クライミングシューズの選び方

HOW TO CHOOSE CLIMBING SHOES

クライミングギアを選ぶ際に頭を悩ませる存在のひとつ、クライミングシューズ。モデルの数も多く、特徴もさまざまで・・・。しかし、ほとんどのモデルに備わっている典型的な特徴は同じ。その機能・性能には「柔軟性のあるアッパーと、滑らかながらもグリップ力のあるソール」が謳われていることでしょう。

この点を踏まえて、その他の特徴の違いを見てみましょう。

シューズの着脱・ホールド方法

靴ひもで締めるタイプ、または面ファスナーで留めるタイプ。靴ひも(シューレース)なら、シューズのサイズにそった、より確かなフィット感が得られるでしょう。一方で、すばやく履いたり脱いだりができる面ファスナーなら、インドアやショートルートに活躍します。さらなる選択肢として、伸縮バンドの付いたスリッパ(スリップオンまたはスリッポンと呼ばれることもあります。)タイプもご用意しています。

capture_decran_2016-03-09_a_10.31.32

左から:靴ひも(シューレース)タイプ/面ファスナータイプ/スリッパタイプ

ソールのかたさ

柔軟性に優れたソールは、インドアクライミングやボルダリングに適しています。まるで壁に吸い付くようによじ登っていくダイナミックなクライミングへと導いてくれるでしょう。これに対し、クラッグ(岩場)やマルチピッチルートでの登攀なら、足元にはかためのソールを。小さなエッジを押し登っていくクライマーをサポートします。シューズのソールの柔軟性/剛性については、どちらか一方に優劣をつけるようなものではありません。ソフトなものから、多目的仕様の適度なもの、相当ハードなものまで、用途に合わせての使い分けが可能です。

capture_decran_2016-03-09_a_10.31.37

左から:ストレートソール/アシンメトリカルソール

シューズの形状

クライミングシューズには、次の3種類があります。

フラット:足の骨格に合うように配慮した、従来からの形状です。

ダウントゥ:推進時とホールド時の動きを計算したデザインです。プッシュ力とグリップ力の向上を目指し、足に加える力加減が調整しやすいよう作られています。

ダウントゥ(アグレッシブ):デザインのベースは、ダウントゥ。アーチがややきつくパワーアップしたバージョンです。よく見かけるのが、ポインテッドトゥ(つま先の裏がわずかに下向き)を採用したモデルです。

フラットなロックシューズは初級/中級クライマー向に、ダウントゥは上級者向にデザインされています。

chausson_uk

左から:フラット/ダウントゥ/ダウントゥ(アグレッシブ)

 

 

クライミングの「Simond(シモン)」の成り立ちと今(2017年2月時点)。

シモンの歩み

MOUNTAIN STORE(マウンテンストア)

SIMOND(シモン)の工場

クライミングギアの選び方

クライミングヘルメットの選び方

カラビナの選び方

 

Decathlon Japan 公式オンラインストア

models

左から:初級(フレンチグレードF3a~F5a)向/中級(フレンチグレードF5b~F6b)向/上級(フレンチグレードF6b以上)向。

 

5 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *