0b9ea4a514a347cdb4774a30c50fc8f9_18

お子さまが楽しめるレクリエーションハイク – Happy hiking! (第1回)

quechua119

今回から「Happy hiking!」と題して、夏のハイキングを楽しむためのTipsを全12回の予定でお届けしてまいります。

初回となる今回は「お子さまが楽しめるレクリエーションハイク」と題して、ゴールデンウィークを楽しみにしていたお子様と楽しい思い出を作っていただくためのTipsをお届けします。

お子さまが楽しめるレクリエーションハイク

冬のハイキングが魅せる、銀白の雪景色。その絶景シーズンを終えた今、またハイキングへ出かけよう!との誘いにも、我が子は難色を示すばかりかもしれません。

今回は、キッズウェアのプロダクトマネージャーでもあり、ひとりの父親でもあるBramが、おとなもこどもも一緒に楽しめるハイキングを実現する方法をお伝えします。

さぁ、“楽しい”ハイキングの始まりはじまり!

郊外での楽しい体験型学習・アドベンチャーと共通の要素を持つ、レクリエーションハイキング。家族と共に、新鮮な空気に触れ合える理想的な方法と言えるでしょう。

「滝や湖、動物たちに出会えるピクニックスポットを目指して、歩いてみない?」そう説得すれば、なかなか首を縦に振らなかった子どもでさえも、重い腰を上げることでしょう。

目的地まで歩きながら、自然を取り巻く環境について話し合ったり、好奇心を掻き立てるエピソードを話して聞かせましょう。その先にどんな楽しみが待っているのか、わくわく感がお子さまの足取りを軽くさせるでしょう。

お子さまの年齢に合わせて、ハイキングの内容を選びましょう。

3~5歳のお子さま:軽めのハイキングで、足慣らし。

幼児には、ハイキングとはどのようなものか、その意味・目的を感じてもらうことが大切です。“ミッション”だと確信したなら、自ら喜んで歩くでしょう。

ここで頼りになるのが、ツアー会社。四季を通して楽しめるオリエンテーリングのコースマップが多数、用意されています。

この地図を使えば、お子さまはそこに示された地点へと移動していくことができるでしょう。それらポイントをクリアしながらのハイキングは、刺激がいっぱいです。

各地点には、ご褒美を。ちょっとしたチョコレートや、ポイントを稼ぎながらの宝探し。「次のポイントにはどんなご褒美が、僕、私を待っているのだろう?」お子さまは心を躍らせながら、先へ先へと進んでいくことでしょう。

ハイキングルートにオリエンテーリング用コースが設定されていないこともあるかもしれません。その場合は、トレイルに沿って立てられた目印を活用しましょう。

目の前に広がる広大な景色。「この山中での航海を、どのように舵取りしていこう?」お子さまが試行錯誤のチャンスに出会う瞬間です。場合によっては、ファミリーを代表して、ハイキングガイド役まで買って出てくれるかもしれません!

このくらいの年齢のお子さまは、おとなの真似事が大好きです。小さなバックパックにおやつや小さめの魔法瓶を詰め込んで、おとなとお揃いのスタイルで出かけましょう。

距離は3~6㎞、やや高低差のあるハイクが適当でしょう。チャレンジを含みながらも、やる気を削いでしまわない程度のコースが、初めてのスタートにぴったりです。

6~8歳のお子さま:学びながら、もう一歩上へ。

「植物の図や絵を添えたハイキング日記をつけよう。」お子さまにそう提案してみてはいかがでしょうか。

植物そのものや、それらを取り巻く環境について、楽しみながら学ぶことができるでしょう。具体的には、ハイキング中に採集した花・葉・種などを、お子さまが小さなノートに書き留めていきます。

おとなの役割は、山の植物図鑑をバックパックに準備しておくこと。道中で見つけた植物を採集するかどうかの指針となるものです。

また、ピクニックを中断したり帰路につく際に、採集したサンプルの名称・日付・花について観察したこと・その周囲の環境・拾った場所などについての情報をお子さまがハイキングダイアリーに記しておく際にも役立ちます。

次のハイキングはもちろん、ハイキングの度にこのノートを持参しては、加筆。本物のトレイルジャーナルの完成も夢ではありません。

小さなお子さまには、少しの高低差でチャレンジを楽しめる、7~12㎞の距離のルートを選びましょう。

9~12歳のお子さま:写真撮影にチャレンジしながら、“ヒントとコツ”を掴もう。

少年・少女へと成長したお子さまのモチベーションを引き上げるのが、ハイキングでのカメラマン体験。ハイクをしながらカメラに収めるべき対象リストを、お子さまに渡しましょう。選ぶルートの数だけ、撮影リストのバリエーションも豊富。お子さまの創造性を育むと同時に、感動の思い出を記録することができるでしょう。

この他、マウンテンガイドが提供する、自然トレイルでの”ヒントとコツ”を学べるのも、ちょうどこのステージです。植物についての知識・マッチを使わず火を熾す術・寒くなった場合の対処法など、実体験を交えながら生きるうえでの”ヒントとコツ”を学べます。

お子さまの気分は、まるでロビンソン・クルーソー。次回のハイキングでは、始終目を輝かせながら、ハイキングで知り得たいろんな知識をたっぷりとお披露目してくれるでしょう。

次のハイキングでは、お子さまを地図担当に任命を。コースの舵を任せましょう。もちろん、そばでやさしく見守ってあげるようにしてください。

お友達との時間を大切にするようになるのも、このあたりの時期から。それなら、お子さまの仲間も誘ってみてはいかがでしょうか。きっと、ハイキングの楽しみが何倍にも膨らむでしょう。

距離に関しては、10歳前後のお子さまともなれば、体力的におとなと同程度のチャレンジが可能です。そうはいっても、無理のないコースを吟味し、トラブルを回避しましょう。水分・栄養に関しても、油断は禁物です。

お子さまの表情に陰りが見え隠れしてきたら、シリアルバーやドライフルーツでエネルギーレベルをアップ。その時点までの達成距離・到達時間を伝えて励ましたり、短い休憩を定期的に取り入れて、お子さまのやる気を保ちましょう。

その他、切り傷・擦り傷に備えた救急セットも用意しておきましょう。

短距離の平坦な場所でのウォーキングなら、ポールは1本で済ませましょう。持つ手は定期的に左右で交代させましょう。

長距離に及ぶハイクなら、特にバランス・安定感・筋肉への衝撃を考慮して、ポールを2本準備されることをおすすめします。

(ポール選びに迷いが生じたら、過去の配信記事“ハイキングポールの選び方”を参考にしてください。)

Happy hiking!

—–
この記事の原文(英語)
第2回 テント内に発生する結露
ハイキングに関する過去記事
Quechua(ケシュア)のハイキング用品のご購入はこちら

—–
◎デカトロンの連載記事
・月曜 >> ランニングを始めよう!
・火曜 >> フィットネスのプチマガ(夏号)
・金曜 >> WAKE YOUR WALK!

—–
◎デカトロンの最新情報を発信中!
Facebook公式アカウント
デカトロンニュースレター

1 reply

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *