aa7ff945199e41d2bd35414d68fba18e_1

Domyos(ドミオス)エクササイズビデオ:ジムボールベース – フィットネスのプチマガ(春号:第5号/全8号)

conseils-yoga-exercice-exercices-video-base-gymball-header

第5号となる今回は、ジムボールとそれを固定するジムボールベースを使ったエクササイズを動画で解説いたします。

解説テキストに合わせ動画もご覧ください。
> 前回:第4号 ジムボールに座る、5大メリット

Domyos(ドミオス)エクササイズビデオ:ジムボールベース

Domyos(ドミオス)がお届けするジムボールベースは、ご使用中の安定感により配慮したデザインが特長です。

Domyos(ドミオス)クラブのスポーツコーチと連携し、腹筋・太もも・大臀筋の強化とバランス感覚の向上を目的に作られた豊富なエクササイズビデオをご覧のうえ、安全にボディを整えるジムボールベースの効果的な使い方をご確認ください。

効果的なエクササイズに向けて、いずれのエクササイズもレベルに応じた30~45分の構成となっています。

エクササイズの主な目的は、筋肉の強化です。異なる複数のエクササイズを取り入れることで、各筋肉に働きかけます。

安全のためにお守りください。
:このエクササイズを行なう際には、背筋をまっすぐにし、通常どおりの呼吸を行なってください。

1.コアマッスル(難易度★)

対象部位:
腹筋

エクササイズの実践:
床にひざをつける姿勢からのスタートです。

ジムボールの上に、左右の前腕(ひじから下)を乗せます。

脚をまっすぐに伸ばし、その姿勢のまま15秒数えてください。

その後、スタートの姿勢に戻ります。

呼吸法:
エクササイズ中は、通常どおりに呼吸を行なってください。

セット数:
レベルに合わせて、15秒のエクササイズを2~3セット行なってください。

1セットごとに15秒の休憩を挟んでください。

2.大臀筋(難易度★)

対象部位:
太もも・大臀筋

エクササイズの実践:
ジムボールに横向きに寄りかかり、片ひざは床につけて、もう片方の脚は外側にまっすぐに伸ばします。

脚を持ち上げ、その後、スタートの姿勢に戻ります。

一連のエクササイズを終えたら、もう片側の脚で同様に行なってください。

呼吸法:
脚を持ち上げながら、息を吸ってください。

それから、その脚を床に下ろしながら、息を吐いてください。

セット数:
レベルに合わせて、15秒のエクササイズを2~3セット行なってください。

1セットごとに30秒の休憩を挟んでください。

3.リラクゼーション(難易度★)

エクササイズの実践:
両足を床につけたまま、ジムボールの上に正面から身体を倒す姿勢からのスタートです。

ジムボールを包み込んだ状態で、15秒数えてください。

その後、スタートの姿勢に戻ります。

呼吸法:
エクササイズ中は、通常どおりに呼吸を行なってください。

セット数:
15秒のエクササイズを2セット行なってください。

4.リラクゼーション(難易度★)

エクササイズの実践:
ジムボールにの端に腰掛ける姿勢からのスタートです。

ひざを直角に曲げ、骨盤とひざが同じ高さになるようにします。

ジムボールに背面からもたれかかるように身体を倒していきます。この状態のまま、15秒数えてください。

その後、スタートの姿勢に戻ります。

呼吸法:
エクササイズ中は、通常どおりに呼吸を行なってください。

セット数:
15秒のエクササイズを2セット行なってください。

5.コアマッスル(難易度★)

対象部位:
腹筋・太もも

エクササイズの実践:背中を床につけた姿勢からのスタートです。ジムボールは脚元にセットします。

両脚をまっすぐに伸ばし、かかとをジムボールに乗せます。

腕は身体に沿わせて伸ばしてください。

太ももを引き上げ、その後、スタートの姿勢に戻ります。

呼吸法
太ももを引き上げながら、息を吸ってください。

それから、息を吐きながら、スタートの姿勢に戻ります。

セット数:
レベルに合わせて、15秒のエクササイズを2~3セット行なってください。

1セットごとに30秒の休憩を挟んでください。

6.コアマッスル(難易度★★)

対象部位:
腹筋・肩

エクササイズの実践:
ひざと手を床につく姿勢からのスタートです。

両脚を伸ばし、ジムボールの上に乗せます。

腕をまっすぐにし、その状態のまま15秒数えます。

その後、スタートの姿勢に戻ります。

呼吸法:
エクササイズ中は、通常どおりに呼吸を行なってください。

セット数:
レベルに合わせて、15秒のエクササイズを2~3セット行なってください。

1セットごとに15秒の休憩を挟んでください。

7.バランス(難易度★★)

エクササイズの実践
ジムボールの正面に立つ姿勢からのスタートです。

背筋をまっすぐに伸ばした状態で、ジムボールの上にひざを乗せ、両手を合わせます。

その状態のまま15秒数えてください。

その後、スタートの姿勢に戻ります。

呼吸法:
エクササイズ中は、通常どおりに呼吸を行なってください。

セット数:
レベルに合わせて、15秒のエクササイズを2~3セット行なってください。

1セットごとに15秒の休憩を挟んでください。

この記事の原文(英語)はDomyos(ドミオス)のブランドサイトで読むことができます。

—–
第6回 ストレスの管理
第4号 ジムボールに座る、5大メリット
フィットネスに関する過去の記事はこちら
Domyos(ドミオス)のフィットネス用品のご購入はこちら

—–
▼その他のスポーツに関する記事
[火曜] スポーツウォーキングのススメ
[水曜] 自転車の道具箱
[金曜] 春のハイキングガイド
[土日] ランニングを始めよう!

—–
▼デカトロンの最新情報を発信中!
Facebook公式アカウント
デカトロンニュースレター
0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *