「ファットバーニング」5大食品

日常的にワークアウト(運動)に励みながらも、やっぱり食べ物のことを考えている時間が最高に幸せ!もしかして、あなたもそのタイプでしょうか?それなら、脂肪燃焼効果の高い食品で、ボディに磨きをかけてみるのはいかがでしょうか。糖質が脂肪に変わるのを抑制し、脂肪燃焼を助ける食品といえば?みなさまもいくつかご存知でしょう。その中でも、Domyos(ドミオス)厳選の「ファットバーニング5大食品」。ご紹介します!

スポーツの味方「アボカド」

アボカドは脂質が多い(100gあたり160kcal)と言われることもありますが、実際にはアスリートにとっては願ったり叶ったりの食品であると言えるでしょう。エネルギーのほとんどを占めるのが、主に一価不飽和脂肪酸(主にオレイン酸)の脂肪分。この一価不飽和脂肪酸は、心血管機能を守る役割を担います。また、エクササイズで燃えやすく、脂肪燃焼を助けます。さらに、アボカドには脳組織の動きを活性化させ、神経インパルスを筋肉へと伝えるレシチンが含まれています。スポーツの味方といわれる所以。いかにも、これで頷けますね!このレシチンは、コレステロール値上昇を抑える点でも一役買ってくれるでしょう。食物繊維が少ないため、運動前の食事にぴったり。そればかりでなく、酸化を防止するミネラル成分(カリウム・カルシウム・マグネシウム)を含むため、トレーニング後に食べるのにも理想的です。

新鮮な「サーモン」

サーモンは脂質が多いとお思いでしょう?そんなことはありません。実は、スリムに導く優れた食品なのです。生サーモン100gあたりのカロリーは、約205kcal。オメガ3(心臓を守る良質な脂肪)を豊富に含む魚の1種です。これらの栄養素は不飽和脂肪酸(もともと液体である脂肪)に含まれ、体内で燃えやすい性質を持っています。また、からだに良くない脂肪分が蓄積されるのを防ぎ、糖質に変わる過程でもより好ましい影響をもたらします。
ただし、ご注意ください。サーモンは空気に触れた状態で、長時間放置しないようにしてください。からだに有益な成分が失われてしまいます。
フレッシュレモンで風味付け。消化を促すハーブを添えて。蒸し料理?それともホイル焼き?レシピもいろいろと楽しめます。さぁ、今日はどんな献立で食卓を彩りますか?

疲労回復&デトックスに「レモン」

毒素を排出し、消化を促すパワーを持つレモン。クエン酸が体内での脂質とたんぱく質の分解を助けます。また、レモンには疲労を回復させ、からだに元気をするビタミンCがたっぷり。新陳代謝を上げる、実にすばらしい食品なのです。そうなると、レモンを摂取することで運動中だけでなく休息中にも、カロリーをより燃焼させることが可能になるというわけです。できれば朝、適温の水にレモンを絞って入れて飲むと、デトックス(解毒/浄化)に繋がるでしょう。グラス1杯に適量のレモン。これが胆汁分泌に作用し、肝臓はこれから始まる1日のうちに摂取する食べ物をより消化できるよう準備を整えます。お肉・卵・豆にもレモンを2~3滴。消化促進メニューの出来上がり!さぁ、召し上がれ。

良い「りんご」

りんごをかじって、体重減少!?食物繊維・ビタミンCが豊富で、低カロリーなりんご。食欲を抑える優良な食品で、ペクチンを多く含みます。りんご150gあたりの炭水化物含有量は、平均18~20g(およそ74~80kcal)。これらはゆっくりと徐々に体内に吸収されていきます。その結果、空腹感を自覚するまでにより長い時間がかかるでしょう。なんだかお腹いっぱい!だから、そんな気持ちになるのです。それから、りんごは皮ごと食べましょう。皮に含まれるウルソル酸は、カロリー燃焼や筋肉増強に貢献するとの研究結果も発表されています。敢えて品種を挙げるなら、グラニースミス(青りんごの1種)。糖質の少ないりんごです。

適量の「コーヒー」

別名「カフェ」。その名が示すとおり、コーヒーには脂肪燃焼を活発にするカフェインが含まれています。ブラック(砂糖・ミルクなし)で飲めば、0カロリー(ゼロカロリー/ノーカロリー/ノンカロリー/カロリーオフと表されることもあります)。今日はエスプレッソ。今の気分はアメリカン。そんな風にいつでも味わうことができるでしょう。ただし、摂りすぎは禁物です。コーヒーの摂取によりスポーツのパフォーマンスが向上し、脂肪燃焼を助けるという論文もありますが、もくれぐれも飲み過ぎにはご注意ください。1日に2杯まで!適度に楽しみましょう。

 

※この記事はフランス語および英語で記載されたものを日本語に翻訳したものです。

 

食事/栄養に関する記事はこちらです。

ビタミンC/アスコルビン酸(AA)

コーヒーとスポーツの相性は?

カロリーにまつわるお話

 

Decathlon Japan 公式オンラインストア

※画像をクリックすると、製品ページへ移動します。

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *