direction_industrial

製造部門

デカトロンでは、関係者の情熱や経験はもちろん、ユーザーからの意見もすべて製品開発の基礎となっています。

1996年に作られた製造部門では、Villeneuve d’Ascq(フランス)にあるデカトロン本社で500人以上、世界の製造拠点では約2,100人が働いています。

最適な部品と設計で製品を提供するため、製造部門は各製造工程ごとにわかれています。

Villeneuve d’Ascqのデカトロン本社では毎年3,000以上の試作品が作られます。試作品の製作施設では、それぞれの製作チームが完成した試作品の出来を観察したり、部品のテストを行っています。この施設によってデザインの工程をスピーディーに進めることが可能となり、デカトロンは画期的で高い品質の製品をコストを抑えてつくることができるのです。

decathlon-research3

研究開発

デカトロンは理念に基づき、高品質で機能的な商品をより低価格で提供することを目指しています。

デカトロンの研究開発センター、製造部門、ブランドとデザイン部門は、あらゆるレベルの方のニーズにあった商品を提供できるよう日々努力しています。その理念を守るため、お客様の声に耳を傾けたり、人間の体の使い方を分析をしたり、最適な資材を探したりしながら、製造過程における全ての工程を管理しています。

decathlon_research2

1990年に最初の研究者が勤務した日から今日まで、投資が大きく増加していることがデカトロンにおける研究開発の重要性を表しています。デカトロンには、スポーツをする人々のニーズを研究するプログラムがあります。と同時にブランドが提供している技術とユーザーの期待とのバランスが取れているかもチェックしています。

デカトロンはどんな科学的なアプローチでも必要な5つのステップ(観察、理解、想像、実験、確認)を確実に実行するために、多くのリソースを投入しています。研究のためにデカトロンは50人以上の研究者を抱え、世界中の科学研究所、研究組織、大学や製造パートナーとパートナーシップを結んでいます。

この研究機関により、年間平均40件の特許を取得しています。

  page monitor

Oxylane_Innovation_Awards_2014

デカトロンの製品開発

デカトロンにとって製品開発はプロジェクトの柱です。

製品開発には2つの大きな目標があります。

1) スマート・イノベーション”と称し、何よりもまずお客様にとってスポーツがより身近なものになるように努めています。お客様の中にこそアイデアの本質があると考え、使い心地のよい製品作りを目指しています。

デカトロンの能力開発センターでは、実際にスポーツをする人を観察したり、意見を聞くことで、販売員、プロダクトマネージャー、デザイナーやエンジニアたちが未来の製品を思い浮かべます。それらはすべて製品をより使い心地良く、快適で楽しみに溢れたものにするためにあります。

「2seconds tent」がその良い例です。Quechua(ケシュア)はシンプルで、誰でもあっという間にテントを設営できるという、キャンプを楽しむ人たちの夢を叶えた商品で、マウンテンスポーツ用品に革命を起こしました。そして、その勢いは今も続いています。

2) また、私たちは高価で洗練されたトップクラスの製品だけではなく、全てのカテゴリーの製品開発に努めています。なぜなら、私たちは質が良く値段も手頃な世界で最もお買い得な製品を開発し、世界中の多くの人々に私たちの製品を提供することを目標としているからです。

Tribord_Easybreath_OIA_2014

Tribord Easybreath mask – 2013年イノベーション・アワードで1位に輝きました。

私たちは、デカトロンで開発された技術についてデカトロン・イノベーション・アワードで紹介しています。イノベーション・アワードは毎年行われ、デカトロンのスタッフが、原動力である開発への情熱を体感することができるユニークな機会であり、デカトロン直営店やオンラインで販売されることになる斬新で機能的な新製品を見ることができる特別なイベントなのです。