b2e13bb36ede49f68cf1ece775b3481c

親子でウォーキング! – WAKE YOUR WALK ! (第10回/全12回)

Newfeel172

> 前回: 第9回 足首とふくらはぎのストレッチ

親子でウォーキング!

ウォーキング。
移動の手段以外に得られるものがあるなら?
お子さまの役に立つものなら?

お子さまをウォーキングに誘い、健やかな成長へのすばらしい道を歩んでもらいたいと思いませんか。もちろん、保護者であるみなさまにとっても良い面があるのです!

よりアクティブであることの重要性は?

体重オーバーや肥満は、いまや世界的に話題となっている公衆衛生問題です。そして「対処」よりも「対策」がしやすいのもこの問題の特徴です。

その原因?
子どもたちが活発さを置き去りにし、テレビ・ビデオゲーム・タブレットの前でより多くの時間を過ごす今日の座りがちな生活習慣・運動不足によるものではないでしょうか。

ハードな運動に加え、ウォーキングはお子さまにとって長期的な健康と健やかな成長を助けるすばらしい手段なのです。

子どもを非活動的にさせる原因とは?

活発さを欠くと、筋肉にかわり脂肪がついていきます。それこそが、小児肥満の問題です。

加えて、非活動的な子どもたちの場合、学校や友達・家族とスポーツを楽しむ機会を持たないのではないでしょうか。すぐに疲れてしまい、この悪循環がさらに関節・呼吸器の問題を引き起こしてしまいます。

幼少期から健康的な生活習慣を取り入れること、特にウォーキングは、これらすべての問題を遠ざける驚異の手段となるのです。

通学に歩くこと。
いつもの基本行動に、そんな簡単な方法を取り入れてみませんか。

保護者のみなさまにとっては?

これらのプラスの影響以外にも、ウォーキングはリラックス面でもすばらしい手段と言えるでしょう。

歩くときは、お子さまに関する日々の心配事・悩みは忘れましょう。ストレスを解きほぐすより手軽な方法です。

お子さまと一緒に過ごす時間。お話を聞いたり、質問をしたり、親子関係がぐっと一気に縮まる瞬間です。お子さまとのひと時は、実に質の高い有意義な時間となるでしょう。

毎日30分間で十分です。
もしお子さまが対応できそうなら、週に数回は1~2時間程度のウォーキングへと時間延長するのも良いでしょう。

忘れないでおきたい、いちばん大切なこと。
お子さまと一緒にウォーキングへち出かける際は、決して強要しないようにしましょう。「またお父さんやお母さんと一緒に歩きたいな。」お子さま自身にそう感じてもらえることが一番です。

—–
この記事の原文(英語)
◎次回: 第11回 正しい足の動きで1時間ノンストップウォーキング
◎前回: 第9回 足首とふくらはぎのストレッチ
スポーツウォーキングに関する過去記事
Newfeel(ニューフィール) のウォーキング用品のご購入はこちら

—–
◎デカトロンの連載記事
・月曜 >> ランニングを始めよう!
・水曜 >> フィットネスのプチマガ(夏号)
・土日 >> Happy hiking!

—–
◎デカトロンの最新情報を発信中!
Facebook公式アカウント
デカトロンニュースレター

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *