雨のサイクリング装備

IMG_9116

サイクリングで街へ繰り出すか仕事か。予定はもうお決まりでしょうか?

悪天候だからといって、がっかりすることはありません。雨のライディングに適した装備をシンプルに整えるだけ。サイクリストを効果的に守るギアを順に見てみましょう。

サイクリングでの雨対策
ポンチョまたはウォータープルーフ仕様ウェア

DB5A4399雨のサイクリング対策の候補は、ポンチョまたはウォータープルーフ仕様のジャケット&ボトムス。用途次第ですが、どちらも活躍します。

・自転車用ポンチョまたはウォータープルーフ仕様レインケープ

ウォータープルーフポンチョの特徴は、ひざまでをカバーして悪天候から守ってくれる丈の長さと、素早い着脱が可能なワイドネック。

そして、通気性が高く、バックパックの上からでも着用できるゆったりとしたデザイン。携帯時に小さくたためるコンパクトさです。

・ウォータープルーフ仕様ジャケット&オーバーボトムス

一方、ウォータープルーフ仕様のサイクリングジャケット&オーバーボトムスの上下セット着用なら、足元までしっかりプロテクト。そのため、長距離のライディングに向いています。

首元までプロテクトする自転車用ジャケットから、足元はシューズカバーも備えたオーバーボトムスまで。さまざまなモデルを組み合わせることも可能です。

ウォータープルーフ仕様のウェアの利点は、全身のカバー範囲が広いことでしょう。

サイクリングでの雨対策+α
ウォータープルーフ仕様グローブ・オーバーシューズ・バックパック

・ウォータープルーフ仕様サイクリングバックパックとサドルバッグ

街中でのサイクリングなら、荷物の中にはショッピングしたものやノートパソコンが含まれているかもしれません。所持品を雨からプロテクトするには、防水仕様のバックパックやサドルバッグが役立ちます。

・ウォータープルーフ仕様サイクリンググローブ

冬の雨に当たると、手はかじかんでしまいます。手は元々とても繊細なうえ、サイクリング特有のスピード感が、濡れた手の凍えるような感覚をさらに強めます。

防止策には、ウォータープルーフ仕様のサイクリンググローブの着用がおすすめです。

・自転車用オーバーシューズ

足もまた雨にさらされます。水溜りを通過する際には、足から全身へと水しぶきがかかります。このようなハプニングを防ぎ、足をドライに保つギアがオーバーシューズです。

IMG_9916

▼この記事の原文(英語)はB’twin(ビトウィン)のブランドサイトで読むことができます。

 

楽しみにしていたスポーツの予定が天気予報で台無しに!?「突然の雨対策」をご紹介します。

サイクリング編

経験の浅いアーバンサイクリストにありがちなミスTOP10

室内トレーニングを楽しむ6つの方法

ランニング編

もっと楽しもう!雨のランニング4大対策

ハイキング編

ドライで快適にハイキングを楽しむための7つの対策

 

 

Decathlon Japan 公式オンラインストア

Btwin(ビトウィン) 自転車 サイクリング 防水ジャケット 300 002 300 ウィメンズ ウォータープルーフ サイクリングジャケット

Btwin(ビトウィン) 自転車 サイクリング 防水ジャケット 300 300 ウィメンズ ウォータープルーフ サイクリングジャケット001

 

10 replies

Trackbacks & Pingbacks

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *