877217a78044487bbb35b49a6820dccc

ブーツのウォータープルーフ性能を維持する方法 – Happy hiking!(第12回)

Quechua130

> 前回: 第11回 正しくハイキングシューズを履くコツ、ひもを結ぶコツ

ブーツのウォータープルーフ性能を維持する方法

ブーツの水密性を保証しているのは、ウォータープルーフ加工や通気性の良いメンブレン(被膜)などブーツ自体のデザインによるものか、ウォータープルーフレザーのような構成からなるものです。

ウォータープルーフブーツがいささか扱いにくいものだとしても、防滴加工により水を弾く性能を向上させることができます。いわゆる“防水”スプレーをシュっと吹きかけるのです。

ブーツ生地に水分が浸み込むのを防止。水の吸湿を抑え、その効果をより長く保ちます。

レザーブーツなら、ウォータープルーフのクリームを使って、フットウェアが濡れないよう、そして雨染みができないように対策しましょう。

—–
—–
◎デカトロンの連載記事
・月曜 >> Enjoy Your Run !
・金曜 >> WAKE YOUR WALK!
—–
◎デカトロンの最新情報を発信中!
0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *