正しい歩き方を身につけよう。

newfeel170

ウォーキング・競歩の専門コーチJeanick Landormyが、正しい歩き方についてのコツを伝授します。

これらの基本ポイントさえ掴めば、まるで夢を見ているかのごとく、歩けるようになるでしょう。

足の動き

足を正しく動かすことは、基本です。かかとからつま先へ。つま先に力が少し加わるところで足の動きは終わります。

“スピードよりも力を加えることで、前進することを覚えておきましょう。だからこそ、ふくらはぎの筋肉を使い、つま先で力を加えるのです。”

腕を使う

“腕は受身状態ではなく、振り子のように動かすことで、ストライド(大きめの歩幅)を助けます。
腕がロープで引っ張られているかのようなイメージで、動きを行いましょう。
数分間、両脚と胸部をまっすぐにして立ったまま、腕を振ってみましょう。”

ひじを直角にして腕を曲げて、リラックスしたまま軽く握ります。

腕の動きがどれほど重要であるかを知るために、Jeanickが次の提案をしています。

“数㎞は腕をまっすぐにしたまま歩いてみましょう。それから同じ距離を、今度はひじを曲げて腕を前後に振りながら歩いてみてください。”

ウォーキングに最適な動きに調節する

繰り返し行うエクササイズです。歩く際、4~5回を20回行います。

“3ステップか5ステップごとに、歩きながらバストを左右に回転させます。回転時、腕がクロスになるように伸ばします。歩きながら元の位置に戻し、反対側も同じように繰り返します。”

スピードをコントロールする

30秒間はできるだけ速く歩き、次の2分間は自分のペースでのウォーキングを行います。5~10回、ご自身のペースで行ってください。

5分間はゆっくりとしたウォーキングでクールダウンしてセッションを終えましょう。

数回セッションを行った後はこれが自然になり、スピードアップできるようになっているでしょう。

10 返信

トラックバック & ピングバック

  1. […] ▼正しい歩き方を身につけよう。 […]

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です