ビギナーガイド:シュラフ

ビギナーガイド:シュラフ

シュラフの長さは身長に合わせて選びましょう。

キャンプをこれから始めようと初めてシュラフを買ったときのこと。何を探せばよいのかまったく検討もつかず、単純に自分が買える一番コンパクトなシュラフを選んだのです。

コンパクトサイズはいくつかの場所を巡るのに便利ではあったものの、暖かい気候で使用するデザインでした。ひどく寒く、快適とは程遠い夜を過ごしました。この経験が後のシュラフ選びの教訓となりました。

温度

身体を適温に保つことは、快眠に欠かせない要素です。体温は、気温とシュラフの遮断性に左右されるのです。

シュラフ選びのスタート地点は、想定される夜の温度を考慮すること。このポイント押さえておけば、夜中ずっと心地よくいられる温度の範囲に応じてシュラフを選ぶことができるでしょう。

ヨーロッパでは、シュラフが欧州基準EN 13537で定められた遮断性能を満たすどうかテストしています。このテストでは、各シュラフに対して、上限・快適・下限・極限という4段階の温度範囲が設定されます。

シュラフ選びでは、夜に体験するであろう温度に近い範囲が快適温度として設定されているものを選ぶのがベストです。夜の温度が8~12℃の間なら、快適温度範囲として10℃が設定されているシュラフが理想です。

Quechua(ケシュア)のシュラフの場合、下限温度は快適レベルを5℃下回ります。下限温度以下に温度が下降するようなら、下限温度範囲の異なるシュラフを使うか、暖かくするためにシーツやブランケットを重ねるのが最善策といえるでしょう。

長さ

シュラフの長さもいろいろです。適切なモデルを選ぶには、ご自身の身長を考慮する必要があります。

ミニマムサイズは、最低でもご自身の全身を覆える身長分。大きすぎると、その分内部の空間も大きくなり、身体を温めることが難しくなります。シュラフの理想の長さとしては、身長より少しだけ大きめくらいを目安にしましょう。

コンパクトさと重さ

シュラフのコンパクトさと重さは、トレッキングやトラベル派の方にとっては特に重要な項目です。

そのような場合は、より小さくより軽いシュラフがより便利。しかし、暖かい温度に合わせてデザインされたシュラフは、一般的により薄くより軽く、コンパクトなサイズになっています。

これらの要素は重要ではあるとはいえ、快適温度での睡眠を犠牲にはしたくはないでしょう。それなら、まずは適切な温度を見定めましょう。

それを軸に、コンパクトさや重さなどの追加項目も視野に入れながら検討しましょう。

フードの有無

シュラフにはフード付のものとフードなしのものが存在します。フードがあれば頭部のクッションとして便利です。枕なしでも眠ることができるでしょう。

最終的には個々の嗜好に合わせて、より快適に眠りにつけるデザインを選ぶことになるでしょう。

ジップ

シュラフには左右のシップがついています。しかし、自分ひとりで使おうとお考えの場合には、この項目はさほど意味をなしません。左右のジップは誰かと一緒に2人で眠りたいときに、繋げることが可能です。

その場合には、左ジップのシュラフと併せて、右ジップの別のシュラフも選びましょう。

まとめ

シュラフ選びの際、まずは快適温度と想定される夜の温度を見比べましょう。

次に、適切なサイズを見極めます。

その後は、サイズのコンパクトさ・重さ・予算などのポイントで絞り込みまましょう。

この記事の原文(英語)

 

キャンプ、ハイキングのためのビギナーガイド

ビギナーガイド:ファミリーテント

シュラフの選び方・使い方・お手入れなどのアドバイスをお届けしています。

選ぶべきシュラフ(寝袋)

寒さ知らずのシュラフ泊、5つの対策

シュラフのお手入れ

 

Decathlon Japan 公式オンラインストア

Quechua シュラフ/寝袋/スリーピングバッグ Quechua シュラフ/寝袋/スリーピングバッグ Quechua シュラフ/寝袋/スリーピングバッグ Quechua シュラフ/寝袋/スリーピングバッグ

Quechua シュラフ/寝袋/スリーピングバッグ Quechua シュラフ/寝袋/スリーピングバッグ Quechua シュラフ/寝袋/スリーピングバッグ Quechua シュラフ/寝袋/スリーピングバッグ

9 返信

トラックバック & ピングバック

  1. […] ▼ビギナーガイド:シュラフ […]

  2. […] ▼ビギナーガイド:シュラフビギナーガイド:ファミリーテント […]

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です