rain-hiking

ドライで快適にハイキングを楽しむための7つの対策

ハイキングには予想外の出来事がつきものです。とはいえ、雨に見舞われることを心配し、せっかくの素晴らしい機会を逃してしまうのはもったいないことです。ひっそりとした静かなハイキングコースを楽しみたいなら、あらゆる天気に備えたアイテムをご自身で持参することが大切です。

対策アイテムの準備はもちろん、天候は必ずチェックしておいてください。

ここでご紹介するのは、ハイキング中の突然の豪雨に備えた対策です。視界が良好でないどしゃぶりの雨の中、ハイキングに出かけることとは別問題です。視界がはっきりしない天候での出発は、Quechua(ケシュア)はお勧めしていません。

1. 雨から守ってくれるウェア

ウォータープルーフジャケット&パンツ、上下でご用意ください。一般的に、軽量でバックパックの中に携帯しやすいようにデザインされています。ふくらはぎ部分にジッパーが付いたパンツなら、ブーツを履いたままの着用も可能です。

2. ウォータープルーフブーツ

足が濡れると、ハイキングを楽しむどころか、摩擦や不快感が増していく一方です。対策として、ウォータープルーフブーツをお勧めします。もしお持ちのウォータープルーフブーツが数年前のものなら、出発日までにもう一度ウォータープルーフ加工を施してください。

3. ゲートル

ウォータプルーフ素材で作られていて、ブーツをカバーし、ドライに保ちます。

4. 傘

できれば軽量な折りたたみタイプが良いでしょう。出番は少ないかもしれませんが、雨には重宝します。当然のことながら、暴風時のご使用はお避けください。

5. ハテクノロジーウェア

暖かく、通気性が高いハイテクノロジーウェアに投資しましょう。肝心なのは、ウォータープルーフジャケットの下に、体から排出される水分を適切に外に逃すウェアを着用することです。そうでなければ、ご自身の汗でウェアの中が濡れてしまいます。

6. バックパックの保護

着替え用ウェアを用意しても、それらの入ったバックパックが濡れてしまえば、すべての努力はむなしく水の泡となってしまいます。ウォータープルーフカバーでバックパックを守ることはひとつの策ですが、必ずしも十分とは言い切れません。ウェアはポリ袋に入れてバックパックに忍ばせておけば、バックパックが濡れても安心です。

7. ウォータープルーフカバー

地図・カメラ・電話・IDカードなどの貴重品の水濡れにもご注意ください。ウォータープルーフカバーは、短時間の水にさらされても、貴重品本体への浸水を防止します。地図にウォータープルーフカバーをかけておけば、雨の中でも地図が確認できます。

 

それから、雨からハイカーを守るアイテムではありませんが、遠くからでもそのハイカーの存在を確認できるヘッドランプか複数のアタッチメントに対応するランプをいくつか持参することをご検討ください。これで、ショートウォーキング、週末キャンプ中に突然遭遇する秋雨対策は万全です。

デカトロンのストアでQuechua(ケシュア)のハイキングの商品はこちら

t1_01

Boost 700はベストバリュー

先日、Wed’ze(ウェッゼ)のスキー板「Boost 700」がフランスの業界紙で賞を獲得しました。
「魅力的な価格でありながら、安全性と快適性の両面で業界内でも特に優れている。」という評価をいただきました。

Skieur Magazineの450ユーロ以下のカテゴリで、Wed’ze(ウェッゼ)のニューモデルは注目され、高い評価を得ています。

デカトロンの製品担当者James de Saint Julienは、「高い評価を受けたことを喜んでいる。Skieur Magazineでこのような評価を受けることは、デカトロンのテクノロジーの裏付けであり、Wed’ze(ウェッゼ)のハイパフォーマンスなスキー用品を購入を促すと思う。」と述べました。

テクニカルパートナー

Franck Villemainは、デカトロンのテクニカルパートナーの1人で、15年もの間、デカトロンに携わってくれています。レベル2のナショナルスポーツインストラクターであり、Wed’ze(ウェッゼ)のみを使用し、彼の経験はWed’ze(ウェッゼ)の開発にとても役立っています。

Wed’ze(ウェッゼ)のユーザー

Boost 700にユーザーからのコメントが寄せられています。
“Boost 700はハイパフォーマンスと感覚的な反応を持ち合わせている!”
“ハードスノーでの反応がとても素晴らしい!”

James de Saint Julienは、「Wed’ze(ウェッゼ)の製品は来るシーズンで、多くのスキーヤーをハッピーにすると!」確信しています!

