randonnee-hiver-neige

新開発”Snow Contact”ソール、最大限のグリップ感を実現。

Quechua(ケシュア)が、雪原でのハイキングに特化した”Snow Contact”ソールを新たに開発しました。特徴は、最大限まで最適化したグリップ感。この新テクノロジーが生み出された背景やそのデザイン・機能など、Louise Chekroun(ウィンターフットウェア部門プロダクトマネージャー)のメッセージをご紹介します。

きっかけはスノーシューズにまつわるハイカーたちの体験談。そこから、私たちQuechua(ケシュア)チームによる“Snow Contact”ソールの開発が始まります。Quechua(ケシュア)が目指したのは、雪の上でも充分なグリップ感を保つ特別なソールでした。

その狙い通り、冬のハイキングをコンセプトにしたスノーシューズやスノーブーツに搭載したのが“Snow Contact”ソール。滑りやすい雪や氷の上でさえも確実に機能を発揮する技術的な工夫が施されました。

追求すべきは、グリップ感。

この“Snow Contact”ソールの誕生の裏には、Decathlon(デカトロン)グループにおける広範囲な研究開発の努力が隠れています。

グリップ感を向上させるたのが、最適化された5mmソール。このソールが、クランポン(アイゼンとも呼ばれています。)の役割を担います。雪の上で従来のソールと比較すれば、その優れた機能がより一層際立ちます。ソールの構成についても、ソフトで柔軟性のある素材感にこだわり、度重なる改良がなされました。その積み重ねが導いた、最大限のグリップ感。このソールには冬用タイヤと同じ原理が反映されています。

chaussure-randonnee-hiver-snow-contact_0

“Snow Contact”技術認証

さらに、一旦開発が進んだ段階で、そのデザインが確かであることを幾度となく検証しました。具体的には、長期間に渡るフィールドテストや、アイスリンク、ラボでのテストです。そして、この検証のため、ソール研究プロジェクトを補完すべく、Decathlon(デカトロン)認証基準を確立しました。

これらのテストは、デザインとパフォーマンスの関連性の研究・製品の制動係数測定基準の開発などの各種項目において、信頼性のある結果が得られるまで続けられました。こうした研究開発による技術認証を受けた努力の賜物こそが、新開発“Snow Contact”ソールなのです。

Louise Chekroun,

Quechua(ケシュア)ウィンターフットウェア部門プロダクトマネージャー。

春夏秋冬、その季節ならではのハイキングの楽しみ方。

ハイキング再開に向けての準備

秋のハイキング、事前準備

ドライで快適にハイキングを楽しむための7つの対策

冬のハイキングシューズの選び方

 

Decathlon Japan 公式オンラインストア

Arpenaz 500 ウォーム ウォータープルーフ キッズ ハイキング ブーツ003 Arpenaz 500 ウォーム ウォータープルーフ キッズ ハイキング ブーツ002 Arpenaz 500 ウォーム ウォータープルーフ キッズ ハイキング ブーツ001

5 replies

Trackbacks & Pingbacks

  1. […] ▼新開発“SNOW CONTACT”ソール、最大限のグリップ感を実現。 […]

  2. […] ▼新開発“SNOW CONTACT”ソール、最大限のグリップ感を実現。 […]

  3. […] ▼新開発“SNOW CONTACT”ソール、最大限のグリップ感を実現。 […]

  4. […] ▼新開発“SNOW CONTACT”ソール、最大限のグリップ感を実現。 […]

  5. […] そこで、Quechua(ケシュア)は、雪原でのアクティビティに特化した「SNOWCONTACT sole technology」を開発しました。グリップ感と発動力を最大限に発揮するよう最適化した構成とデザインが特長です。 […]

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *