ウィンタースポーツウェアの選び方

ウィンタースポーツウェアの選び方

いまや世代を問わず、あらゆる層に人気のウィンタースポーツ。山間部の天候にしっかりと対応したウェアを選んで、雪山の魅力を存分に楽しみませんか。

撥水・透湿・保温など、いくつもの機能を備えた新しいハイテク素材が、寒さ・雪からプロテクト。もちろん、着心地の良さとスタイリッシュなデザイン性も兼ね備えています。Novadry/Gore-Tex/Thinsulateなど、スノースポーツ愛好家思いの新テクノロジーが多数採用されています。

ウィンタースポーツウェアの着こなし術

寒さ・水分・転倒からのプロテクト

  1. ムレ防止の保温アンダーレイヤー
  2. フリースウールの保温レイヤー
  3. 透湿・防水レイヤー

bien-s-habiller-en_1

3枚重ね着(3層構造)

暖かさと快適さを両立する定番の「3枚重ね着」。

密着アンダーレイヤー第2の肌bien-s-habiller-couche-seconde-peau

肌に直接触れるアンダーレイヤー。その目的は、汗を外に逃がして速乾、快適でドライな着心地をキープすること。そのためには、水分を吸収できるようゆったりめではなく、身体にしっかりとフィットするサイズを着用します。

長袖または半袖、タートルネックまたは襟なしなど、選択肢も充実。アウターボトムスの下に着用するなら、体型になじむ綿やシルク素材のレギンスをおすすめします。

遮断レイヤーbien-s-habiller-couche-isolante

暖かな空気で身体を包み込み、外気を遮断するようデザインされています。生地の厚みは、天候次第。ウール・中綿・フリース・ソフトシェルなど、種類も豊富なアンダージャケットです。

保護レイヤーbien-s-habiller-couche-protectrice

密着レイヤーに遮断レイヤー、そして最後は撥水加工が施されたこの保護レイヤーで、どんな天候からもプロテクト。寒さ・風・雪対策には、フード付ジャケットやアノラックが理想的です。

冷気を内部に取り込まないようデザイン細部にまでこだわり、袖口とスノースカートに伸縮性を備えています。(一部モデル除く。)

ボトムスには、転倒時でも雪が侵入しないスキースーツ、実用性の高いパンツが用意されています。

雪のスロープを楽しむには、その他アクセサリーのご準備もお忘れなく!
グローブやミトン、帽子やバンド、イヤープロテクター(耳あて)。

そして、ブーツと呼んでしまいたいほどに大きくて暖かなフットウェア(スキーソックス)をプラスし、フル装備で出かけましょう。

WED’ZE(ウェッゼ)のポイントアドバイス

ウェア素材の透湿性は、g/sqm/24hで表されます。適度な放湿性が認められる目安値は、8,000g/sqm/24h以上です。

ウォータープルーフの試験基準には、「mmSchmerber」が用いられています。その数値が10,000mm以上であれば、ずっとドライな状態をキープ。

1日中ずっとスノーパウダーの上にいるフリーライダーには、20,000mm以上をおすすめします。

 

スノースポーツをもっと楽しく!アイテムの選び方・使い方などをご紹介しています。

雪山で目を守る対策「ゴーグル」

 

Decathlon Japan 公式オンラインストア

1f5c574c6b534e4ab1e6012296e5c261eddfc24b6cef4f8bad0c01292589d4f3_1

wedze スキーウェアwedze スキーウェア

wedze スキーウェアwedze スキーウェア

wedze スキーウェアwedze スキーウェア

1 reply

Trackbacks & Pingbacks

  1. […] ▼ウィンタースポーツウェアの選び方C%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%81%AE%E9%81%B8%E3%81%B3%E6%96%B9/ […]

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *