tenue-course-a-pied-3_0

快適な走りをサポートする、ランニング専用ウェア – ランニングを始めよう! (第6回/全15回)

これからランニングを始めようと考えている方に、ランニングを始めるためのTipsをKalenji(カレンジ)のブランドサイトからご紹介します。

第3回では「ランニングシューズ選び、5つのポイント」と題して、ランニング用品の1番の基本であるシューズについてお話しました。

第6回目の今回は、シューズと並んでランニングの快適性を高めるウェアについて「快適な走りをサポートする、ランニング専用ウェア」というお話をお届けします。
> 第5回 初ランニング・再チャレンジに向けて

快適な走りをサポートする、ランニング専用ウェア

tenue-course-a-pied-2_0適切なランニングウェアの着用”。心穏やかに楽しく、そして快適なランニング時間を過ごすための大切なルールです。

ランナーをサポートする強い味方、ランニングウェアの役割と選び方をご紹介します。

“第二の肌”ベースレイヤー(レイヤー0)

快適なランニングに向けての男女共通のルールとして、ベースレイヤー(レイヤー0とも呼びます。)に、ランニングスタイルとご自身の体型にふさわしいインナーウェアを着用しましょう。

ベースレイヤーには、思わず“第二の肌”を彷彿させるデザインと機能性が兼ね備わっています。

メンズベースレイヤーは、身体にぴったりと沿うタイトフィットなシルエット。それでいて、筋肉をサポートし、ずっと暖かさを提供しながらも、動きやすいつくりに仕上げられています。生地には、通気性に優れた素材を採用。汗を外に逃し、体温調節を行います。

女性の場合は、スポーツブラを着用しましょう。サポート力の強化・動きやすさ・衝撃吸収。これらの項目に特化したテスト検証を経て、エクササイズ中の快適さを最大限に引き出しました。

摩擦防止には、通気性に優れた素材とシームレスカップを採用。ランニングという使用シーンに合うよう、着脱しやすいツイル(綾織)素材や、調節可能ストラップ付の製品も揃っています。

通年活躍するメンズベースレイヤー:
長袖/半袖タイプのTシャツ/パンツ

ウィメンズベースレイヤー:
ブラ/ショーツ

通気性に優れたTシャツ(レイヤー1)

走る時に最も重要なのが、体温を一定に、同時に肌をドライに保つこと。これは、どのようなランニング条件(ランニングの度合い・長さや天候など)にもあてはまります。

ランニング時の暖かさ・快適さを保つには、透湿性の高い素材でつくられたTシャツやトップス(レイヤー1)を着用しましょう。エクササイズ中にかく汗を効果的に外に逃し、肌をドライな状態にキープします。

コットン製Tシャツはおすすめしません。汗の吸収率が高いため、生地に滞留したその水分が肌に触れることで、肌寒さを感じさせます。

ランナー思いのウェアを。この願いを形にすべく、Kalenji(カレンジ)チームと、Decathlon(デカトロン)研究センターの温熱快適性分野の専門家による共同開発から、新たなランニング専用ウェアが誕生しました。ポリエステル繊維・エラスタン・ポリアミドで構成された特殊な生地。“暖かさは逃さず、汗を外に逃す”テクノロジーが搭載されています。

外気を遮断し、暖かさを閉じ込めるウェア(レイヤー2)

tenue-course-a-pied-3_0屋外スポーツであるランニング。環境が変化しやすいアウトドアでもずっと暖かく、快適に走り続けるためには、天候を見ながらのウェア調節が大切です。

中でも、ランニングの最中に、体温を良好に維持しつづけること。これが最大のポイントです。

対策には、透湿性・保温性を併せ持つランニングウェア(レイヤー2)を着用しましょう。外の寒さをシャットアウトし、ウェア内部の身体を暖かく保ちます。

エクササイズ時に絶えず空気を循環させながら、適度な遮断性と体温コントロールをバランス良く両立する構造になっています。

軽量感・通気性の良さ・素材の暖かさを追及したレイヤー2として、フリースジャケット、ランニングタイツ、定温トップスなど、幅広い製品が用意されています。

 

ウィンドプルーフ仕様のアウターウェア(レイヤー3)

ジョグに出かけたら、意外に風が吹いていた。よくあるシチュエーションかもしれません。

そのような場合には、ベースレイヤー(レイヤー0)や通気性の良いTシャツ(レイヤー1)に重ねて、ランニングやアウトドアスポーツ向けに開発されたウィンドブレーカー(レイヤー3)を着用すれば、ご自身を守ることができるでしょう。

ランニング用ウィンドプルーフ仕様ジャケットは、外気温ばかりでなく、風をもしっかりと遮断しながら、優れた通気性を保持。

一見、矛盾にも感じるこの性能。テクノロジー素材の進歩により、このような相反する作用を同時に実現することが可能になりました。

この他、ウォータープルーフ仕様や撥水機能を付加した、雨に強い応用モデルも展開しています。

ずっと前に見つけた、従来タイプのウィンドプルーフジャケット。防風・耐風性能だけでなく、いま一度、その通気性について、確認してみるのも良いでしょう。

身体から排出された湿気がそのままウェア内に留まった場合、その水分が身体を冷やすまで、そう時間はかかりません。

ウェア内部が汗でびしょびしょな状態でのランニング。そうなれば、暖かく心地よいランニングは、もうすでに遥か彼方。楽しさも遠のいてしまうでしょう。

ランニングウェアのお手入れ

ランニングウェアに使われているテキスタイル(ポリエステル・エラスタン・ポリアミド)は、テクノロジー・機能面だけでなく、取り扱いのしやすさも魅力です。

お手入れが簡単で、多少洗ったくらいではあまり形状変化は見られません。

30℃での手洗い、または洗濯機洗いが可能で、その後の速乾性も見逃せない特徴です。

※ラジエーター(熱交換器)の上に置いたり、タンブラー乾燥はおやめください。

▼この記事の原文(英語)はKalenji(カレンジ)のブランドサイトで読むことができます。

—–
[第7回]ランニングの季節、春が来た!
[第5回] 初ランニング・再チャレンジに向けて
ランニングに関する過去の記事はこちら
Kalenji(カレンジ)のランニング用品のご購入はこちら

—–
▼その他のスポーツに関する記事
[月曜] フィットネスのプチマガ(春号)
[火曜] スポーツウォーキングのススメ
[水曜] 自転車の道具箱
[金曜] 春のハイキングガイド

—–
▼デカトロンの最新情報を発信中!
Facebook公式アカウント
デカトロンニュースレター
0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *