809875d7f153467197fe224401bde34d

雪山で目を守る対策「ゴーグル」

227-wedze_how-to-best-protect-your-eyes-in-the-mountains

雪山で目を守る対策「ゴーグル」

顔を覆うスキーゴーグルがお気に召さない?
雪山で目を守ってくれる大切な存在なのに…。

なぜ?
どのように?
雪山で太陽から目を守らなければならないのか?

太陽を浴びると、肌は熱を増すことでその有害さを知らせようとします。しかし、目で確認することができず、目に痛みを感じることもないのが紫外線です。よくあるのが、痛みが生じたときにはすでに手遅れになっているケース。

標高+雪=目が危ない!

雪山での「標高+雪」という組み合わせが、紫外線の影響をより一層危険なものへと増長させます。海抜から1,000m上昇するごとに、紫外線の割合は10%増していきます。高いところに行けば行くほど、多くの紫外線にさらされるというわけです。

例えば、海抜高度2,500mで休暇を過ごした場合、普段よりも25%も多く紫外線を浴びることになります。

雪が紫外線の85%を反射する。

だから、たとえ傘の陰に隠れていても、曇りの日でも、目は紫外線の有害な影響を受けてしまうのです。太陽の反射対策には、スキーゴーグルがベスト。通常のサングラスと異なり、顔とゴーグルが密着するので、紫外線が入り込む隙を作りません。

そして、スキーを楽しんだ証、日焼けのあとを残してくれるのです!
雪山では紫外線から目を守らなければ、目の痛みを感じたり、老化を早める可能性も否めません。

そもそもスキーゴーグルの着用をファッションだと考えていたのなら?
これからは、嫌がらず着用してください。
そして、ご自身を大切にしてください。

最近では、スキーゴーグルもウェアと一緒にコーディネートの幅を広げることができるようになりました。ファッション性の高いアクセサリーとして入手できます。

適切なゴーグルを選ぶ。

・お子さまを快適に守るには、ゴーグルは必須です。
・アクティビティの内容や場所、特に光の照度に合わせたプロテクション機能選びましょう。スキーゴーグルは、全カテゴリー100%UVカットです。

カテゴリー

カテゴリーはSPF(サンプロテクションファクター/紫外線防御指数)を表します。

  • カテゴリー1:光の照度が低いとき用。陸地でのご使用にぴったりです。白銀と表される、山地での霧や雪の日にも対応します。
  • カテゴリー2:最も汎用性が高いものの、晴れの日には向いていません。
  • カテゴリー3:晴天用。
  • カテゴリー4:標高3,500m以上の山またはスキー用。

いろいろなゴーグル

雪のスロープ上で変化する紫外線に合わせて最大限のプロテクションを実現するスキーゴーグルをご用意しています。

フォトクロミックレンズ式ゴーグル

フォトクロミック(調光)レンズを採用したゴーグルなら、紫外線に合わせてゆっくりと自動調節を行います。切替操作不要。どんな天候でも“雪のスロープのキング”でいさせてくれるゴーグルです。

レンズ取替式ゴーグル

天候やSPFに合わせてレンズを取り替えることのできるゴーグルです。

 

Wed’ze(ウェッゼ)を代表する2014年のイノベーションモデル

wedze-masque-max-edge-e-tint_en_1
MAX EDGE エレクトロフォトクロミック スキーゴーグル

Wed’ze(ウェッゼ)チームが開発した、どんな天候においても雪のスロープで終日過ごすのにぴったりのゴーグルです。LCD E-TINTエレクトロフォトクロミックのダブルスクリーンを搭載。インナーレンズが曇りを防止します。

外の光の照度に合わせて、ワンクリックでカテゴリー2から3まで対応。切替操作もしやすく、時間がかかりません。魔法のようなテクノロジーです。

白銀の世界で燦燦と輝く太陽や眩しい雪からスキーヤー守るゴーグルです。

 

 

Thierry PAULIN
プロダクトマネージャー

※この記事は、フランス語および英語の原文をもとに日本語に翻訳されています。

 

スノースポーツをもっと楽しく!アイテムの選び方・使い方をご紹介しています。

ウィンタースポーツウェアの選び方

 

Decathlon Japan 公式オンラインストア

wedze スキーゴーグル wedze スキーゴーグル

wedze スキーゴーグルwedze スキーゴーグル

cd93cecab0f849ef9e366f88c6d8deb5_12c644976c7e26430b97aa2e3b9a5fd365

 

 

1 reply

Trackbacks & Pingbacks

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *