インフレータブル(ポンプ式)マットレスの収納方法

Quechua122

インフレータブル(ポンプ式)マットレスをいかに収納するか?

それはずばり、収納・保管スペース次第です。

限られたスペースしかないという場合には、くるくる巻いて専用バッグに入れて収納しましょう。

マットレスのフォームをぺたんこにするのには時間がかかるため、初めの数分間は忍耐力が試されるかもしれません。

とはいうものの、インフレータブル(ポンプ式)マットレスにとってのベストな保管方法はやはり、フラットな状態のまま室温で寝かせて置くこと。

例えばマイルームならば、ベッドの下。

マットレスの形状記憶フォームに過度な負荷をかけなくて済むでしょう。

 

インフレータブル(ポンプ式)エアーマットレスの選び方・使い方・お手入れなどのアドバイスをお届けしています。

ポンプ式エアーマットレスの上手な使い方

 

Decathlon Japan 公式オンラインストア

Arpenaz AIR COMFORT 70 エアー キャンプ マットレスARPENAZ AIR BASIC 120 キャンプ エアーマットレス 2 人用

 

3 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です