです! 水分をたくさん摂れば、満腹感で満たされるでしょう。 ◎この記事の原文(英語)   気になる栄養のお話 ▼ビタミンC/アスコルビン酸(AA)   Decathlon…