f940f0df9d2349099d89cf3a85ba2fb8

アクティブウォーキングのすすめ

アクティブウォーキングのすすめ

アクティブウォーキングのすすめ

ウォーキングはもっとも手軽で、日常に溶け込んだ自然なもの。ウォーキングを楽しみながら、もっと健康体になりませんか。

ウォーキングのプラスの影響を享受する方法がここにあります。

スポーツウォーキングとは?

ウォーキングのプラスの影響を享受できる簡単な方法が、アクティブウォーキング。スリムダウンやリラックスを促す点で、すばらしい役割を果たします。

そんなことはない、ハードな運動だけが体型を取り戻す手段だ、と思われる方もいらっしゃることでしょう。実はそうでもないのです。

歩くのを時速5kmのペースに速めるだけで(通常の歩幅よりも少し速い程度)、アクティブウォーキングが日常の一部に。

その具体的な方法はこちらです。

ペースを速めて足を回転

en_mouvement_pied_marche_active_newfeel_fr

アクティブウォーキングでカロリーを燃焼し、リラックスするためには、正しい方法でのウォーキングを行う必要があります。日常にスポーツとして運動を取り入れるチャンスが、毎日の生活に転がっています。

ウォーキングの際に足の中央部分を地面につけるという悪習慣がよく見受けられます。足を構成するのは、26本の骨・16箇所の関節・107本の靭帯。これらは、かかとからつま先へと足全体を回転させ、スムーズで流れるような動きで歩くのに理想の構造になっています。

ウォーキングをより充実させるために、次の3つの動きを取り入れて、適切なストライドへ。

  1. まずはかかとを地面につける。
  2. それから足全体を前に回転させる。
  3. そして最後につま先で蹴る。

これで柔軟性が身につき、時間がなくてもより質の高いウォーキングが実現できます。

腕を使って磨きをかける

うまく歩くには腕を使うこと。元気良く歩きながら、腕を振りましょう。

肩を後ろにリラックスした状態で、自然に腕を振ります。この動きはバランスを保つのを助けるだけでなく、上半身の筋肉と身体のサイドにある斜筋に働きかけます。

まっすぐ立つことも忘れずに。アクティブウォーキングは全身を活用し、つま先から頭のてっぺんまで、持久力を養います。

ポイント

適切な足の動きで歩く時間を設け、フィットネスのゴールについては考えないようにしましょう。

ただモチベーションを保てるようウォーキングを楽しみましょう。

もしも行き詰ったら、ケガをせずにずっと取り組めるこの持久性スポーツのプラスの影響について、振り返りましょう。
この記事の原文(英語)

正しく歩けば、プラスの影響に期待ができる?もっとも身近なスポーツ、ウォーキング。

パワーウォーキングとランニングの違いは?

正しい歩き方を身につけよう。

“歩数計”でウォーキングを盛り上げよう

座りっぱなしの危険性

1日30分のウォーキング

 

Decathlon Japan 公式オンラインストア

Newfeel ウォーキングシューズNewfeel ウォーキングシューズ

Newfeel ウォーキングシューズ Newfeel ウォーキングシューズ

 

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *