「レンズカテゴリー」特徴と選び方

サングラスにおけるレンズカテゴリーとは?

サングラスのレンズカテゴリーは、レンズを透過する光の割合を段階的に分類したものです。この太陽光がレンズを透過するパーセンテージ「可視光線透過率」は、どのレンズにも設定されています。※レンズの紫外線遮断性能を表す「紫外線透過率」、UVプロテクトレベルとは異なる基準・値です。
Decathlon(デカトロン)のサングラスはもちろん、どのレンズカテゴリーでも100%UVカット仕様。安心してご使用いただけます。

カテゴリーレベルは、5段階の数字(0~4)で表されます。数字が高いほど、レンズを通過する光が弱く、太陽が放つ光の眩しさを抑えることができるでしょう。レンズカテゴリーを選ぶ際は、サングラスの着用シーンを考慮することはもちろんですが、天候も大切な要素です。

 

サングラスレンズカテゴリー0

 

レンズの色

クリア(薄い色付または色なし)

使用シーン

インドアスポーツ/夜間/悪天候(雨天/曇天)

特徴

ほこり・風からのプロテクト/反射防止コーティング加工/あらゆるシーンで視界を妨げない透明レンズ”

可視光線透過率

80~100%

サングラスレンズカテゴリー1

 

レンズの色

クリアイエローが一般的

使用シーン

悪天候/霧/薄暗い森林でのスポーツ

特徴

コントラスト調節/眩しさ軽減”

可視光線透過率

43~80%

サングラスレンズカテゴリー2

 

使用シーン

晴れたり曇ったりと、天気が変わりやすい環境/明るすぎることも暗すぎることもない光の下

可視光線透過率

14~43%

サングラスレンズカテゴリー3

 

最も一般的なレンズです。

レンズの色

グレーまたはブラウン

使用シーン

晴天/明るい太陽光の下でのスポーツ

特徴

低~中標高域の陽射しが強い環境で、視界を自然な色合いへと調節するカラーレンズ”

可視光線透過率

8~17%

サングラスレンズカテゴリー4

 

レンズの色:濃いブラウンが一般的

使用シーン

太陽光が非常に強く、強烈な陽射しや反射を受ける環境

特徴

高標高域・熱帯など極度に強い太陽光の下で、コントラスト感を補強するダークブラウンのカラーレンズ

可視光線透過率

3~8%

注意

視界および色の正確性を損なうため、運転中にカテゴリー4のレンズ入サングラスを着用することは禁止されています。

 

※この記事は、フランス語および英語の原文を日本語に翻訳したものです。記載の交通規則や法律など、日本とは異なる場合があります。

 

スポーツにも、普段使いにも。

スポーツアイウェアブランド「ORAO(オラオ)」

アーバンサングラスの選び方

釣りにおけるサンプロテクション

 

Decathlon Japan 公式オンラインストア

★ハイキング/マウンテンスポーツ用サングラス

★ランニング用サングラス

★スキー用サングラス

※画像をクリックすると、製品ページへ移動します。

 

 

 

 

 

2 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *