プロとのコラボレーションから生まれた“ロードバイクシューズ AEROFIT 700”

できるだけたくさんの人々にサイクリングの楽しさを実感してもらいたい。これが私たちB’TWIN(ビトウィン)の願いです。しかし、そればかりではありません。最新技術を駆使したよりテクニカルな製品をお届けすべく、B’TWIN(ビトウィン)は日々開発に取り組んでいます。プロ仕様のシューズをお手頃な価格帯で提供することは、大きなチャレンジです。しかし、B’TWIN(ビトウィン)チームは、ブランドのテクニカルパートナーであるJean-Christophe Péraud(カタカナでジャン=クリストフ・ペローと表記されることもあります。)とNans Petersとのコラボレーションにより、“ロードバイクシューズ AEROFIT 700”の製品化を成功させました。

テクニカルパートナーとして、実に頼もしいこの2人。Jean-Christophe Péraud は、2014年のTour de France(ツール・ド・フランス)で2位の座を獲得しています。オリンピックのクロスカントリーの種目では、準優勝に輝きました。一方のNans Petersは、 Chambéry U23でのstagiaire(インターン)を経て、AG2R La Mondiale pro チームへの移籍が決まっています(2017年加入予定)。B’TWIN U19 RT プロジェクトに参加した2008年以降、ずっと製品開発に関わってきた選手です。サイクリングを本業とするこの2人の経験を通じ、B’TWIN(ビトウィン)はユーザーのみなさまへサイクリングをより楽しめる製品をお届けしています。

どのようにロードバイクシューズが開発されるのか?

「丸2年はかかります。」ロードバイク専用シューズの開発について、B’TWIN(ビトウィン)のシューズ部門のプロダクトマネージャーであるEric Bastinは、このように説明しています。サイクリングシューズのデザインを始めるにあたって、まずは自転車に乗った時の靴の状態をじっくりと観察したうえで、ユーザーがどのように靴を使っているかを研究します。その後からが、デザイナー・プロダクトエンジニア・コンポーネントエンジニアたちの腕の見せ所です。サイクリストの期待にいつもベストで応えられることを目標に、製品をつくり込んでいくのです。「テクニカルパートナーは、いくつもの異なるサンプルを試していきます。自転車を専門とするテクニカルパートナーと共に開発を進めるからこそ、情熱に溢れたユーザーのみなさまの高いニーズにも対応することが可能となるわけです。年間30,000~40,000kmもの距離を走行するプロのサイクリスト。誰よりもはやく製品の改善ポイントを見抜く鋭い目を持つ彼らですから。

同時に、開発費用も見直します。そうすることで、ユーザーが望むレベルをクリアしながらも、性能と価格のバランスがとれたテクニカルな製品を市場に送り出すことができるのです。」

JEAN-CHRISTOPHE PÉRAUDとのコラボレーションで開発された“ロードバイクシューズAEROFIT 700 ”の技術的特長は?

カーボンと複合繊維をブレンドしたソール。厚みを増すことで、快適性を向上させました。異なる素材をミックスしたこのソールは、100%カーボンと比べると、20gほど重くはなりますが(シューズの総重量:280g/サイズ8½の場合)、さらに丈夫にさらに長持ちするようできています。かたさへの影響はありません。ブラインドテスト(目隠しテスト)では着用時の感覚について、100%カーボン製とこのブレンド素材のソールの違いをテクニカルパートナーも言い当てることはできなかったのです。

アッパーは3層で構成されています。伸びてしまったり、生地がやわらかくなり過ぎる課題は、この構造のおかげで解決しました。

留め・調節機能としては、足の前の方の面ファスナーと、ATOPダイヤルシステムの両方を採用しています。軽やかでよりフィット感のある履き心地を実現しました。つま先周辺には、目打ち加工を施しました。通気性を高め、暑苦しい天候の時でも、足を涼しく靴の中を快適に保てるよう配慮しています。

これらのすべての特長は、B’TWIN(ビトウィン)のデザインチームとJean-Christophe PéraudとNans Petersが一丸となって、ひとつひとつ積み上げてきたものです。そして、それはうれしい評価へと繋がりました。「Cycling Weekly(2015年11月)」において、“サイクリングシューズAerofit 700”は10/10のハイスコアを獲得しました。Jean-Christophe Péraudが着用するこのモデルは、黒と白の2色展開で2月末から発売開始予定です。

プロライダー仕様のリミテッドカラーは、2016年の期間中オンラインのみでの限定販売を予定しています。左がピンク、右がブルーのB’TWIN RACING TEAMバージョンです。

 

※この記事は2016年2月にブランドサイトに掲載されたフランス語/英語の原文を日本語に翻訳したものです。製品の販売時期・仕様・価格は、予告なしに変更されることがあります。また日本国内での取り扱いについても、記事に記載の内容と一部異なる場合があります。詳細はDecathlon Japan 公式オンラインストアヘルプセンターまでお気軽にお問い合わせください。

 

サイクリングブランド「B’TWIN(ビトウィン)」の製品開発とパートナー

B’TWIN(ビトウィン)が、サイクリングチーム「THE FRANÇAISE DES JEUX (フランス宝くじ公社)」のパートナーに。

B’TWINとFDJの共同開発ストーリー

 

Decathlon Japan 公式オンラインストア

※画像をクリックすると、製品ページに移動します。

4 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *