冬のハイキングシューズの選び方

雪・ぬかるみ・雨・氷結などが待ち受ける冬のハイキング。適切なシューズがないことには始まりません。今回は、冬のハイキングシューズに関する大切なチェックポイントをいくつかご紹介します。オールテレインで心置きなくハイキングを堪能する秘訣をお届けします。

ウォータープルーフ

ウォータープルーフ仕様でないシューズは、どんなに暖かくても着用は考えもの。
Quechua(ケシュア)では、ウォータープルーフ性能の評価試験に実際の動きを取り入れ、検証をしています。その結果、ウォータープルーフレベルは次の3段階に振り分けられます。
2,000 flexes(約2時間のウォーキングに相当)
4,000 flexes(約4時間のウォーキングに相当)
8,000 flexes(約8時間のウォーキングに相当)

各シューズのテクニカル情報(ウォータープルーフ性能)は、Decathlon Japan 公式オンラインストアの各製品ページにてご確認いただけます。

温度

動いている時と止まっている時とでは、温度差が生じます。着用しているシューズが暖かすぎると、ハイキング時にシューズ内に湿気がこもりやすく、足はムレた状態になってしまいます。歩む足を止めた途端、その水分は冷たく変化していきます。この点を考慮し、ご自身のアクティビティにふさわし
いシューズを選びましょう。

一例ですが、岩場を登るようなコースには、暖かすぎるシューズは避けるのが無難でしょう。

ソール

ソールは、地面に対して足をサポートする大切な役割を担います。ソールがあまりもフラットなものは、凍った場所や激しく雪が舞う状況下では転倒の危険性も考えられます。そのため、冬のアウトドアシューズ選びにおいては、スタッドのサイズ・構成が重要なポイントとなります。グリップ感を決めるのが、ソール構成。それに加え、長め(約5mm以上)のスタッドなら、ソールのグリップ力はさらに高まるでしょう。

 

そこで、Quechua(ケシュア)は、雪原でのアクティビティに特化したSNOWCONTACT sole technologyを開発。グリップ感&駆動力を最大限に発揮できるよう計算しつくした構成とデザインが特長です。

その他の対策

ソックスはウール。快適さと暖かさを保ちます。
お持ちのハイキングシューズがウォータープルーフ仕様でなければ、シューズの上にゲートルを履くのもひとつの手です。水からシューズを守ります。
フラットソールには、シューズの上からスタッドを被せて使用します。タイヤにスノーチェーンをプラスするのと同じ原理です。

以上の対策を整えた後は

息をのむほどの美しい雪景色を堪能しましょう!

 

春夏秋冬、その季節ならではのハイキングの楽しみ方。

ハイキング再開に向けての準備

秋のハイキング、事前準備

ドライで快適にハイキングを楽しむための7つの対策

新開発“SNOW CONTACT”ソール、最大限のグリップ感を実現。

 

Decathlon Japan 公式オンラインストア

Arpenaz 100 High Warm Men's Hiking Waterproof Boots001 Arpenaz 100 High Warm Men's Hiking Waterproof Boots002

7 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です