ブーツのウォータープルーフ性能を維持する方法

ブーツのウォータープルーフ性能を維持する方法

ブーツの水密性を保証しているのは、ウォータープルーフ加工や通気性の良いメンブレン(被膜)などブーツ自体のデザインによるものか、ウォータープルーフレザーのような構成からなるものです。

いささか扱いにくい側面も併せ持つウォータープルーフブーツ。しかし、防滴加工を施すことで水を弾く性能を向上させることも可能です。いわゆる“防水”スプレーをシュっと吹きかけるのです。

ブーツ生地に水分が浸み込むのを防止。水の吸湿を抑え、その効果をより長く保ちます。

レザーブーツなら、ウォータープルーフのクリームを使って、フットウェアが濡れないよう、そして雨染みができないように対策しましょう。

 

   Quechua ハイキングブーツ/シューズ ウォータープルーフQuechua ハイキングブーツ/シューズ ウォータープルーフQuechua ハイキングブーツ/シューズ ウォータープルーフ
3 replies

Trackbacks & Pingbacks

  1. […] ▼ブーツのウォータープルーフ性能を維持する方法 […]

  2. […] ▼ブーツのウォータープルーフ性能を維持する方法 […]

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *