座りっぱなしの危険性

24時間の中で、座って過ごす時間が大半を占める。これは心臓にとって、望ましくない状況です。

デスクワークが主体となったライフスタイルが及ぼす悪影響。ウォーキングは、そのリスクを手軽になおかつ効果的に払拭し、健康へと導きます。

座ってばかりの生活。知らぬところに、思わぬリスクが潜んでいます。

1日中、身体を動かさず、座っていることの多い日々。最小限に身体を動かし、日常生活でエネルギーの消耗しているつもりでも、実はずっと休憩しているのと大差はありません。

毎日には、もっとアクティブな刺激が必要です。

中でもデスクワークでの仕事での座りっぱなしは、心臓に大きな悪影響を及ぼします。

長時間に渡って座り続けることは、高血圧・喫煙・糖尿病に続き、循環器疾患を悪化させる、第4の危険因子とされています。

ただし、これは予防が可能です。例えば、いつでも取り組めるウォーキング。定期的にフィットネスウォーキングやノルディックウォーキングを実践すれば、今よりももっとアクティブな生活が実現するでしょう。

ウォーキングは、私たち人間にとってはことさら特別なものではなく、ごく自然なアクティビティでしょう。そして、心臓病患者をサポートする、手軽で効率的なスポーツでもあるのです。

もっとアクティブな生活に導く、3つの実践項目

1.長時間、座り続けないこと

1時間ほど座り続けると、心臓への血流量は減少します。座った時間に比例し、血流はさらに悪くなっていきます。

オフィスでの座りっぱなしには、対策を講じましょう。立ち上がったり、少しでも動くように意識すること。ウォーキングならではのプラスの影響が期待できます。

  • エレベーターの代わりに階段を使う。
  • 自分の席に座ったままのEメール送受信から、離席して同僚と顔を合わせてのコミュニケーションへ。
  • 1時間ごとに5分間の休憩を取り入れる。

1時間おきに5分間のウォーキングを導入するだけで、動脈の機能を活性化し、血流を良好に促します。

24時間のうちの座る時間と、早死にリスクの関連性を見てみましょう。

1日4時間を基準とした場合、倍の時間である8時間を座って過ごすと、早死にリスクは15%上昇します。11時間まで長くなると、そのリスクは40%まで跳ね上がります。

2.“1日1万歩”の実践

A地点からB地点へ、移動はもっとアクティブに。可能な限り歩きましょう。

健康であり続けるための目標は“1日1万歩”です。毎日、歩数計を身につけると、その数字を見るのが楽しみとなり、もっと歩きたくなるでしょう。

3.ウォーキングなら、あっという間に達成できる30分

普段の歩行を基本とし、追加で豊富なセッションが選択できるウォーキング。至ってシンプルで、馴染みやすいスポーツと言えるでしょう。

まずは、ウォーキングに適したシューズを用意すること。座りっぱなしのリスクに立ち向かい、心筋を鍛えましょう。

この他、体重の減少・生活の充足感など、持久性スポーツ特有のプラスの影響をも同時に享受できるでしょう。

この記事の原文(英語)

 

オフィスで、ランチタイムに。日常に活用できるエクササイズをご紹介しています。

美しいボディを手に入れませんか?

フェイシャルヨガでお肌を若々しく!

ランチタイムの1時間でフィットネス

 

Decathlon Japan 公式オンラインストア

e3ed6ecbc42341f18d26fda68066c180 356a5c619b974af5a2ed047dcf9e72a5_8

 

 

17 返信

トラックバック & ピングバック

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です