 

秋のハイキング3

秋のハイキング、事前準備

四季を通して、ハイキングにお出かけの際には、コースやギアの事前準備がとても大切です。

特に天気が急変しやすい秋のハイキングでは、なおさらそれらの準備が大切です。1日もしくは半日のハイキングでも、必ず天候を確認した上で、コースとギアを決定してください。

コース&天候を併せてチェック

登山活動の前には、天候を詳細に確認することが重要です。出発時の晴れ空がハイキング中にじめじめした天気に変わっていくこともあるでしょう。移り気な天気(雨・霧・風など)/気温に関する基本情報とともに、日の出/日の入時刻もご確認ください。8月末頃から日照時間はだんだんと短くなり、思っている以上に早くに日が暮れるものです。日没前に帰路に着ける計画、もしくはそれらの変化を想定した準備が必要です。

正しいコース選び

ハイキング仲間からのアドバイスは、ご自身と似た体格でない場合には、却ってトラブルの元となるかもしれません。出発前には必ず、コースの難易度を確認し、距離・高度差・標高およびその他の注意すべきスポットについて、調べておいてください。同時に、数時間から一晩休むことのできる休憩所や山小屋、施設などを必要に応じて見つけておいてください。コースに沿った場所に設けることで、効率的にハイキングを楽しめます。

ハイキングの難易度には、距離よりも高度差が影響します。難易度では、平坦なコースでの長距離ハイキングの方が、高度差の大きい短距離ウォーキングよりも下回ります。最短コースが必ずしも易しいコースとは限らないので、体験談・意見・感想を中心に多くの役立つ情報を収集してください。数日間に渡るハイキングで休憩所や施設での宿泊を検討中なら、まだ空きがあるかを確認しておいてください。

山小屋はひとたび夏のシーズンが過ぎれば、いたってシンプルです。質の高い睡眠を取るには、キャンプ同様のギア持参が必要な場合もあるため、事前に詳細を確認しておくことが大切です。お子さまと一緒のハイキングには、滑りやすく急勾配のあるコースはお避けください。お勧めは下生えエリアです。雨から守ってくれ、きのこ狩りが楽しめるコースです。

必需品&お役立ちギア

地図&コンパスは基本ですが、特に秋冬は雨や霧で標識が見づらいこともあるため、ガイドブック・GPS・スマートフォンのハイカー追跡アプリなどが活躍します。また、濡れた地面や雨に遭遇することを考慮したハイキングに強いブーツ、悪天候に対応する暖かくて通気性の良いウェアもご準備ください。その他、スティックは滑りやすい地面でバランスを保ち、ぬかるんだ道を進むのに役立ちます。(詳細はスティックに関するをお読みください。)

ハイキングを楽むためのギアはこちらでご紹介しています。

不測の事態に備えて、フラッシュライト、サバイバルブランケット、水、シリアルバーもご準備ください。当然のことながら、休憩を取るなら、痕跡は残さないようにしてください。後に訪れるハイカーにもそのままの美しい景観を共有し、動物の暮らす環境を壊さないように努めましょう。

t1_02

アジアでもデカトロン

日本だけでなく、中国・韓国・台湾・タイなど、アジアでも幅広くデカトロンは活動しています。

アジアだけでなく全てのデカトロンでは、現地出身のスタッフとフランス本社や世界各国から集まったスタッフの多国籍チームで構成されています。

今回は中国のデカトロンオフィスを少しご紹介します。

職場の中には緑がたくさんあり、まるでもう春が訪れたかのような装いです。デカトロンの自然環境に配慮する考えがここにも投影されています。中には「紙を3,000枚使用する度に、木を1本消費します」の看板も。

スタッフも緑に癒されてリフレッシュ。新たなアイデアが溢れているようです。

箱根ハイキング

山ガール×ケシュア、箱根ハイキング

箱根でQuechua(ケシュア)を体験していただきました!

Quechua(ケシュア)製品を体験しながら晩秋の箱根をトレッキングする「テント泊&ロングトレイル体験」を山とアウトドアを愛する女性のための情報サイト・山ガールネットと共同開催。富士山の絶景が望める箱根の縦走コースでは、枯葉を踏みしめながら、秋ならではのトレッキングを楽しみました。夕暮れ間際に到着した芦ノ湖キャンプ村ではQuechua(ケシュア)テント 2 SECONDS EASY 3人用を参加者自ら設営し、その簡単さに皆さんびっくり。「寒さが心配でしたが、暖かく熟睡できました」とうれしいフィードバックを頂きました。「テントは設営が面倒」と敬遠ぎみの山ガールの皆様、Quechua(ケシュア)でテント泊デビューしてみませんか。